share

コラム

2022/05/01
学生と日々接する中で感じていることや思いなど、
毎年3人の東海大学の教員がそれぞれの視点からつづるリレーエッセイ。

サメに食べられたヒト

人文学部人文学科 日下宗一郎 講師

 

私の専門は自然人類学である。人類学の中でも「自然」とつくこの分野は、生物学的な観点から人間性とは何かを研究している。そんなヒトの専門家がなぜサメの話をするのか、解題していくこととしよう。

 

私が「人骨の研究をしています」と自己紹介をすると、顔をしかめる人もいる。人骨というのは普通の人にとって、いぶかしいものかもしれない。生きているときには、自身の歯しか自分の骨格の一部を触ることができず、いちばん身近で、いちばん近寄りがたいもの、それがヒトの骨である。

 

そのようなヒトの骨から、過去の生活や生業の実態を解き明かそうと試みるのが、「骨考古学」と呼ばれる一分野である。ヒトが生きた証しである骨には、生前のさまざまな情報が記録されている。

 

たとえば最も基本的な情報として、性別がある。頭蓋骨や骨盤には、男性と女性で骨の形がやや違う部位がある。それらの違いを見極めることで、古人骨と呼ばれる古い骨の場合でも、性別を推定することができるのだ。骨考古学の研究の一つとして、面白い事例を紹介したい。縄文時代の古人骨の中に、無数の傷が残された標本があった。それらの傷は、解体や争いによってつけられたものではなかった。多数の鋭い傷は何によって残されたのか、多くの研究者が観察してきたが、その理由は定かではなかった。

 

最近になって、サメによるものという仮説が立てられた。標本を並べてみると、左の手のひらと右脚の腿より下が失われていた。骨はCTスキャンにかけられ、三次元データが構築された。数えられた傷の総数は、790カ所にのぼった。頭部は手で守られたのであろうか。傷は少なく、手足や胴体に傷が多かった。このような状況から、サメによる襲撃の被害者ではないかと考えられるようになった。

 

縄文時代にサメに食べられた人がいた。しかも、貝塚遺跡の中に埋葬されていたことは、仲間が埋葬したことを意味している。サメに襲われたときに、仲間によって助けられたのだろうか、それとも海岸に流れ着いたのか、想像は膨らむばかりである。

 

(筆者は毎号交代します)

 

日下宗一郎(くさかそういちろう)

1982年岡山県生まれ。京都大学理学部卒業。京都大学理学研究科博士後期課程修了。博士(理学)。専門は自然人類学。

Point of View記事一覧

2022/06/01

模索の日々

2022/04/01

挑戦できない社会人を大量生産しないために

2022/03/01

コロナ禍で進むICT利活用、今後は?

2022/02/01

真夜中の争奪戦

2022/01/01

黒い雪

2021/12/01

思考の整理に便利なツール

2021/11/01

3年半を振り返って

2021/10/01

月明かりが生む闇のかたち

2021/09/01

アフターコロナの学びを考える

2021/08/01

分類学と博物館を巡る旅

2021/07/01

喘息と獣

2021/06/01

学ぼうと思ったきっかけ

2021/05/01

深海魚と私

2021/04/01

作品をみることは、自分自身をみること

2021/03/01

お題〈番外編〉 卒業を振り返る

2021/02/01

趣味を通して世界を広げる

2021/01/01

〈自分の意見〉を伝えること

2020/12/01

お題③ざんねんないきもの

2020/11/01

動物愛護とアニマルウェルフェア

2020/10/01

〈別れ〉と向き合う

2020/09/01

お題② 平均

2020/08/01

家族や友人との食事こそ

2020/07/01

〈二人の時間〉の過ごし方

2020/06/01

お題①辛口コメント

2020/05/01

笑う動物

2020/04/01

「出会い」がもたらすもの

2020/03/01

インテグリティ

2020/02/01

Universityの楽しみ方

2020/01/01

「迷惑」はかけるのもよし、かけられるのもよし

2019/12/01

年末に考える新聞の10年

2019/11/01

確証バイアスとリフレーミング

2019/10/01

「は? SDGs?」

2019/09/01

ステマもどき

2019/08/01

無償化は、よい政策か?

2019/07/01

コミュ力って?

2019/06/01

犯罪の「あちら」側

2019/05/01

少子化は本当に止められる?

2019/04/01

アオテアロアで考えた多様

2019/03/01

無意識に持つ固定観念

2019/02/01

法医学という人生「法医学を魅力ある選択肢に」

2019/01/01

痕跡学のご紹介④「何があなたの行動を決めているのか」

2018/12/01

復興五輪が担うもの

2018/11/01

法医学という進路「法医学者は絶滅危惧種?」

2018/10/01

痕跡学のご紹介③「痕跡をデザインする」

2018/09/01

正確と誤差のあいだに

2018/08/01

法医学という学問「死のデータを生に活かす」

2018/07/01

痕跡学のご紹介②「痕跡に誘われる行動」

2018/06/01

ベトナムの「日本橋」

2018/05/01

法医学という仕事「監察医の重要な役割」

2018/04/01

痕跡学のご紹介①「同じ行動をとる人々」