share

コラム

2015/01/01
学生と日々接する中で感じていることや思いなど、
毎年3人の東海大学の教員がそれぞれの視点からつづるリレーエッセイ。

東京オリンピックまで5年

理学部化学科 関根嘉香 教授

東海大学の吹奏楽研究会(スイケン)はすごいらしい。ここ数年そんなうわさが広まり、演奏会には聴衆が詰めかける。筆者は昨年10月、新潟県で開催された全国大会「全日本吹奏楽コンクール」を初めて聴きに行った。各地区の予選を勝ち抜いた強豪ぞろい。最初に登場した大学の演奏技術と表現力の豊かさ、学生ならではの一期一会の気迫に圧倒された。スイケンの登場を待つ間、不安と期待が交錯する。

何校かの演奏を聴くうちに、素人ながら選曲と技能に相関関係があることがわかってきた。課題曲は行進曲風から現代音楽風の楽曲まで複数あるが、金賞を目指す有力校は後者を選ぶ傾向にある。我がスイケンは、これまた難解な現代音楽風の曲を選び、その演奏がいよいよ始まった。身内という要因を全力で差し引いても、演奏には引き込まれるものがあり、他大学に比べてその音色に明らかな特色がある。音に迫力があり、かつ耳に優しい。例えるなら、フィギュアスケートで金メダルを獲得したトリノ五輪の荒川静香選手、ソチ五輪の羽生結弦選手の演技を見たときの興奮。3年連続金賞(日本一)という栄誉だけでは語れない「良質の感動」があった。

さて、2020年の東京オリンピックまであと5年。出場を目指すアスリートたちは日々精進を重ねているだろう。競技である以上、勝利を目指すのは当たり前で、日本のメダル獲得数に関心が集まるのは至極当然である。その一方、近代五輪の父・クーベルタン男爵の有名な言葉がある。「五輪は勝つことではなく、参加することに意義がある」。五輪が他の競技会と一線を画す理由の一つがここにある。

五輪は競技者だけでなく、多くの人の支えがあって初めて開催できることは言うまでもない。そして世界の目が、開催地東京、ひいては日本に注がれる。ホスト国にいる我々は多かれ少なかれ、意識・無意識の中ですでに東京五輪に参加しているといえる。筆者も暗黙の参加者の一人として、専門分野である環境化学を通じて、東京オリンピックに寄与したいと考えている。美しい日本の環境を守る努力を世界に発信したい。メダルの数だけでは語れない、「良質の感動」を生む素地をつくるために。

(筆者は毎号交代します)

Point of View記事一覧

2022/07/01

活用なき学問は無学に等し

2022/06/01

模索の日々

2022/05/01

サメに食べられたヒト

2022/04/01

挑戦できない社会人を大量生産しないために

2022/03/01

コロナ禍で進むICT利活用、今後は?

2022/02/01

真夜中の争奪戦

2022/01/01

黒い雪

2021/12/01

思考の整理に便利なツール

2021/11/01

3年半を振り返って

2021/10/01

月明かりが生む闇のかたち

2021/09/01

アフターコロナの学びを考える

2021/08/01

分類学と博物館を巡る旅

2021/07/01

喘息と獣

2021/06/01

学ぼうと思ったきっかけ

2021/05/01

深海魚と私

2021/04/01

作品をみることは、自分自身をみること

2021/03/01

お題〈番外編〉 卒業を振り返る

2021/02/01

趣味を通して世界を広げる

2021/01/01

〈自分の意見〉を伝えること

2020/12/01

お題③ざんねんないきもの

2020/11/01

動物愛護とアニマルウェルフェア

2020/10/01

〈別れ〉と向き合う

2020/09/01

お題② 平均

2020/08/01

家族や友人との食事こそ

2020/07/01

〈二人の時間〉の過ごし方

2020/06/01

お題①辛口コメント

2020/05/01

笑う動物

2020/04/01

「出会い」がもたらすもの

2020/03/01

インテグリティ

2020/02/01

Universityの楽しみ方

2020/01/01

「迷惑」はかけるのもよし、かけられるのもよし

2019/12/01

年末に考える新聞の10年

2019/11/01

確証バイアスとリフレーミング

2019/10/01

「は? SDGs?」

2019/09/01

ステマもどき

2019/08/01

無償化は、よい政策か?

2019/07/01

コミュ力って?

2019/06/01

犯罪の「あちら」側

2019/05/01

少子化は本当に止められる?

2019/04/01

アオテアロアで考えた多様

2019/03/01

無意識に持つ固定観念

2019/02/01

法医学という人生「法医学を魅力ある選択肢に」

2019/01/01

痕跡学のご紹介④「何があなたの行動を決めているのか」

2018/12/01

復興五輪が担うもの

2018/11/01

法医学という進路「法医学者は絶滅危惧種?」

2018/10/01

痕跡学のご紹介③「痕跡をデザインする」

2018/09/01

正確と誤差のあいだに

2018/08/01

法医学という学問「死のデータを生に活かす」

2018/07/01

痕跡学のご紹介②「痕跡に誘われる行動」

2018/06/01

ベトナムの「日本橋」