share

スポーツ

2022/12/01

フルコン空手全日本王者の佐久間選手

初開催のインカレで準優勝

学生時代最後の全国大会で堂々たる戦いを

見せた

11月20日に、東京都・国立代々木競技場第一体育館で初めて開かれた全日本学生フルコンタクト空手道選手権大会に、佐久間健全選手(国際文化学部4年)が出場した。同大会は、昨年9月に結成された一般社団法人全日本フルコンタクト空手コミッションが、大学生競技者の目標となる大会を開こうと一般社団法人大学スポーツ協会(UNIVAS)に準加盟して主催したもの。全国から113校の代表選手が出場した。

 

札幌市内の水滸會丈夫塾に所属する佐久間選手。10月2日には、フルコンタクト空手日本一を決める最高峰の大会として大阪府・東和薬品RACTABドームで開催された、JKJO全日本空手道選手権大会の一般男子軽量級を連覇し、「空手特有の型を磨き、得意技の突きを極めてきた成果が出せました」と話した。

 

迎えたインカレは、シニアでは60キロまでが軽量級と定められている中、65キロまでの選手が軽量級に出場するため、佐久間選手には不利な条件に。しかし、初戦となった2回戦で日本体育大学の篠原昇利選手、続く3回戦で日本大学の福田汐音選手にいずれも判定5―0で順調に勝ち進んだ。

 

準決勝では、これまでの全国大会で幾度となく拳を交わしてきた関西大学の笹裏健士朗選手と対戦。積極的に前に出て得意の突きを繰り出した佐久間選手が相手に攻撃の間合いを取らせず、判定3―0で勝利を収めた。決勝では佐久間選手の階級より重いJKJO大会中軽量級王者である関西学院大学の岩多陽勇選手との対戦。佐久間選手は独特のリズムで間合いを詰め攻撃を繰り出したが、体格で勝る相手に決定打を放てず、判定0―4で敗れた。

 

「第1回インカレでの優勝を目標に掲げてきたので、気持ちで前に出てやれたのではないかと悔いが残る」と佐久間選手。今大会で学生時代の全国大会は最後の出場となったが、「大学入学時に子どものころから続けてきた空手をやりきろうと決意していたので、学業と両立しながら続けられたことに満足しています。また、普段は道着の胸には道場の名前がありますが、インカレで『東海大学』の名前をつけて戦うことは新鮮で、楽しく臨めました」と話していた。

スポーツ記事一覧

2023/11/01

【女子柔道部】込山選手が個人戦初優勝

2023/11/01

【女子柔道部】全日本学生体重別団体を連覇

2023/11/01

【ライフセービングクラブ】男子総合V 女子総合準V

2023/11/01

【ボディビル部】フィジーク部門で初の大学日本一

2023/11/01

【ラート部】インカレで好成績

2023/11/01

【プロ野球ドラフト会議】付属高2選手に指名

2023/11/01

箱根駅伝予選会を10位で通過

2023/10/31

Judo and the Bridges Between Cultures in the Vision of Matsumae Sensei

2023/10/01

【陸上競技部駅伝チーム】箱根駅伝予選会間もなく

2023/10/01

【日本インカレ】3年連続4度目の優勝

2023/10/01

【ボディビル部】川中選手がオールジャパンで優勝

2023/10/01

【海洋部】ヨット競技学生大会を連覇

2023/10/01

【相模中柔道部】創部史上初の3冠達成

2023/10/01

【静岡翔洋中野球部】投打がかみあい29年ぶりの栄冠

2023/10/01

【大阪仰星高柔道部】オール一本勝ちで春夏連覇

2023/09/01

夏の全国大会優勝

2023/09/01

全国の舞台で13年ぶりの決勝進出

2023/09/01

全国高校選手権で初優勝

2023/09/01

藤井選手が大宮アルディージャに内定

2023/09/01

在学生・卒業生がメダルラッシュ

2023/09/01

【柔道】パリ五輪日本代表に内定!

2023/09/01

【駅伝チーム】「些細な取り組み」が

2023/09/01

手塚選手「エースの意地」見せ

2023/09/01

柔道男子81キロ級で大阪仰星高・仁保選手Ⅴ

2023/08/01

【熊本星翔高&甲府高】甲子園出場決定!

2023/08/01

【熊本・柔道部女子】パワーと柔らかさ身につけ

2023/08/01

【チアリーディング部FINE】8月のJAPAN CUP出場へ

2023/08/01

【湘南・男子柔道部】無差別団体で準優勝

2023/07/01

【速報】熊本・柔道部女子 全日本学生3人制初V

2023/07/01

【静岡キャンパス】来春に女子硬式野球部創設へ

2023/07/01

戦力充実で上位進出に手応え

2023/07/01

【熊本ゴルフ部】全国大学対抗戦で健闘

2023/07/01

円盤投げ・齋藤選手&走り幅跳び・城山選手

2023/07/01

【再起へ駆ける】全日本大学駅伝出場権獲得

2023/06/01

【柔道】王子谷選手が“夢の舞台”で躍動

2023/06/01

【柔道・世界選手権】橋本選手&村尾選手が銅

2023/06/01

【札幌男子バスケ部】北海道新人戦で連覇を達成

2023/06/01

【熊本ゴルフ部】個人戦&団体戦を制覇

2023/06/01

全日本まで2度のあと“1勝”

2023/06/01

【陸上競技部】跳躍・投てき陣が躍動

2023/06/01

【再起へ駆ける④】全日本大学駅伝選考会迫る

2023/06/01

【札幌陸上競技部】北海道インカレⅤ4

2023/05/01

【湘南キャンパス】アスリートの競技力向上を後押し

2023/05/01

【陸上競技部】日本学生個人選手権で

2023/05/01

【再起へ駆ける③】

2023/04/01

【札幌キャンパス】タグラグビー大会を支援

2023/04/01

【アーチェリー】高宗選手が連覇を達成

2023/04/01

【チームトライアスロン】紺野選手&日引選手

2023/03/01

【駅伝チーム】「第4の大学駅伝」で総合2位に

2023/03/01

【菅生高野球部】冬季練習で厚みを増した選手層