share

コラム

2022/08/01
学生と日々接する中で感じていることや思いなど、
毎年3人の東海大学の教員がそれぞれの視点からつづるリレーエッセイ。

歯の抜き方も好き好き?

人文学部人文学科 日下宗一郎 講師

 

2022年の4月から、成人年齢が18歳に引き下げられた。あなたは「今日から成人だ」といわれても、ピンと来ないかもしれない。そこで自然人類学の視点から成人とは何かについて考えてみたい。
 
子どもから大人になることの一つには、身体的に成長することが含まれる。ヒトの骨も、子どもから大人へと成長を遂げる。骨が長くなることで、身長が伸びる。骨の形が変わることで、大人らしい顔つきや体つきになる。親知らずは大学生のうちに生えそろうことが多い。皆さんが経験してきたとおりである。
 
思春期があることは、ヒトの特徴であるだろう。思春期に性的な成熟に達するが、骨格の発達は続くし、心理的に不安定になることもある。性成熟するとともに大人の仲間入りをするほかの霊長類と違って、ヒトはゆっくりと大人の仲間入りをする生活史をたどるのだ。
 
18歳から成人となると、支払いの上で自由が増えるメリットもある。しかし、社会的な責任が増すことには不安を感じるかもしれない。その不安な気持ちを切り替えるために、成人式がある。家族や友人に祝われることで、成人になったという自覚を促すことが、通過儀礼の役割の一つであろう。
 
昔の成人式に相当するものは何だったのか。縄文時代の古人骨には抜歯の風習が観察される。生前に歯を抜いていたために、歯の生えていた穴がふさがっている。ある時期には集団内のほとんどの個体が抜歯をしていたために、成人儀礼だと推測されている。
 
この抜歯風習が面白いのは、抜き方にパターンが見られるからである。下顎の前歯のうち、切歯を4本抜くパターンと、犬歯を2本抜くパターンがあるのだ。親族関係などを表していると考えられるが、まだ理由は定かではない。抜き方には、縄文時代の社会にまつわるヒントが隠されていると考えている。
 
現代のように麻酔はなく、抜歯する際はさぞ痛かったに違いない。縄文時代に生まれなくてよかったと、胸をなで下ろしている学生もいるだろう。(筆者は毎号交代します)

日下宗一郎(くさかそういちろう)

1982年岡山県生まれ。京都大学理学部卒業。京都大学理学研究科博士後期課程修了。博士(理学)。専門は自然人類学。

Point of View記事一覧

2022/09/01

面接室の外の心理療法

2022/07/01

活用なき学問は無学に等し

2022/06/01

模索の日々

2022/05/01

サメに食べられたヒト

2022/04/01

挑戦できない社会人を大量生産しないために

2022/03/01

コロナ禍で進むICT利活用、今後は?

2022/02/01

真夜中の争奪戦

2022/01/01

黒い雪

2021/12/01

思考の整理に便利なツール

2021/11/01

3年半を振り返って

2021/10/01

月明かりが生む闇のかたち

2021/09/01

アフターコロナの学びを考える

2021/08/01

分類学と博物館を巡る旅

2021/07/01

喘息と獣

2021/06/01

学ぼうと思ったきっかけ

2021/05/01

深海魚と私

2021/04/01

作品をみることは、自分自身をみること

2021/03/01

お題〈番外編〉 卒業を振り返る

2021/02/01

趣味を通して世界を広げる

2021/01/01

〈自分の意見〉を伝えること

2020/12/01

お題③ざんねんないきもの

2020/11/01

動物愛護とアニマルウェルフェア

2020/10/01

〈別れ〉と向き合う

2020/09/01

お題② 平均

2020/08/01

家族や友人との食事こそ

2020/07/01

〈二人の時間〉の過ごし方

2020/06/01

お題①辛口コメント

2020/05/01

笑う動物

2020/04/01

「出会い」がもたらすもの

2020/03/01

インテグリティ

2020/02/01

Universityの楽しみ方

2020/01/01

「迷惑」はかけるのもよし、かけられるのもよし

2019/12/01

年末に考える新聞の10年

2019/11/01

確証バイアスとリフレーミング

2019/10/01

「は? SDGs?」

2019/09/01

ステマもどき

2019/08/01

無償化は、よい政策か?

2019/07/01

コミュ力って?

2019/06/01

犯罪の「あちら」側

2019/05/01

少子化は本当に止められる?

2019/04/01

アオテアロアで考えた多様

2019/03/01

無意識に持つ固定観念

2019/02/01

法医学という人生「法医学を魅力ある選択肢に」

2019/01/01

痕跡学のご紹介④「何があなたの行動を決めているのか」

2018/12/01

復興五輪が担うもの

2018/11/01

法医学という進路「法医学者は絶滅危惧種?」

2018/10/01

痕跡学のご紹介③「痕跡をデザインする」

2018/09/01

正確と誤差のあいだに

2018/08/01

法医学という学問「死のデータを生に活かす」

2018/07/01

痕跡学のご紹介②「痕跡に誘われる行動」