share

スポーツ

2022/09/01

【男子バスケ部】4つの国と地域の大学が参戦

初開催のWUBSで2位

 

攻撃の中心を担った松崎主将

男子バスケットボール部が8月9日から11日まで、東京都・国立代々木競技場第二体育館で開催された国際大会「Sun Chlorella presents World University Basketball Series(WUBS)」で準優勝した。

 

この大会は、全日本大学バスケットボール連盟の主催で、株式会社楽天グループのスポーツ事業部「Rakuten Sports」が運営協力したもの。競技を通した国際交流と若手選手の育成を目指して初めて開催された。

 

4つの国と地域を代表する大学チームが招待され、バスケットボールを国技とするフィリピンからは、現役代表選手も名を連ねるアテネオ・デ・マニラ大学、インドネシアから国内大学リーグ決勝常連のペリタハラパン大学、台湾から国内大学リーグ2連覇中の国立政治大学が参加した。

 

陸川章監督(スポーツプロモーションセンター教授)や松崎裕樹主将(体育学部4年)らが、「私たちを日本の代表として推薦してくれたことに感謝しながら戦いたい」と口をそろえて意気込んだ初戦は国立政治大と対戦した。前半から均衡した展開が続くも、最終ピリオドでは松崎主将や西田公陽選手(同3年)らを中心とした攻撃が冴えわたり、90-74で勝利した。

 

勢いそのままに、ペリタハラパン大に91-35で快勝したチームは、最終戦で優勝したアテネオ・デ・マニラ大に59-68で敗れるも、タフな海外のチーム相手に、堂々とした戦いを見せ会場を沸かせた。

 

大会後、陸川監督は「国際舞台での経験は、選手たちが今後日本代表やプロとして活躍することを意識するきっかけにもなる」と語り、「好成績を残すだけでなく、日本でもバスケがさらに注目を集める競技にできるよう努力していきたい」と話した。また、松崎主将は、「国内では経験できない高さやフィジカルを持ったチームと対戦した経験を、しっかりと今後に生かしていきたい」と意気込みを語った。

 

なお、男子バスケ部は、8月20日から11月6日にかけて開催されている関東大学リーグ戦に臨んでおり、28日の第5戦を終えた時点で3勝2敗の成績を残している。(取材=古川七菜子・体育学部2年)

スポーツ記事一覧

2024/02/01

【福岡高】7年ぶり3度目の春切符

2024/02/01

リーグ5位からインカレ準V

2024/02/01

【陸上競技部駅伝チーム】シード権まで70秒に迫る

2024/02/01

【硬式野球部】長谷川新監督が就任

2024/02/01

【相模高】女子駅伝チームが初の都大路に

2024/01/01

【柔道・グランドスラム東京】

2024/01/01

【バレーボール】女子が全日本インカレ準優勝

2024/01/01

【陸上競技部駅伝チーム】シード権奪還に手応え

2023/12/01

経験豊富な“4年生トリオ”を中心に

2023/12/01

【駅伝チーム】主力を欠くも全日本9位

2023/12/01

【ラグビー部】関東リーグ最多6連覇

2023/11/01

【女子柔道部】込山選手が個人戦初優勝

2023/11/01

【女子柔道部】全日本学生体重別団体を連覇

2023/11/01

【ライフセービングクラブ】男子総合V 女子総合準V

2023/11/01

【ボディビル部】フィジーク部門で初の大学日本一

2023/11/01

【ラート部】インカレで好成績

2023/11/01

【プロ野球ドラフト会議】付属高2選手に指名

2023/11/01

箱根駅伝予選会を10位で通過

2023/10/31

Judo and the Bridges Between Cultures in the Vision of Matsumae Sensei

2023/10/01

【陸上競技部駅伝チーム】箱根駅伝予選会間もなく

2023/10/01

【日本インカレ】3年連続4度目の優勝

2023/10/01

【ボディビル部】川中選手がオールジャパンで優勝

2023/10/01

【海洋部】ヨット競技学生大会を連覇

2023/10/01

【相模中柔道部】創部史上初の3冠達成

2023/10/01

【静岡翔洋中野球部】投打がかみあい29年ぶりの栄冠

2023/10/01

【大阪仰星高柔道部】オール一本勝ちで春夏連覇

2023/09/01

夏の全国大会優勝

2023/09/01

全国の舞台で13年ぶりの決勝進出

2023/09/01

全国高校選手権で初優勝

2023/09/01

藤井選手が大宮アルディージャに内定

2023/09/01

在学生・卒業生がメダルラッシュ

2023/09/01

【柔道】パリ五輪日本代表に内定!

2023/09/01

【駅伝チーム】「些細な取り組み」が

2023/09/01

手塚選手「エースの意地」見せ

2023/09/01

柔道男子81キロ級で大阪仰星高・仁保選手Ⅴ

2023/08/01

【熊本星翔高&甲府高】甲子園出場決定!

2023/08/01

【熊本・柔道部女子】パワーと柔らかさ身につけ

2023/08/01

【チアリーディング部FINE】8月のJAPAN CUP出場へ

2023/08/01

【湘南・男子柔道部】無差別団体で準優勝

2023/07/01

【速報】熊本・柔道部女子 全日本学生3人制初V

2023/07/01

【静岡キャンパス】来春に女子硬式野球部創設へ

2023/07/01

戦力充実で上位進出に手応え

2023/07/01

【熊本ゴルフ部】全国大学対抗戦で健闘

2023/07/01

円盤投げ・齋藤選手&走り幅跳び・城山選手

2023/07/01

【再起へ駆ける】全日本大学駅伝出場権獲得

2023/06/01

【柔道】王子谷選手が“夢の舞台”で躍動

2023/06/01

【柔道・世界選手権】橋本選手&村尾選手が銅

2023/06/01

【札幌男子バスケ部】北海道新人戦で連覇を達成

2023/06/01

【熊本ゴルフ部】個人戦&団体戦を制覇

2023/06/01

全日本まで2度のあと“1勝”