share

スポーツ

2023/03/01

【菅生高野球部】冬季練習で厚みを増した選手層

選抜高校大会に向けて「一戦必勝」誓う

菅生高校硬式野球部が、3月18日から兵庫県・阪神甲子園球場で行われる第95回記念選抜高校野球大会への出場を決めた。1月27日に同大会の選考委員会から発表された。菅生高はエースの日當直喜選手(2年)を軸に、昨年の秋季東京都高校大会決勝で二松学舎大学附属高校を破って優勝。選抜大会での好成績にも期待がかかる。

 

「ウオーミングアップから全力で臨むように

心がけている」と語る渡部主将(前列右端)

「もっと声を出していくぞ!」。2月中旬、日が落ち始め、気温が徐々に下がる野球部のグラウンドに渡部奏楽主将(2年)の声が響く。熱気を増すグラウンドを見つめる上田崇監督(菅生高教諭)は、「2年生は入学時、体の線が細くて、力もなかった。この冬に本当に成長した」と手応えを口にする。

 

昨年の秋季大会は、「優勝したものの、攻守でのミスが目立ち、課題が残る大会だった」と上田監督。渡部主将も「チーム全体に危機感が生まれた」と振り返った。

 

授業のない冬季期間中は、早朝から高校敷地内の急坂などを走り込み、ウエートトレーニングに励んだ。昼食では1キロの米を食べ、睡眠時間も増やして体づくりに注力。渡部主将は、「ウエートトレーニングでは、各選手がそれまでより5キロ以上も上げられるようになった。打撃練習でも打球が力強くなり、投手陣のボールにもキレが出た。何より、冬のトレーニングを乗り越えられた自信がチームを活気づけています」と充実した表情を見せる。

 

エースの日當選手が軸 仲間にも熱心に助言

日當投手は冬季練習を経て、「球速は

150キロを上回る自信がある」と語った

ブルペンには、「ドスン」とキャッチャーミットの乾いた音が響く。エースの日當選手は、身長190センチの大型右腕。豪快なフォームから放たれる重いストレートに加え、角度のついたフォークやスライダーなどの変化球も威力十分だ。

 

「これまでの経験をチームメートに伝えたい」とブルペンでは投げ込みだけでなく、ほかの投手の様子にも目を光らせる。「投げる前は捕手に球種だけでなくコースも明確に伝えよう」「リリースのタイミングに意識を置いたほうがいい」と具体的なアドバイスを送ってきたことで、全体の投手力も向上している。上田監督は、「安定感のある島袋俐輝選手(2年)や宮本恭佑選手(1年)らも成長している」と語る。

 

攻守の要・北島選手 捕手として着実に成長

選手にアドバイスを送る上田監督

野手では、捕手の北島蒼大選手(2年)が攻守の要を担う。昨夏までは外野手だったが、肩の強さを生かすためコンバート。「秋季大会の序盤はリードも捕球もミスばかり。打撃にも影響が出ていた」と振り返るが、「反省点を着実に改善し、成長できた」と準決勝、決勝では日當投手を好リード。両試合で二塁走者を牽制で刺すなど、持ち味も発揮した。

 

打撃も決勝戦は4打数4安打と復調。「冬季練習で体も一回り大きくなった」と語り、選抜大会では、ともに中軸を担う新井瑛喜選手(同)やリードオフマンの沼澤梁成選手(同)らと切れ目のない打線を築く。

 

厚みを増した選手層に加え、菅生高伝統のスキのない走塁と攻守の粘り強さは健在。選手たちは選抜大会に向けて、「どの高校が相手でも一戦必勝。大会中にも成長を遂げ、夏の全国高校選手権大会での優勝につなげる」と抱負を語っている。

スポーツ記事一覧

2024/02/01

【福岡高】7年ぶり3度目の春切符

2024/02/01

リーグ5位からインカレ準V

2024/02/01

【陸上競技部駅伝チーム】シード権まで70秒に迫る

2024/02/01

【硬式野球部】長谷川新監督が就任

2024/02/01

【相模高】女子駅伝チームが初の都大路に

2024/01/01

【柔道・グランドスラム東京】

2024/01/01

【バレーボール】女子が全日本インカレ準優勝

2024/01/01

【陸上競技部駅伝チーム】シード権奪還に手応え

2023/12/01

経験豊富な“4年生トリオ”を中心に

2023/12/01

【駅伝チーム】主力を欠くも全日本9位

2023/12/01

【ラグビー部】関東リーグ最多6連覇

2023/11/01

【女子柔道部】込山選手が個人戦初優勝

2023/11/01

【女子柔道部】全日本学生体重別団体を連覇

2023/11/01

【ライフセービングクラブ】男子総合V 女子総合準V

2023/11/01

【ボディビル部】フィジーク部門で初の大学日本一

2023/11/01

【ラート部】インカレで好成績

2023/11/01

【プロ野球ドラフト会議】付属高2選手に指名

2023/11/01

箱根駅伝予選会を10位で通過

2023/10/31

Judo and the Bridges Between Cultures in the Vision of Matsumae Sensei

2023/10/01

【陸上競技部駅伝チーム】箱根駅伝予選会間もなく

2023/10/01

【日本インカレ】3年連続4度目の優勝

2023/10/01

【ボディビル部】川中選手がオールジャパンで優勝

2023/10/01

【海洋部】ヨット競技学生大会を連覇

2023/10/01

【相模中柔道部】創部史上初の3冠達成

2023/10/01

【静岡翔洋中野球部】投打がかみあい29年ぶりの栄冠

2023/10/01

【大阪仰星高柔道部】オール一本勝ちで春夏連覇

2023/09/01

夏の全国大会優勝

2023/09/01

全国の舞台で13年ぶりの決勝進出

2023/09/01

全国高校選手権で初優勝

2023/09/01

藤井選手が大宮アルディージャに内定

2023/09/01

在学生・卒業生がメダルラッシュ

2023/09/01

【柔道】パリ五輪日本代表に内定!

2023/09/01

【駅伝チーム】「些細な取り組み」が

2023/09/01

手塚選手「エースの意地」見せ

2023/09/01

柔道男子81キロ級で大阪仰星高・仁保選手Ⅴ

2023/08/01

【熊本星翔高&甲府高】甲子園出場決定!

2023/08/01

【熊本・柔道部女子】パワーと柔らかさ身につけ

2023/08/01

【チアリーディング部FINE】8月のJAPAN CUP出場へ

2023/08/01

【湘南・男子柔道部】無差別団体で準優勝

2023/07/01

【速報】熊本・柔道部女子 全日本学生3人制初V

2023/07/01

【静岡キャンパス】来春に女子硬式野球部創設へ

2023/07/01

戦力充実で上位進出に手応え

2023/07/01

【熊本ゴルフ部】全国大学対抗戦で健闘

2023/07/01

円盤投げ・齋藤選手&走り幅跳び・城山選手

2023/07/01

【再起へ駆ける】全日本大学駅伝出場権獲得

2023/06/01

【柔道】王子谷選手が“夢の舞台”で躍動

2023/06/01

【柔道・世界選手権】橋本選手&村尾選手が銅

2023/06/01

【札幌男子バスケ部】北海道新人戦で連覇を達成

2023/06/01

【熊本ゴルフ部】個人戦&団体戦を制覇

2023/06/01

全日本まで2度のあと“1勝”