share

コラム

2018/04/01
学生と日々接する中で感じていることや思いなど、
毎年3人の東海大学の教員がそれぞれの視点からつづるリレーエッセイ。

痕跡学のご紹介①「同じ行動をとる人々」

政治経済学部経済学科 林 良平 講師

研究者仲間と「痕跡学」と名づけて楽しんでいる“視点”がある。学問として真剣に取り組むと堅苦しく、面白みに欠けるので、あえて趣味の話題にとどめて興じている。いくつか例を紹介しよう。
 
駅や百貨店などの大きな施設は迷いやすい。そんなときは地図が頼もしい味方になる。案内板では現在地を赤く強調し、目的地までの道のりを教えてくれる。「これがあの店だから、そこの角を左だね」などと、地図上で行動を想像するのである。

地図があなたに順路を指し示してくれているとき、あなたも同時に地図を指し示していることに気づいているだろうか。人通りの多い場所にある案内板は、必ずといっていい頻度で「現在地」の先がすり減っている。展望台にある鳥観図は、山頂がすり減っている。人々は、地図上の点を想像上に写像するとき、指を押し当てるのである。
 
人々が同じ行動をとることはよくある。床の摩耗を見てほしい。人々は横着なので、曲がり角では壁に近づき、階段の踊り場は内側が削れている。人々は不器用なので、病院や学校の白い壁には無数の傷がついている。廊下の真ん中を真っすぐ歩いているイメージに反し、人は壁にぶつかり、ふらふらと進んでいる。
 
柵も人々を誘う魅力を持っている。金閣寺をより近くで見たいと思う観光客は、ついつい柵にもたれかかる。空港の発券カウンターでは、台に体を押しつけて身を乗り出す客をよく見かける。柵やカウンターから一歩引いて直立している人は少ない。
 
ドアノブも興味深い。ドアを開けるときはノブをひねってロックを外し、ノブを押してドアを開けると人々は思い込んでいる。しかし実際はノブを押してドアを動かしてから、ドア本体に手を押し当てて体重をかけて押したり、ドアを手で引っかけて引っ張ったりしながら開けている。
 
私たちは普段の行動を丁寧で、器用で、洗練されているように美化してイメージする。しかし実際には、雨ざらしの地図に指を押し当て、壁にぶつかりながら、ドアに体当たりして何とか行動を成立させているのである。そしてこれらの行動の結果は、傷や欠け、摩耗などの痕跡として、環境に記録されているのである。 (筆者は毎号交代します)

 
はやし・りょうへい 1981年神奈川県生まれ。大阪大学大学院経済学研究科博士後期課程単位取得退学。

Point of View記事一覧

2024/06/01

外国法を真に学ぶ方法と必要性

2024/05/01

スモール・イズ・ビューティーフル

2024/04/01

サックスという趣味を続ける①

2024/03/01

人生は長い旅路

2024/02/01

“違和感”が教えてくれたこと

2024/01/01

理科で学ぶ「条件制御」を日常に

2023/12/01

趣味のすゝめ

2023/11/01

海を渡ってブリコラージュ

2023/10/01

「推し本」を語り合うこと

2023/09/01

君たちはどう逃げるか

2023/08/01

「未来塾」で見る日本社会の「未来」

2023/07/01

「分かりやすさ」にご注意

2023/06/01

衣付けの楽しみ

2023/05/01

ぷらっと優しいつながりを

2023/04/01

AIが変える検索と教育の未来

2023/03/01

カウンセリングとアドボカシー

2023/02/01

骨にまで残る病気

2023/01/01

まず隗より始めよ②

2022/12/01

カウンセラーもがまださんと!

2022/11/01

骨に記録された食事

2022/10/01

まず隗より始めよ①

2022/09/01

面接室の外の心理療法

2022/08/01

歯の抜き方も好き好き?

2022/07/01

活用なき学問は無学に等し

2022/06/01

模索の日々

2022/05/01

サメに食べられたヒト

2022/04/01

挑戦できない社会人を大量生産しないために

2022/03/01

コロナ禍で進むICT利活用、今後は?

2022/02/01

真夜中の争奪戦

2022/01/01

黒い雪

2021/12/01

思考の整理に便利なツール

2021/11/01

3年半を振り返って

2021/10/01

月明かりが生む闇のかたち

2021/09/01

アフターコロナの学びを考える

2021/08/01

分類学と博物館を巡る旅

2021/07/01

喘息と獣

2021/06/01

学ぼうと思ったきっかけ

2021/05/01

深海魚と私

2021/04/01

作品をみることは、自分自身をみること

2021/03/01

お題〈番外編〉 卒業を振り返る

2021/02/01

趣味を通して世界を広げる

2021/01/01

〈自分の意見〉を伝えること

2020/12/01

お題③ざんねんないきもの

2020/11/01

動物愛護とアニマルウェルフェア

2020/10/01

〈別れ〉と向き合う

2020/09/01

お題② 平均

2020/08/01

家族や友人との食事こそ

2020/07/01

〈二人の時間〉の過ごし方

2020/06/01

お題①辛口コメント

2020/05/01

笑う動物