share

コラム

2022/07/01
学生と日々接する中で感じていることや思いなど、
毎年3人の東海大学の教員がそれぞれの視点からつづるリレーエッセイ。

活用なき学問は無学に等し

経営学部経営学科 アルマズヤッド オスマン 講師

 

4月号の本稿では、大学における効果的なアクティブラーニングを実現するために失敗が評価される「教育システム」の開発と、全体を見極める「システム思考」の重要性について論考した。本稿ではさらに具体的に考えたい。

 

大学教育といっても専門分野や授業内容がさまざまで、文系と理系でも異なる。理系は実験室で、理論に期待される「再現性」に必要な問いである「どのように」(how)、「いつ」(when)、「なぜ」(why)を確かめながら実践的に学ぶことが可能である。一方、文系は抽象度が高く、学生が授業で得た知識を実践的に学ぶことは容易ではない。

 

経営学の授業では、抽象度の高い事象を「事例」を用いて説明する。この手法では抽象的な概念を具体化し、学生には「再現性」の重要性を中心に学んでもらう。こうした手法は学生が成長していく中で教養を高めるために一定レベルの知識が必要であるという意見に異を唱えない。しかし、福澤諭吉は、『学問のすゝめ』で「学問の要は活用にあるのみ。活用なき学問は無学に等し」と述べているように、学問そのものは手段である。学問を活用することに意義があり、学問そのものを目的化するのは回避すべきだろう。

 

学生たちには知識を集積するのではなく、知識を実践的に活用し、スキルとして身につけてもらうように指導する必要があろう。経営学は特にそうである。経営学は人間学とも呼ばれ、専門知識がベースとなるスキルはもちろんだが、人間とかかわる上で必要とされるスキルをバランスよく身につけることが求められている。前者は組織行動論、戦略論、マーケティング論、会計・ファイナンス、IT、デザイン思考などが挙げられる。後者は人間関係を構築するのに必要な社会情動的スキルである目標の達成、情動の抑制、他者との協働などであ

る。これからの大学における経営学教育は知識集積型から知識活用型へ、すなわち身をもって学ぶ「体験型教育」、「理論と実践」を結びつける場としてスキル重視教育モデルの革新が求められている。(筆者は毎号交代します)

アルマズヤッド オスマン

1986年サウジアラビア王国リヤド生まれ。東海大学政治経済学部経営学科卒業。慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科修士課程修了。専門は経営学。

Point of View記事一覧

2022/09/01

面接室の外の心理療法

2022/08/01

歯の抜き方も好き好き?

2022/06/01

模索の日々

2022/05/01

サメに食べられたヒト

2022/04/01

挑戦できない社会人を大量生産しないために

2022/03/01

コロナ禍で進むICT利活用、今後は?

2022/02/01

真夜中の争奪戦

2022/01/01

黒い雪

2021/12/01

思考の整理に便利なツール

2021/11/01

3年半を振り返って

2021/10/01

月明かりが生む闇のかたち

2021/09/01

アフターコロナの学びを考える

2021/08/01

分類学と博物館を巡る旅

2021/07/01

喘息と獣

2021/06/01

学ぼうと思ったきっかけ

2021/05/01

深海魚と私

2021/04/01

作品をみることは、自分自身をみること

2021/03/01

お題〈番外編〉 卒業を振り返る

2021/02/01

趣味を通して世界を広げる

2021/01/01

〈自分の意見〉を伝えること

2020/12/01

お題③ざんねんないきもの

2020/11/01

動物愛護とアニマルウェルフェア

2020/10/01

〈別れ〉と向き合う

2020/09/01

お題② 平均

2020/08/01

家族や友人との食事こそ

2020/07/01

〈二人の時間〉の過ごし方

2020/06/01

お題①辛口コメント

2020/05/01

笑う動物

2020/04/01

「出会い」がもたらすもの

2020/03/01

インテグリティ

2020/02/01

Universityの楽しみ方

2020/01/01

「迷惑」はかけるのもよし、かけられるのもよし

2019/12/01

年末に考える新聞の10年

2019/11/01

確証バイアスとリフレーミング

2019/10/01

「は? SDGs?」

2019/09/01

ステマもどき

2019/08/01

無償化は、よい政策か?

2019/07/01

コミュ力って?

2019/06/01

犯罪の「あちら」側

2019/05/01

少子化は本当に止められる?

2019/04/01

アオテアロアで考えた多様

2019/03/01

無意識に持つ固定観念

2019/02/01

法医学という人生「法医学を魅力ある選択肢に」

2019/01/01

痕跡学のご紹介④「何があなたの行動を決めているのか」

2018/12/01

復興五輪が担うもの

2018/11/01

法医学という進路「法医学者は絶滅危惧種?」

2018/10/01

痕跡学のご紹介③「痕跡をデザインする」

2018/09/01

正確と誤差のあいだに

2018/08/01

法医学という学問「死のデータを生に活かす」

2018/07/01

痕跡学のご紹介②「痕跡に誘われる行動」