share

Interview

2019/08/01

東京パラのガイドランナー目指す

金子太郎さん(体育学部競技スポーツ学科2011年度卒)

2009年度から2年間に わたって陸上競技部駅伝チームの主将を務めた金子太郎さん。現在は、視覚障がい者女子マラソンで伴走者を務める「ガイドランナー」として活躍している。金子さんは、大学4年時の東京箱根間往復大学駅伝競走で9区を走り、総合4位で、5年ぶりのシード権獲得に貢献するなどチームの中心選手として活躍した。

卒業後は、佐川急便(現・SGホールディングス)に進んだものの、「なかなか成績を残せない日々が続き、一時は走ることが嫌いになってしまった」と、入社から1年半後に競技を離れた。

高校の教員へと転職した金子さんは、15年に新聞広告で「視覚障がい者ランナーの練習パートナー募集」を見つけた。興味を持ち応募すると、翌年のリオデジャネイロパラリンピック女子マラソンで5位入賞を果たす近藤寛子選手(滋賀銀行)をサポートすることになった。

ガイドランナーは選手と1本のロープでつながりながら、段差や坂道などのコースコンディションなどを声で伝える。レース中には、前後のランナーとの差や通過タイムを教え、選手を支える。

しかし、近藤さんとの初めての練習では、「歩幅や感覚が合わなかった。一人で走るのとは全く違う。案の定、次に練習相手の声がかかることはありませんでした」

その後、金子さんは滋賀県の北大津養護学校に勤務する。生徒と向き合う中で「相手を思いやる気持ちが芽生えた」と振り返る。18年2月には個人で出場したロードレースで近藤さんと再会。再び練習パートナーを依頼され、ガイドランナーとしてレースも出場するようになった。

現役時代に培った走力や養護学校での経験などを生かした金子さんのサポートを受け、近藤選手は今年2月3日の別府大分毎日マラソン大会では準優勝。4月28日にイギリス・ロンドンで開催されたWPAマラソン世界選手権大会には日本代表として出場し、8位となった。

「大学時代から、日本代表になることは目標だった。一度はあきらめる結果になったが、近藤さんやほかのガイドランナーの皆さんと出会い、夢をかなえることができた。まだ足を引っ張ってしまうことも多いけれど、東京パラリンピックの舞台で伴走することが次の夢です」

 

(写真)東日本実業団選手権大会をはじめ、トラックレースでも伴走者を務める(写真は本人提供)

Interview記事一覧

2022/09/01

【陸上競技部・北川選手】U20世界選手権に出場

2022/08/01

【デフリンピック】自身2度目の大舞台

2022/07/01

バトントワーリング日本代表に

2022/06/01

【卒業生訪問】W杯に挑む日本代表をサポート

2022/05/01

「札幌軟石」で日用品をデザイン

2022/04/01

【女子カーリング】日本初の銀メダルに貢献

2022/03/01

専門看護師として子どもと家族を支援

2022/02/01

【卒業生訪問】松竹映画100周年記念作品を製作

2022/01/01

アメリカを拠点に水汚染問題解決に挑む

2021/11/01

ドラフト会議 学園の5選手に指名

2021/10/01

東海柔道で世界と戦う

2021/08/01

【清水】新種としての発表に期待

2021/07/01

【湘南】「おいしいコーヒーを召し上がれ」

2021/05/01

【卒業生訪問!】応援される選手を育てる

2021/04/01

【卒業生訪問!】反骨心と向上心を胸に走り続ける

2021/02/01

【卒業生訪問!】都大路優勝に導く

2021/02/01

【Close up HERO】高輪台初のJリーガー

2021/01/01

【卒業生訪問!】憧れの舞台で演奏

2020/12/01

【男子柔道部】村尾選手が講道館杯連覇

2020/11/01

【卒業生訪問!】「ありがとうのチカラ」で人と人をつなぐ

2020/08/01

【卒業生訪問!】 ITサービスで超高齢化社会を支える

2020/08/01

【新所長に聞く】大学と世界の懸け橋に

2020/06/01

【卒業生訪問!】母国から4000台の人工呼吸器を受注

2020/04/01

【卒業生訪問!】夢をかなえたパリコレ出演

2020/04/01

先端研究でSDGsに貢献

2020/03/01

【卒業生訪問!】革新的なメガネを開発

2020/02/01

国内最高峰・GT500で年間総合優勝

2020/01/01

海野捕手&小川投手がプロ球界へ

2019/11/01

【卒業生訪問!】日本初の民間ロケット打ち上げに成功

2019/10/01

五輪目指し選手を育成

2019/09/01

【卒業生訪問!】バスケの最高峰でコーチング

2019/08/01

日本分類会で優秀学生発表会

2019/07/01

日本建築学会の新人賞に輝く

2019/06/01

箱根駅伝V祝う焼酎を寄贈

2019/06/01

国際緊急援助隊として医療活動

2019/04/01

データ圧縮プログラムを開発

2019/04/01

ザリガニの新品種づくりに挑戦

2019/03/01

かながわ選挙カレッジに参加

2019/01/01

close up大学院生

2018/10/01

【卒業生訪問!】海外協力隊でセネガルへ

2018/07/01

父の十三回忌追善能で「道成寺」を公演

2018/06/01

【卒業生訪問!】 世界チーム選手権で銀

2018/05/01

【卒業生訪問!】「東海大学ARカメラ」を開発

2018/03/01

技を磨き心を鍛えて「なでしこ」の要になる

2018/02/01

パテントコンテストで優秀賞

2018/01/01

ヤクルトの「次代のエース」に

2017/12/01

相模高から初のJリーガー

2017/09/01

ライフセービングを広めたい

2017/08/01

1500メートルで日本一

2017/07/01

水泳&サッカーで活躍誓う