share

コラム

2023/08/01
学生と日々接する中で感じていることや思いなど、
毎年3人の東海大学の教員がそれぞれの視点からつづるリレーエッセイ。

「未来塾」で見る日本社会の「未来」

国際学部国際学科 内川明佳 准教授

 

地理的に神奈川県のほぼ中央に位置する綾瀬市は、県内市町村のうち外国人住民の比率が3番目に高い。2023年1月現在、県全体でのこの比率は2.6%のところ、綾瀬市は5.3%となっている。ベトナム人が最多で、スリランカ人、ブラジル人、ラオス人、中国人と続き、特定の国や地域の出身者への偏りがないのも綾瀬市の特徴となっている。
 
そんな綾瀬市には、市民ボランティアが運営し、外国人が日本語を学ぶことのできる教室が7つある。6月下旬、その一つである「日本語クラス・あやせ未来塾」におじゃました。市内の吉岡工業団地にある株式会社栄和産業の2階の食堂を借りて、毎月3回ほど金曜日の夕方に開講されている。そのほかにも、勤務先の都合などにより通常の授業に参加できない生徒のために、自宅等に出向いての出前授業も用意しているという。
 
生徒たちは、クラスを予約する必要はない。その日の都合で自由に参加できる。6月下旬のその日も、近隣の会社・工場での仕事を終えたベトナム人、スリランカ人、カンボジア人、中国人の生徒が、仲間や同僚と一緒に教室に参加していた。
 
それぞれの日本語のレベルに合わせて、生徒一人にボランティアの先生一人がつくマンツーマンの指導が中心となっていて、どのペアからも、真剣で丁寧、そして穏やかな会話が聞こえてくる。金曜日の夕方なのに、生徒も先生もみんな、とても楽しそうだった。1時間半から2時間ほどのクラスを終えると、生徒たちは、「先生、ありがとうございます、次は、2週間後ですね」と、笑顔で帰って行った。
 
2015年の設立当時からこの教室を率いてきた渡邉さんに話をうかがうと、新型コロナ禍から生活が戻りつつあることもあり、また生徒が増えているという。今後、外国人住民が増えていくのは確実で、2070年に日本国内の外国人人口は10%を超えるという試算もある。「あやせ未来塾」がつないでいる「未来」に、日本の社会のあり方もますます問われていくであろうと感じた。
 
未来塾では、12月上旬に餅つき大会が予定されているそうで、東海大学の学生にもぜひ参加してもらいたいと誘っていただいている。関心のある方は、ぜひ国際学部・内川まで連絡を。(筆者は毎号交代します)

内川明佳(うちかわさやか)

1981年カナダ生まれ、神奈川県育ち。コロンビア大学ティーチャーズカレッジ修了、応用人類学博士。

Point of View記事一覧

2024/02/01

“違和感”が教えてくれたこと

2024/01/01

理科で学ぶ「条件制御」を日常に

2023/12/01

趣味のすゝめ

2023/11/01

海を渡ってブリコラージュ

2023/10/01

「推し本」を語り合うこと

2023/09/01

君たちはどう逃げるか

2023/07/01

「分かりやすさ」にご注意

2023/06/01

衣付けの楽しみ

2023/05/01

ぷらっと優しいつながりを

2023/04/01

AIが変える検索と教育の未来

2023/03/01

カウンセリングとアドボカシー

2023/02/01

骨にまで残る病気

2023/01/01

まず隗より始めよ②

2022/12/01

カウンセラーもがまださんと!

2022/11/01

骨に記録された食事

2022/10/01

まず隗より始めよ①

2022/09/01

面接室の外の心理療法

2022/08/01

歯の抜き方も好き好き?

2022/07/01

活用なき学問は無学に等し

2022/06/01

模索の日々

2022/05/01

サメに食べられたヒト

2022/04/01

挑戦できない社会人を大量生産しないために

2022/03/01

コロナ禍で進むICT利活用、今後は?

2022/02/01

真夜中の争奪戦

2022/01/01

黒い雪

2021/12/01

思考の整理に便利なツール

2021/11/01

3年半を振り返って

2021/10/01

月明かりが生む闇のかたち

2021/09/01

アフターコロナの学びを考える

2021/08/01

分類学と博物館を巡る旅

2021/07/01

喘息と獣

2021/06/01

学ぼうと思ったきっかけ

2021/05/01

深海魚と私

2021/04/01

作品をみることは、自分自身をみること

2021/03/01

お題〈番外編〉 卒業を振り返る

2021/02/01

趣味を通して世界を広げる

2021/01/01

〈自分の意見〉を伝えること

2020/12/01

お題③ざんねんないきもの

2020/11/01

動物愛護とアニマルウェルフェア

2020/10/01

〈別れ〉と向き合う

2020/09/01

お題② 平均

2020/08/01

家族や友人との食事こそ

2020/07/01

〈二人の時間〉の過ごし方

2020/06/01

お題①辛口コメント

2020/05/01

笑う動物

2020/04/01

「出会い」がもたらすもの

2020/03/01

インテグリティ

2020/02/01

Universityの楽しみ方

2020/01/01

「迷惑」はかけるのもよし、かけられるのもよし

2019/12/01

年末に考える新聞の10年