share

コラム

2021/06/01
学生と日々接する中で感じていることや思いなど、
毎年3人の東海大学の教員がそれぞれの視点からつづるリレーエッセイ。

学ぼうと思ったきっかけ

情報通信学部通信ネットワーク工学科 宇津圭祐 准教授


「なぜ、情報通信学部で学ぼうと思いましたか?」

学生たちが入社試験の面接で、学部を選んだ理由について質問されることがある。

その分野に興味を持ったきっかけは―。研究室の学生と就職活動支援の一環で面談する機会もあり、私自身も自分が情報通信学に興味を持ったきっかけは何であったかを振り返ってみた。

小学生のころ(1990年代)は任天堂のファミリーコンピュータ(ファミコン)やスーパーファミコンが流行していた。ゲームが大好きだった私は毎日のように遊んでいた。現在の家庭用ゲーム機はインターネット接続の機能が備わっているが、当時インターネットは一般には普及していなかった。PCがある家は少なく、携帯電話でさえ持っている人は少ない時代だった。そのころに、スーパーファミコンに取りつけることで、BSアナログ放送によって配信されるゲームを受信する装置(サテラビュー)が発売され、話題になっていた。実物を買ってもらうことはなかったが、当時はなんとなく、それがすごいものなのだろうと思っていた。

一方、父の考えは異なり、「これからはインターネットの時代だ」と話していた。後にそれは現実になり、Windows95の発売、家庭へのPCの普及、そして情報ネットワーク技術は欠かせないものとなった。

私はその可能性に魅せられた。情報通信学を学ぶきっかけとなったのだと思う。現在となっては、スマートフォンが普及し、いつでもどこでもインターネットを通じて情報を発信できるようになり、生活に不可欠なインフラの一つとなっている。しかし、情報通信技術に関する課題は多くあり、また社会における課題解決のために情報通信技術を生かす取り組みが各方面で行われている。私自身もその研究者の一人だ。

興味のあることを突き詰めることは、大学での学びや研究の基本だ。そのもとになったきっかけから振り返ることは、もちろん懐かしむことでもあるし、就職活動の自己分析にも役立つが、それ以上にあらためて自身のこれまでの取り組みを見直すことにもつながるのではないだろうか。

(筆者は毎号交代します)

 

うつ・けいすけ 1985年生まれ。東海大学電子情報学部卒業。同大大学院総合理工学研究科博士課程修了。博士(工学)。専門は情報ネットワーク・情報システム。

Point of View記事一覧

2022/05/01

サメに食べられたヒト

2022/04/01

挑戦できない社会人を大量生産しないために

2022/03/01

コロナ禍で進むICT利活用、今後は?

2022/02/01

真夜中の争奪戦

2022/01/01

黒い雪

2021/12/01

思考の整理に便利なツール

2021/11/01

3年半を振り返って

2021/10/01

月明かりが生む闇のかたち

2021/09/01

アフターコロナの学びを考える

2021/08/01

分類学と博物館を巡る旅

2021/07/01

喘息と獣

2021/05/01

深海魚と私

2021/04/01

作品をみることは、自分自身をみること

2021/03/01

お題〈番外編〉 卒業を振り返る

2021/02/01

趣味を通して世界を広げる

2021/01/01

〈自分の意見〉を伝えること

2020/12/01

お題③ざんねんないきもの

2020/11/01

動物愛護とアニマルウェルフェア

2020/10/01

〈別れ〉と向き合う

2020/09/01

お題② 平均

2020/08/01

家族や友人との食事こそ

2020/07/01

〈二人の時間〉の過ごし方

2020/06/01

お題①辛口コメント

2020/05/01

笑う動物

2020/04/01

「出会い」がもたらすもの

2020/03/01

インテグリティ

2020/02/01

Universityの楽しみ方

2020/01/01

「迷惑」はかけるのもよし、かけられるのもよし

2019/12/01

年末に考える新聞の10年

2019/11/01

確証バイアスとリフレーミング

2019/10/01

「は? SDGs?」

2019/09/01

ステマもどき

2019/08/01

無償化は、よい政策か?

2019/07/01

コミュ力って?

2019/06/01

犯罪の「あちら」側

2019/05/01

少子化は本当に止められる?

2019/04/01

アオテアロアで考えた多様

2019/03/01

無意識に持つ固定観念

2019/02/01

法医学という人生「法医学を魅力ある選択肢に」

2019/01/01

痕跡学のご紹介④「何があなたの行動を決めているのか」

2018/12/01

復興五輪が担うもの

2018/11/01

法医学という進路「法医学者は絶滅危惧種?」

2018/10/01

痕跡学のご紹介③「痕跡をデザインする」

2018/09/01

正確と誤差のあいだに

2018/08/01

法医学という学問「死のデータを生に活かす」

2018/07/01

痕跡学のご紹介②「痕跡に誘われる行動」

2018/06/01

ベトナムの「日本橋」

2018/05/01

法医学という仕事「監察医の重要な役割」

2018/04/01

痕跡学のご紹介①「同じ行動をとる人々」

2018/03/01

セルフサービスの社会