share

コラム

2022/02/01
学生と日々接する中で感じていることや思いなど、
毎年3人の東海大学の教員がそれぞれの視点からつづるリレーエッセイ。

真夜中の争奪戦

海洋学部海洋生物学科 中山直英 助教

 

海洋学部がある清水校舎の目の前に広がる駿河湾は、日本一深い湾として知られ、最深部はおよそ2500メートルに達する。駿河湾はただ深いだけではない。海底地形がきわめて急峻で、岸から沖合に向かって水深が一気に深くなっている。そのため、通常は陸から離れたところにある200メートル以深の深海が、海岸の目と鼻の先まで迫っている。

 

このようにユニークな地理的特徴を持つ駿河湾では、冬から春先にかけて、世界的にも珍しい現象が観察される。深海生物の「打ち上げ」だ。

 

駿河湾の断面図を想像してほしい。冬季に陸から海に向かって強い風が吹くと、岸近くにある表層の海水が沖合に向かって流される。すると、流された海水を補うように、海底を沿って深海にあった海水が岸近くの表層まで移動してくる。「湧昇流」と呼ばれる深場から浅場への流れだ。この湧昇流に乗って、普段は深い海に潜んでいる深海生物が海岸付近まで遊来し、まれに海岸に打ち上げられることがある。

 

深海生物の打ち上げは、主に日が沈んでから観察される。深海生物の中には、夜間に餌を求めて表層まで移動してくるものが多いので、打ち上げ現象はこのような生態とも関連しているのかもしれない。また、明るいうちは飢えたカラスたちが目を光らせており、たとえ生物が打ち上げられたとしても、すぐさま彼らの餌食となってしまう。

 

これらの事情から、打ち上げの観察や採集は主に夜中に行われる。文字どおり真っ暗な海岸線を、ライトで足元を照らしながら黙々と歩く。冷え込んだ日の夜は、海風が肌を刺し、心が折れそうになることもある。

 

つらい思いをしてまで海岸を歩き続けるのには訳がある。打ち上げられたばかりの深海生物を見つけたときの、感動と達成感がひとしおだからだ。これまでに、魚類、エビ類、イカ類、クダクラゲ類をはじめ、実に多様な深海生物を海岸で観察・採集してきた。発見した際に、まだ息をしていることも多く、つい先刻まで海中を泳いでいたかと思うと、海洋生物の神秘に触れた気分になる。

 

深海生物との出会いを求め、真夜中に駿河湾に集まる猛者は数知れない。この中には私だけでなく、海洋学部の熱心な学生も多く含まれる。まさに真夜中の争奪戦だ。

(筆者は毎号交代します)

Point of View記事一覧

2022/09/01

面接室の外の心理療法

2022/08/01

歯の抜き方も好き好き?

2022/07/01

活用なき学問は無学に等し

2022/06/01

模索の日々

2022/05/01

サメに食べられたヒト

2022/04/01

挑戦できない社会人を大量生産しないために

2022/03/01

コロナ禍で進むICT利活用、今後は?

2022/01/01

黒い雪

2021/12/01

思考の整理に便利なツール

2021/11/01

3年半を振り返って

2021/10/01

月明かりが生む闇のかたち

2021/09/01

アフターコロナの学びを考える

2021/08/01

分類学と博物館を巡る旅

2021/07/01

喘息と獣

2021/06/01

学ぼうと思ったきっかけ

2021/05/01

深海魚と私

2021/04/01

作品をみることは、自分自身をみること

2021/03/01

お題〈番外編〉 卒業を振り返る

2021/02/01

趣味を通して世界を広げる

2021/01/01

〈自分の意見〉を伝えること

2020/12/01

お題③ざんねんないきもの

2020/11/01

動物愛護とアニマルウェルフェア

2020/10/01

〈別れ〉と向き合う

2020/09/01

お題② 平均

2020/08/01

家族や友人との食事こそ

2020/07/01

〈二人の時間〉の過ごし方

2020/06/01

お題①辛口コメント

2020/05/01

笑う動物

2020/04/01

「出会い」がもたらすもの

2020/03/01

インテグリティ

2020/02/01

Universityの楽しみ方

2020/01/01

「迷惑」はかけるのもよし、かけられるのもよし

2019/12/01

年末に考える新聞の10年

2019/11/01

確証バイアスとリフレーミング

2019/10/01

「は? SDGs?」

2019/09/01

ステマもどき

2019/08/01

無償化は、よい政策か?

2019/07/01

コミュ力って?

2019/06/01

犯罪の「あちら」側

2019/05/01

少子化は本当に止められる?

2019/04/01

アオテアロアで考えた多様

2019/03/01

無意識に持つ固定観念

2019/02/01

法医学という人生「法医学を魅力ある選択肢に」

2019/01/01

痕跡学のご紹介④「何があなたの行動を決めているのか」

2018/12/01

復興五輪が担うもの

2018/11/01

法医学という進路「法医学者は絶滅危惧種?」

2018/10/01

痕跡学のご紹介③「痕跡をデザインする」

2018/09/01

正確と誤差のあいだに

2018/08/01

法医学という学問「死のデータを生に活かす」

2018/07/01

痕跡学のご紹介②「痕跡に誘われる行動」