share

スポーツ

2023/10/01

【静岡翔洋中野球部】投打がかみあい29年ぶりの栄冠

チームメートと抱き合って喜びを爆発させた池谷選手は、「伏見がいい状態でつないでくれた。ふがいない投球はできないと思った」

「準優勝はもういらない」――選手たちの強い思いが、29年ぶりの栄冠を手繰り寄せた。付属静岡翔洋高校中等部野球部が8月18日から22日まで高知県立春野総合運動公園野球場などで開催された全国中学校軟式野球大会で、1994年以来2度目の優勝を飾った。

 

伏見選手は全5試合に登板(うち先発4試合)。

遊撃も守る背番号6は、打っても3番打者として

活躍した

昨年度の全中、今大会の予選となった静岡県大会、東海大会ともに決勝で敗れ、涙をのんできた選手たち。今大会の初戦となった氷見市立北部中学校(富山)戦で、伏見響選手(3年)がノーヒットノーランを達成して勢いに乗ると、3試合を勝ち抜いて決勝に進出した。東海大会と同じ顔合わせとなった大府市立大府北中学校(愛知)戦は、初回に奥山篤樹選手(3年)の三塁打と相手の失策で先制し、一時は逆転を許したものの、4回に小泉慶周主将(同)の適時二塁打で勝ち越し。伏見選手が6回を自責点1と好投し、最後はけがから復活したエース池谷冴虎選手(同)が抑えて7―2で歓喜を迎えた。

 

投手転向1年で優勝の立役者となった伏見選手は、「課題の制球力が安定し、初戦から調子がよかった。まるで魔法のよう」と笑うが、大会に向けて腕の振りを変えるなど試行錯誤を繰り返し、「スライダーの精度、球のキレや伸びが変わった」と捕手の奥山選手。寺﨑裕紀監督(静岡翔洋中教諭)が「とにかく練習する伏見に追いつけ追い越せと取り組む中で全体のレベルが上がった」と話すように、努力に裏打ちされた結果だった。

 

昨年8月に新チームが始まった当初、寺﨑監督から「"こんなに弱いチームは見たことがない"と言われた」ことを小泉主将は覚えているという。「先輩たちに比べたら、確かに自分たちは何もできていない。練習して、結果で見返そうと思いました」。打撃で道を切り拓く「打開」をテーマに掲げ、練習の多くを打撃に割いた成果が5試合で38安打29得点の猛打を生んだ。

 

8月25日に同校で行われた優勝報告会で、寺﨑監督は、「厳しくつらいことの連続で多くの涙を流しても、家族に支えられ、翌日にはまた笑顔で野球に取り組んでくれました。決勝の後、選手も保護者もいい笑顔で、ここまでやってきてよかったと感じた」と言葉に熱を込めた。試合を重ねるごとに成長した選手たちに、「日々ベストゲームを更新し、ほぼ完璧な戦いだった」と最大級の賛辞を送った=左写真。

 

 

スポーツ記事一覧

2024/06/01

7年ぶりの全日本出場決定

2024/06/01

【陸上競技部】関東インカレで好成績

2024/06/01

【熊本ゴルフ部】男女で春季リーグ戦制覇

2024/06/01

【静岡キャンパス女子硬式野球部】公式戦初陣に臨む

2024/05/01

【全日本選抜体重別選手権】太田選手が連覇を達成

2024/05/01

【静岡キャンパス】女子硬式野球部が創部

2024/05/01

【静岡翔洋高女子野球部】激戦勝ち上がり選抜準V

2024/05/01

皇后盃で児玉選手が準優勝

2024/05/01

フランス柔道連盟に協力

2024/05/01

FC町田ゼルビアに入団内定

2024/04/01

【ライフセービング】2年ぶりに年間王者を奪還

2024/04/01

【福岡高】7年ぶりの選抜出場

2024/04/01

“最後のノック”で教え子にエール

2024/04/01

【春の注目★】自慢の直球を武器にチームを全国へ

2024/04/01

【春の注目★】充実の練習環境でプロ目指す

2024/03/01

【ライフセービング】プールインカレ女子総合で3連覇

2024/03/01

【スキー部】インカレで渡邉選手が2冠

2024/03/01

【駅伝チーム】新年度に向け走り込み

2024/03/01

【福岡高野球部】“全員レギュラー”掲げ切磋琢

2024/02/01

【福岡高】7年ぶり3度目の春切符

2024/02/01

リーグ5位からインカレ準V

2024/02/01

【陸上競技部駅伝チーム】シード権まで70秒に迫る

2024/02/01

【相模高】女子駅伝チームが初の都大路に

2024/01/01

【柔道・グランドスラム東京】

2024/01/01

【バレーボール】女子が全日本インカレ準優勝

2024/01/01

【陸上競技部駅伝チーム】シード権奪還に手応え

2023/12/01

経験豊富な“4年生トリオ”を中心に

2023/12/01

【駅伝チーム】主力を欠くも全日本9位

2023/12/01

【ラグビー部】関東リーグ最多6連覇

2023/11/01

【女子柔道部】込山選手が個人戦初優勝

2023/11/01

【女子柔道部】全日本学生体重別団体を連覇

2023/11/01

【ライフセービングクラブ】男子総合V 女子総合準V

2023/11/01

【ボディビル部】フィジーク部門で初の大学日本一

2023/11/01

【ラート部】インカレで好成績

2023/11/01

【プロ野球ドラフト会議】付属高2選手に指名

2023/11/01

箱根駅伝予選会を10位で通過

2023/10/31

Judo and the Bridges Between Cultures in the Vision of Matsumae Sensei

2023/10/01

【陸上競技部駅伝チーム】箱根駅伝予選会間もなく

2023/10/01

【日本インカレ】3年連続4度目の優勝

2023/10/01

【ボディビル部】川中選手がオールジャパンで優勝

2023/10/01

【海洋部】ヨット競技学生大会を連覇

2023/10/01

【相模中柔道部】創部史上初の3冠達成

2023/10/01

【大阪仰星高柔道部】オール一本勝ちで春夏連覇

2023/09/01

夏の全国大会優勝

2023/09/01

全国の舞台で13年ぶりの決勝進出

2023/09/01

全国高校選手権で初優勝

2023/09/01

藤井選手が大宮アルディージャに内定

2023/09/01

在学生・卒業生がメダルラッシュ

2023/09/01

【柔道】パリ五輪日本代表に内定!

2023/09/01

【駅伝チーム】「些細な取り組み」が