share

コラム

2021/04/01
学生と日々接する中で感じていることや思いなど、
毎年3人の東海大学の教員がそれぞれの視点からつづるリレーエッセイ。

作品をみることは、自分自身をみること

教養学部芸術学科 田口かおり 講師


私は、絵画の保存修復を専門にしている。「修復家」というと、「作品をなおす人」というイメージを抱く方が多いだろう。もちろん、作品に実際に触れて処置をすることは多々あるけれど、「修復家」の仕事はそれだけではない。最も大切な仕事は「作品をよく観察する」という作業である。この作品はいつ、誰によって制作され、どんな素材でできているのか。また、今どういう状態にあって、過去にどんな修復が行われたのか。時に光学調査を用いて内部に潜り込み、情報を集めていく。

作品に携わる作業のなかでとりわけ好きなのは、「展覧会のコンサヴェーション(conservation)」である。この現場では、とにかく多くの作品を次々に、そして仔細に「観察」できるからだ。その担当者を「コンサヴェーター(conservator)」と呼ぶが、この言葉はあまりなじみがないかもしれない。海外では、修復に携わる者は「修復家(レスタウラー)」ではなく、「コンサヴェーター」と呼ばれる機会のほうが多い。何かを「なおす=レストレーションする」よりも、「延命や保存をはかる=コンサーヴする」ことに重点を置こうとする、近年の保存修復分野の考えがここに表れている。

コンサヴェーターの役割は、作品の状態を点検し、問題があれば対応策を練ることである。必要に応じて最低限の修復をする。作品を壁に展示するための金具がついていなければ、方法を考えなくてはならない。コロナ禍で海外から作品輸送に同行する専門家が不在の今、作品をお預かりする立場としては、とにかく作品の安全な取り扱いに気を配る必要がある。

先日、三菱一号館美術館で開催されている「コンスタブル展」の作品点検で、コンスタブルが使ったパレットを点検した。画家の制作の痕跡を残し、当時の息吹を伝えてくれるパレットには、いくつかの大きな亀裂が入っていた。その傷に慎重に指先を添えて、そっと持ち上げた。ハッとするほど軽く、人差し指に心地よさを感じるなめらかさがあった。

作品をよく観察することは、自分自身を観察することでもある。視界に広がる情報と身体に伝わる感触とを合わせて、私は作品を見、同時に自身に日々、出会い直しているのかもしれない。

(筆者は毎号交代します)

 

たぐち・かおり 1981年生まれ。国際基督教大学教養学部卒業。フィレンツェ国際芸術大学絵画修復科修了。約10年間フィレンツェの工房に勤務後、京都大学大学院人間・環境学研究科博士後期課程修了。

Point of View記事一覧

2022/11/01

骨に記録された食事

2022/10/01

まず隗より始めよ①

2022/09/01

面接室の外の心理療法

2022/08/01

歯の抜き方も好き好き?

2022/07/01

活用なき学問は無学に等し

2022/06/01

模索の日々

2022/05/01

サメに食べられたヒト

2022/04/01

挑戦できない社会人を大量生産しないために

2022/03/01

コロナ禍で進むICT利活用、今後は?

2022/02/01

真夜中の争奪戦

2022/01/01

黒い雪

2021/12/01

思考の整理に便利なツール

2021/11/01

3年半を振り返って

2021/10/01

月明かりが生む闇のかたち

2021/09/01

アフターコロナの学びを考える

2021/08/01

分類学と博物館を巡る旅

2021/07/01

喘息と獣

2021/06/01

学ぼうと思ったきっかけ

2021/05/01

深海魚と私

2021/03/01

お題〈番外編〉 卒業を振り返る

2021/02/01

趣味を通して世界を広げる

2021/01/01

〈自分の意見〉を伝えること

2020/12/01

お題③ざんねんないきもの

2020/11/01

動物愛護とアニマルウェルフェア

2020/10/01

〈別れ〉と向き合う

2020/09/01

お題② 平均

2020/08/01

家族や友人との食事こそ

2020/07/01

〈二人の時間〉の過ごし方

2020/06/01

お題①辛口コメント

2020/05/01

笑う動物

2020/04/01

「出会い」がもたらすもの

2020/03/01

インテグリティ

2020/02/01

Universityの楽しみ方

2020/01/01

「迷惑」はかけるのもよし、かけられるのもよし

2019/12/01

年末に考える新聞の10年

2019/11/01

確証バイアスとリフレーミング

2019/10/01

「は? SDGs?」

2019/09/01

ステマもどき

2019/08/01

無償化は、よい政策か?

2019/07/01

コミュ力って?

2019/06/01

犯罪の「あちら」側

2019/05/01

少子化は本当に止められる?

2019/04/01

アオテアロアで考えた多様

2019/03/01

無意識に持つ固定観念

2019/02/01

法医学という人生「法医学を魅力ある選択肢に」

2019/01/01

痕跡学のご紹介④「何があなたの行動を決めているのか」

2018/12/01

復興五輪が担うもの

2018/11/01

法医学という進路「法医学者は絶滅危惧種?」

2018/10/01

痕跡学のご紹介③「痕跡をデザインする」

2018/09/01

正確と誤差のあいだに