share

スポーツ

2021/09/01

【ダンスドリル】静岡翔洋中・高が2部門でV

【全国高校・中学校ダンスドリル選手権大会】
学園勢が全国の舞台で躍動

付属静岡翔洋高校・同中等部のチアリーダー部が、7月30日から8月1日まで丸善インテックアリーナ大阪で開かれた全国高校・中学校ダンスドリル選手権大会に出場。中等部がSONG/POM部門Small編成、高校がJAZZ部門Medium編成で優勝を果たした。同大会では初出場の付属甲府高校もKICK部門で3位に入賞するなど、各部門で学園勢が活躍した。


静岡翔洋高は、今年4月に映像審査で行われたチアリーディングとダンスの全国大会「USA Nationals 2021」のJazz 部門でも優勝している。しかし、動画の撮影は3月に行ったため、メンバーの半分以上が当時の3年生。望月直巳監督(静岡翔洋高教諭)は、「卒業でメンバーががらっと変わったことで動きがそろわず、1年生は体力づくりから始めた」と、基礎練習を積み重ねた日々を振り返る。 『You Raise Me Up』の曲にのせて披露した演技は、優れた振り付けのチームに贈られる特別賞「Best Overall Choreography」も受賞した。USA Nationalsではコロナ禍で休校や大会中止などが続いた悔しさを表現したが、部長の太田歩選手(3年)は、「今回は再び会場で踊ることができる喜びをイメージした。先輩たちの演技に、自分たちの代のカラーをのせて踊ることができたと思う」と語る。

同じメンバーで出場したSONG/POM部門Medium編成は惜しくも2位となったが、「力は出しきれた。メンバーの団結力も深まったと感じている」と話した。

中等部はSONG/POM部門Small編成で2015年度以来の部門優勝。USA Nationalsを2位で終えた後、悔しさを胸に練習に励んできた成果が表れた。

望月監督は、「中等部はドリルでしばらく優勝できていなかったけれど、今回は息の合った演技ができていた。春からよく成長してくれた」と、栄冠を手にした生徒たちをねぎらった。

初出場の甲府高KICK部門で3位

昨年度、同好会から部に昇格した甲府高チアダンス部が、6月に行われた甲信越大会のKICK部門で1位となり、初めて本戦出場を決めた。

同部門はポンポンを持たず足を上げる振り付けがメーンとなる。甲府高は2分の演技の中で50本以上のさまざまなキックを取り入れた。部長の臼井柚葉選手(3年)は、「蹴り上げるときのスピード感や一体感が大切。柔軟はもちろん、足の筋肉を鍛えるトレーニングにも力を入れてきた」と振り返る。

本戦当日は極度の緊張から泣き出す生徒もいたが、「やってきたことを信じて、声をかけ合って臨んだ。踊り始めてから終わるまでは一瞬だった。入賞を目指していたので、3位に入れて本当にうれしい」と笑顔を見せた。

同部門は人数制限がなく、1年生から3年生まで13人全員で演技を披露した。中には高校から始めた生徒もいるが、「助け合い、誰も取り残すことなく成長できたことが結果につながった。何より“楽しかった”と言ってくれたことが一番」と顧問の小山ひかり教諭は話す。自身はチアダンスの世界大会優勝経験もあるが、「いくら言葉で伝え映像を見せても、体験しなければわからない感覚がある。大会後は練習でも “こうしたので見てください”と自分たちで考えて行動できるようになった」と成長を喜ぶ。

臼井選手は、「後輩たちにはさらに上の結果を残してほしい」と期待を寄せる。創部から約1年、甲府高チアダンス部が新たな一歩を踏み出した。

 

(写真上)JAZZ部門で優勝、SONG/POM部門Medium編成で2位と好成績を残した静岡翔洋高チアリーダー部
(写真下)初出場で全国3位に入賞した甲府高の選手たち

スポーツ記事一覧

2022/11/01

【駅伝チーム】50回目の箱根路へ出場権獲得

2022/11/01

【ヨット】新たな仲間と技術向上

2022/11/01

【ライフセービング】インカレで男子が総合優勝

2022/11/01

札幌高・門別選手が阪神2位指名

2022/11/01

【世界柔道】髙藤選手日本最多タイ4度目V

2022/11/01

【全日本学生体重別選手権】3選手が個人戦制覇

2022/11/01

【女子柔道部】体重別団体で2大会ぶりV

2022/10/01

【陸上競技部駅伝チーム】エース石原選手が復活!

2022/10/01

選手たちを小諸市が強力サポート

2022/10/01

各地で秋のリーグ戦開幕!

2022/10/01

【陸上競技部】男子1500メートル飯澤選手

2022/09/01

【男子バスケ部】4つの国と地域の大学が参戦

2022/09/01

【静岡翔洋中 軟式野球部】試合を重ねる中で成長

2022/08/01

【札幌・陸上競技部】北日本インカレで好成績

2022/08/01

【男女バレーボール部】充実期を迎えた選手たち

2022/08/01

【男女柔道部】全日本学生優勝大会V

2022/07/01

【札幌野球部】渡部選手が史上7人目の快挙

2022/07/01

【駅伝チーム】吉田選手・梶谷選手が好走

2022/07/01

【デフリンピック】バドミントン・太田選手

2022/07/01

【バレーボール】関東大学春季リーグ戦

2022/07/01

【速報】全日本学生優勝大会

2022/07/01

【陸上競技部】飯澤選手が男子1500メートルで日本一

2022/06/01

黒鷲旗で大学勢初の4強に

2022/06/01

【デフリンピック】水泳・茨選手が7つのメダル

2022/06/01

【女子ハンドボール】春季リーグ戦で初優勝

2022/06/01

【駅伝チーム】昨年度の悔しさを胸に

2022/06/01

【九州ゴルフ部】個人・団体で男女同時V

2022/06/01

陸上競技部の選手たちが各大会で好成績

2022/06/01

【湘南・札幌野球部】全日本大学選手権出場決定

2022/05/01

「Invitation Match」で新入生を歓迎

2022/05/01

【陸上競技部】1500メートル 飯澤選手

2022/04/01

【スキー部】中村選手が学生日本一

2022/04/01

【ライフセービングクラブ】全日本学生シリーズⅤ

2022/03/01

【札幌高スキー部】全国高校大会男子総合V

2022/03/01

冬場の成長示す選抜大会

2022/03/01

ライフセービング・プールインカレ女子総合V

2022/03/01

【北京冬季五輪】日本初の銀メダル獲得に貢献

2022/02/01

【男子柔道】太田選手が全日本選手権初V

2022/02/01

【大阪仰星高ラグビー部】4大会ぶり6度目のV

2022/02/01

【2/4~20】北京五輪に卒業生4選手が出場

2022/02/01

【駅伝チーム】ルーキーが鮮烈デビュー

2022/02/01

【ラグビー】大学選手権ベスト4

2022/01/01

【男子柔道】体重別団体12度目の優勝

2022/01/01

【女子バレー】全日本インカレ8度目のV

2022/01/01

東京五輪・パラ選手ら報告会

2022/01/01

【ラグビー部】関東大学リーグ戦4連覇

2022/01/01

【駅伝チーム】悔しさ糧に上位進出へ

2021/12/01

【男女柔道部】2大会連続で男女同時優勝!

2021/12/01

箱根路で「意地を見せる」

2021/11/01

【ラグビー部】総力戦で4連覇目指す