share

スポーツ

2024/02/01

【陸上競技部駅伝チーム】シード権まで70秒に迫る

箱根路総合11位も成長続ける

陸上競技部駅伝チームが1月2、3日に、東京・大手町から箱根・芦ノ湖間で開催された東京箱根間往復大学駅伝競走(10区間/217.1キロ)に出場。総合10位以内に与えられる次大会のシード権獲得を目指すも、総合11位(11時間1分52秒)であと一歩届かなかった。

 

1区区間5位と好走した兵藤ジュダ選手

(体育学部2年)は、「満足していない。

レースの後半にさらに力を発揮できるよう

トレーニングしたい」とさらなる飛躍を誓った

両角速駅伝監督(スポーツプロモーションセンター教授)は、「非常に悔しい結果だが、下級生も多く出場するなど、まだまだ発展途上のチーム。この1年間選手たちは努力を重ね、大きく成長してくれた」と振り返った。

 

今年度のチームがスタートした当初は、故障に苦しむ選手やハーフマラソンをはじめとした長い距離のレースを経験していない選手が多かった。一方で、スローガンに「復活の狼煙〜返り咲け東海〜」と掲げた。選手層の底上げを図り、2024年度以降の上位進出を目指して一歩目を踏み出そうという思いを込めたという。

 

 

 

 

 

 

越陽汰駅伝主将(体育学部3年)や渡邉彩冬主務(同4年)らを中心に、寮生活や練習前のウオーミングアップを見直し、チームの土台づくりを徹底。夏合宿で充実したトレーニングに励んだ選手たちは、5000メートルや1万メートルで着実に自己ベストを更新していった。

 

故障者も減り、10月の箱根駅伝予選会では、初めてのハーフマラソンに挑む選手も多い中、出場した各選手が事前の設定タイムを守って本戦進出を決める。箱根駅伝直前には、1万メートルの平均タイムが出場23チーム中4位になるまでに飛躍を遂げた。

 

「大きな財産」を手に新たな一歩踏み出す

南坂柚汰選手(体育学部1年)は8区区間

7位。「1年生で箱根駅伝の魅力や難しさを

体感できた。この舞台で区間賞を取れる

ようなランナーになりたい」と目を輝かせた

右肩上がりに成長を続けたチームだったが、目標だったシード権獲得にはわずか70秒及ばなかった。各区間の選手たちは前半からリズムよくペースを刻んだ一方、両角監督は「最後の800メートル付近での失速が続いてしまった」と課題を挙げた。西出仁明ヘッドコーチ(SPC准教授)は、「中継所が近づくたびに前を行く選手に離されてしまい、次のランナーはまず1つ前のランナーに追いつくために序盤からエネルギーを使ってしまった。"負の連鎖"が続き、実力を発揮できなかった選手が多かった」と分析した。

 

長距離区間が続く箱根駅伝ならではの難しさを痛感した選手たちだが、指導陣は「この経験ができたことが来季につながる」と口をそろえる。両角監督は、「長距離を走るレースへの対応力や冷静な判断力など課題は明確。自分に足りなかったものを知ることは、成長を続ける選手たちにとってこれ以上ない財産になる」と前を見据えた。選手たちも、「箱根の借りは箱根で返す」「この悔しさを忘れずに練習の強度を上げたい。来年度は上位に進出します」と意気込みを語っている。

 

 

関連記事=運営管理車から見た憧れの箱根路 陸上競技部駅伝チーム 渡邉彩冬主務(体育学部4年)

スポーツ記事一覧

2024/06/01

7年ぶりの全日本出場決定

2024/06/01

【陸上競技部】関東インカレで好成績

2024/06/01

【熊本ゴルフ部】男女で春季リーグ戦制覇

2024/06/01

【静岡キャンパス女子硬式野球部】公式戦初陣に臨む

2024/05/01

【全日本選抜体重別選手権】太田選手が連覇を達成

2024/05/01

【静岡キャンパス】女子硬式野球部が創部

2024/05/01

【静岡翔洋高女子野球部】激戦勝ち上がり選抜準V

2024/05/01

皇后盃で児玉選手が準優勝

2024/05/01

フランス柔道連盟に協力

2024/05/01

FC町田ゼルビアに入団内定

2024/04/01

【ライフセービング】2年ぶりに年間王者を奪還

2024/04/01

【福岡高】7年ぶりの選抜出場

2024/04/01

“最後のノック”で教え子にエール

2024/04/01

【春の注目★】自慢の直球を武器にチームを全国へ

2024/04/01

【春の注目★】充実の練習環境でプロ目指す

2024/03/01

【ライフセービング】プールインカレ女子総合で3連覇

2024/03/01

【スキー部】インカレで渡邉選手が2冠

2024/03/01

【駅伝チーム】新年度に向け走り込み

2024/03/01

【福岡高野球部】“全員レギュラー”掲げ切磋琢

2024/02/01

【福岡高】7年ぶり3度目の春切符

2024/02/01

リーグ5位からインカレ準V

2024/02/01

【相模高】女子駅伝チームが初の都大路に

2024/01/01

【柔道・グランドスラム東京】

2024/01/01

【バレーボール】女子が全日本インカレ準優勝

2024/01/01

【陸上競技部駅伝チーム】シード権奪還に手応え

2023/12/01

経験豊富な“4年生トリオ”を中心に

2023/12/01

【駅伝チーム】主力を欠くも全日本9位

2023/12/01

【ラグビー部】関東リーグ最多6連覇

2023/11/01

【女子柔道部】込山選手が個人戦初優勝

2023/11/01

【女子柔道部】全日本学生体重別団体を連覇

2023/11/01

【ライフセービングクラブ】男子総合V 女子総合準V

2023/11/01

【ボディビル部】フィジーク部門で初の大学日本一

2023/11/01

【ラート部】インカレで好成績

2023/11/01

【プロ野球ドラフト会議】付属高2選手に指名

2023/11/01

箱根駅伝予選会を10位で通過

2023/10/31

Judo and the Bridges Between Cultures in the Vision of Matsumae Sensei

2023/10/01

【陸上競技部駅伝チーム】箱根駅伝予選会間もなく

2023/10/01

【日本インカレ】3年連続4度目の優勝

2023/10/01

【ボディビル部】川中選手がオールジャパンで優勝

2023/10/01

【海洋部】ヨット競技学生大会を連覇

2023/10/01

【相模中柔道部】創部史上初の3冠達成

2023/10/01

【静岡翔洋中野球部】投打がかみあい29年ぶりの栄冠

2023/10/01

【大阪仰星高柔道部】オール一本勝ちで春夏連覇

2023/09/01

夏の全国大会優勝

2023/09/01

全国の舞台で13年ぶりの決勝進出

2023/09/01

全国高校選手権で初優勝

2023/09/01

藤井選手が大宮アルディージャに内定

2023/09/01

在学生・卒業生がメダルラッシュ

2023/09/01

【柔道】パリ五輪日本代表に内定!

2023/09/01

【駅伝チーム】「些細な取り組み」が