share

研究

2020/11/01

アレルギー性気管支肺真菌症の新しい診断基準を提唱

【医学部医学科】

医学部医学科の浅野浩一郎教授(内科学系呼吸器内科学)らの研究グループが、アレルギー性気管支肺真菌症(ABPM)の新しい臨床診断基準を提唱し、有用性を検証。その成果をまとめた論文が8月29日、国際医学雑誌『The Journal of Allergy and Clinical Immunology』オンライン版に掲載された。

ABPMは、大気中に浮遊する真菌(カビ)の胞子が気管支内の粘膜に生着・繁殖した際のアレルギー反応により発症する。悪化すると気管支の破壊(気管支が拡張したままになり粘液を吐き出しにくくなる)や、肺の線維化(線維が過剰に蓄積して硬くなり機能が低下する)を引き起こし、呼吸不全に至るケースもある。

早期に診断できれば有効な治療法があるが、これまで用いられてきた基準では正確な診断ができにくく、判明したときには病気が進行して治療が難しくなることが課題となっていた。

浅野教授は、日本各地の大学研究者や臨床医らと研究班を立ち上げ、2013年から全国調査を実施。ぜんそくの既往や血液検査、喀痰・気管支分泌物、胸部CTなどの所見10項目のうち、「6項目以上を満たせばABPMの診断確定」「5項目で疑い」とする、新しい診断基準を提唱した。

さらに、粘液採取による病理検査や日本の呼吸器・アレルギー専門施設の医師によりABPMと診断された事例と、ABPMと間違えやすい好酸球性肺炎やぜんそく、慢性肺アスペルギルス症の事例を比較し、新基準の有用性を検証。新基準では、特異度(陰性の場合に正しく陰性と判定できる割合)90%、感度(陽性を見逃さない割合)94~96%と、きわめて高い精度で診断できることを証明した。

浅野教授は、「発症初期の段階でも正しい診断ができる有用な基準であることを検証できました。新基準を広めるとともに、環境整備による発症予防法や新たな治療法の研究開発にも取り組みたい」と話している。

 

(写真上)浅野教授
(写真下)浅野教授らが提唱した新基準。『アレルギー性気管支肺真菌症の診療の手引き』(医学書院 監修:日本アレルギー学会/日本呼吸器学会 編集:アレルギー性気管支肺真菌症研究班)に掲載されている

研究記事一覧

2022/07/01

ISPRSからフェローの称号

2022/07/01

【教養学部】小田原市民会館の壁画を修復・保存

2022/06/01

【海洋学部】新種のゴカイ類を発見

2022/06/01

【教養学部】 アクースモニウムの公演に評価

2022/06/01

【東海大】研究活動活性化を担う2人のURA教員が着任

2022/05/01

細胞外小胞を介したがん発症メカニズムを発見

2022/05/01

【医学部付属病院】日本初の次世代CT導入を決定

2022/05/01

【理学部】中野講師の論文に評価

2022/04/01

沖ノ鳥島研究調査の結果を紹介

2022/04/01

【医学部医学科】後藤教授に「中谷賞 大賞」

2022/03/01

4件の研究で支援を募る

2022/02/01

【湘南】災害時に役立つ仕組みを紹介

2022/02/01

コロナ禍のSNS活用法を分析

2022/02/01

長谷部教授が「榊賞」受賞

2022/02/01

【海洋学部】「三保サーモン」本格販売開始

2022/01/01

世界から注目集める新技術

2022/01/01

「デルタ株」の高い病原性と原因変異を特定

2022/01/01

リカレント教育講座がスタート

2022/01/01

【沖ノ鳥島研究調査航海】

2021/12/01

新型コロナ「ミュー株」の強い抗体抵抗性を確認

2021/12/01

急性肝障害の新規治療法開発に期待

2021/11/01

PEG10遺伝子の胎盤機能維持機構を解明

2021/11/01

【理学部】体臭改善の効果を調査

2021/10/01

看護研究会が学術集会

2021/10/01

クラウドファンディングで支援募り

2021/10/01

【工学部】自動車内燃機関の効率化を追求

2021/09/01

身体性の観点から哲学・脳科学・臨床をつなぐ

2021/09/01

X染色体不活化異常の原因を解明

2021/08/05

“文理”の研究者が成果を報告

2021/08/01

コロナ禍の収束目指しマップで啓発

2021/08/01

【総合農学研究所】互いの強みを生かして連携

2021/07/01

高被引用文献上位1%に選出

2021/07/01

iPS・ES細胞の神経分化制御遺伝子を発見

2021/07/01

【工学部・木村英樹教授】フェローの称号認定

2021/07/01

【工学部】ソーラー無人飛行機に世界最優秀賞

2021/07/01

新たな研究支援施策がスタート

2021/06/01

日本設計工学会でMIR賞

2021/06/01

糖尿病性腎臓病早期診断マーカー発見

2021/05/01

選手の強さを科学的に分析

2021/05/01

7件の研究が採択

2021/04/01

【海洋研究所】国際ワークショップを開催

2021/03/01

研究交流会の各賞が決定

2021/02/01

アジア磁気共鳴医学会の会長に

2021/01/01

【研究交流会】異分野融合の未来を考える

2021/01/01

豊川悦司氏らのトークショーも

2020/12/01

【医学部医学科】遺伝子改変技術の進展に貢献

2020/12/01

駿河湾研究の推進につなげる

2020/11/01

卵巣がん早期発見システムを開発

2020/10/01

B型肝炎慢性化のメカニズムを解明

2020/09/01

核不拡散と安全を考察