share

コラム

2019/05/01
学生と日々接する中で感じていることや思いなど、
毎年3人の東海大学の教員がそれぞれの視点からつづるリレーエッセイ。

少子化は本当に止められる?

健康学部健康マネジメント学科 古城隆雄 准教授

保育園に入れない待機児童の問題は、ご存じだと思う。待機児童を解消するため、政府は保育園の増設や保育士の給料引き上げに取り組んでいる。企業も出産や育児が原因で退職しないよう、短時間勤務や在宅勤務、残業の抑制等に取り組んでいる。

さて、これらの対策で少子化は止められるだろうか?

残念ながら、止められないだろう(効果は一定程度あるだろうが)。社会や私たちの考え方が根本的に変化しなければ難しいからだ。

簡単にいえば、平均して女性一人あたり2人以上の子どもを産めば、少子化を止めることができる。しかし、2017年では、女性全体では平均1.43人だった。

この原因は、子どもがいない家庭や一人っ子の家庭の増加ではない。確かにこれらの家庭は増加傾向にはあるが、結婚世帯の子どもの数は、安定して2人以上だった(10年に初めて2人を下回った)。

では、何が主因か。それは、女性の非婚化である。実際、15年の女性の生涯未婚率は約14%、男性は約23%であった(男女間の差は、一部の男性が何度も結婚するため)。

さて、ここから考えられる直接的な少子化対策は何か? 素直だが恐ろしい解答は、「女性に結婚を促すこと」である。しかし、これだけ自由な世の中で、誰が結婚を強制できるだろうか。

他の解決策はないだろうか。国の調査では、結婚意思を持つ男女の約4割が結婚資金を障害に挙げている。実際、低所得の男性ほど未婚率が高い。これからは二人で家計を支える考え方に変わる必要がある。共働きのほうが世帯収入は多く、家計が安定する利点がある。

もう一つは、法律婚以外の多様な家族のあり方を認めることである。出生率が回復しつつある北欧や西欧では、婚外子の割合が半数(日本は約2%)をこえている。誤解があるかもしれないが、子どもに対する両親の責任はどの国でも重い。ただ、家族の形によらず、子どもを支援する仕組みが整っているのである。

保育環境の充実や働き方改革等の対策は重要だ。それに加え、夫婦ともにライフスタイルに応じて働き続け、多様な家族のあり方を認める社会にならなければ、少子化は止められないかもしれない。(筆者は毎号交代します)

 

こじょう・たかお 1979年神奈川県生まれ。専門は地域医療政策、社会保障論。

Point of View記事一覧

2022/09/01

面接室の外の心理療法

2022/08/01

歯の抜き方も好き好き?

2022/07/01

活用なき学問は無学に等し

2022/06/01

模索の日々

2022/05/01

サメに食べられたヒト

2022/04/01

挑戦できない社会人を大量生産しないために

2022/03/01

コロナ禍で進むICT利活用、今後は?

2022/02/01

真夜中の争奪戦

2022/01/01

黒い雪

2021/12/01

思考の整理に便利なツール

2021/11/01

3年半を振り返って

2021/10/01

月明かりが生む闇のかたち

2021/09/01

アフターコロナの学びを考える

2021/08/01

分類学と博物館を巡る旅

2021/07/01

喘息と獣

2021/06/01

学ぼうと思ったきっかけ

2021/05/01

深海魚と私

2021/04/01

作品をみることは、自分自身をみること

2021/03/01

お題〈番外編〉 卒業を振り返る

2021/02/01

趣味を通して世界を広げる

2021/01/01

〈自分の意見〉を伝えること

2020/12/01

お題③ざんねんないきもの

2020/11/01

動物愛護とアニマルウェルフェア

2020/10/01

〈別れ〉と向き合う

2020/09/01

お題② 平均

2020/08/01

家族や友人との食事こそ

2020/07/01

〈二人の時間〉の過ごし方

2020/06/01

お題①辛口コメント

2020/05/01

笑う動物

2020/04/01

「出会い」がもたらすもの

2020/03/01

インテグリティ

2020/02/01

Universityの楽しみ方

2020/01/01

「迷惑」はかけるのもよし、かけられるのもよし

2019/12/01

年末に考える新聞の10年

2019/11/01

確証バイアスとリフレーミング

2019/10/01

「は? SDGs?」

2019/09/01

ステマもどき

2019/08/01

無償化は、よい政策か?

2019/07/01

コミュ力って?

2019/06/01

犯罪の「あちら」側

2019/04/01

アオテアロアで考えた多様

2019/03/01

無意識に持つ固定観念

2019/02/01

法医学という人生「法医学を魅力ある選択肢に」

2019/01/01

痕跡学のご紹介④「何があなたの行動を決めているのか」

2018/12/01

復興五輪が担うもの

2018/11/01

法医学という進路「法医学者は絶滅危惧種?」

2018/10/01

痕跡学のご紹介③「痕跡をデザインする」

2018/09/01

正確と誤差のあいだに

2018/08/01

法医学という学問「死のデータを生に活かす」

2018/07/01

痕跡学のご紹介②「痕跡に誘われる行動」