share

コラム

2018/12/01
学生と日々接する中で感じていることや思いなど、
毎年3人の東海大学の教員がそれぞれの視点からつづるリレーエッセイ。

復興五輪が担うもの

工学部精密工学科 内田ヘルムート貴大 講師

大規模な自然災害は、世界の各所で生じている。そのエネルギーの大きさや経済的損失は数字で表せても、何にも代えがたい日々の暮らしや人のつながりを奪われるという計り知れない喪失感は、数字で表すことができない。

従って、度合いが比較可能でゴールへの道筋をつけやすい災害からの「復旧」に対し、個々の価値観を含む「復興」の達成度は比較しづらい上、その言葉も安易に使うべきではない。「復興五輪」という言葉がメディアで踊るたびに、そのように感じる。――何をもって「復興」というのだろうか?

復興というベクトルの「向き」は国や自治体の進むべき道として表現することはできても、その「長さ」や始点・終点は、人それぞれに異なる。一人ひとりのベクトルを足し合わせることでその終点を議論することは、限られた年月の中では現実的に難しい。その意味では、五輪のようなイベントを通じて被災地の今に目を向けてもらい、「復興」の現状と課題に接し共有できる機会が定期的にあることは大変重要である。少なくとも、2020年の五輪を通して、ベクトルの始点はある程度は共有される可能性がある。

平成三陸大津波で大きく被災した東北沿岸の町の多くは、それ以前と同じ町とはとても呼べない。かかわりがあった一個人としては、とても寂しい。しかし、もっと長い目で見た場合、津波による被害がなかったとしても、そのままでよかったのだろうかとも考える。若者の転出、高齢者比率の増加、雇用の場の減少など、全国の地方自治体が抱える社会問題が、前倒しされて明るみに出た側面もある。このような部分に国としてどう対応するのかという方向性とともに、復興というベクトルの始点を置くべき場所についても議論は必要である。

複合災害である東日本大震災では、どこまでを自然災害と位置づけるかに議論があるが、20年の五輪では度重なる災害の一つとして扱われ、大方は「よいニュース」が並ぶのだろう。しかし、その招致により被災地の復旧が妨げられた側面もあるほか、本来の日常生活に戻れない方々が現時点でまだ非常に多くいる状況もある。多くの現状と課題が共有され、世界の災害復興に生かされなければならない。(筆者は毎号交代します)

Point of View記事一覧

2024/02/01

“違和感”が教えてくれたこと

2024/01/01

理科で学ぶ「条件制御」を日常に

2023/12/01

趣味のすゝめ

2023/11/01

海を渡ってブリコラージュ

2023/10/01

「推し本」を語り合うこと

2023/09/01

君たちはどう逃げるか

2023/08/01

「未来塾」で見る日本社会の「未来」

2023/07/01

「分かりやすさ」にご注意

2023/06/01

衣付けの楽しみ

2023/05/01

ぷらっと優しいつながりを

2023/04/01

AIが変える検索と教育の未来

2023/03/01

カウンセリングとアドボカシー

2023/02/01

骨にまで残る病気

2023/01/01

まず隗より始めよ②

2022/12/01

カウンセラーもがまださんと!

2022/11/01

骨に記録された食事

2022/10/01

まず隗より始めよ①

2022/09/01

面接室の外の心理療法

2022/08/01

歯の抜き方も好き好き?

2022/07/01

活用なき学問は無学に等し

2022/06/01

模索の日々

2022/05/01

サメに食べられたヒト

2022/04/01

挑戦できない社会人を大量生産しないために

2022/03/01

コロナ禍で進むICT利活用、今後は?

2022/02/01

真夜中の争奪戦

2022/01/01

黒い雪

2021/12/01

思考の整理に便利なツール

2021/11/01

3年半を振り返って

2021/10/01

月明かりが生む闇のかたち

2021/09/01

アフターコロナの学びを考える

2021/08/01

分類学と博物館を巡る旅

2021/07/01

喘息と獣

2021/06/01

学ぼうと思ったきっかけ

2021/05/01

深海魚と私

2021/04/01

作品をみることは、自分自身をみること

2021/03/01

お題〈番外編〉 卒業を振り返る

2021/02/01

趣味を通して世界を広げる

2021/01/01

〈自分の意見〉を伝えること

2020/12/01

お題③ざんねんないきもの

2020/11/01

動物愛護とアニマルウェルフェア

2020/10/01

〈別れ〉と向き合う

2020/09/01

お題② 平均

2020/08/01

家族や友人との食事こそ

2020/07/01

〈二人の時間〉の過ごし方

2020/06/01

お題①辛口コメント

2020/05/01

笑う動物

2020/04/01

「出会い」がもたらすもの

2020/03/01

インテグリティ

2020/02/01

Universityの楽しみ方

2020/01/01

「迷惑」はかけるのもよし、かけられるのもよし