share

研究

2022/07/01

【教養学部】小田原市民会館の壁画を修復・保存

市民の思い出の絵を語り継ぐ

建物ごと取り壊されようとしていた壁画の一部を修復・保存し、後世に語り継ぐ―教養学部芸術学科の田口かおり准教授らが、小田原市民会館大ホールの壁に描かれた故西村保史郎の絵を修復・保存するプロジェクトを実施している。6月16日にはゼミ生らも加わって剥ぎ取り作業が行われた。

 

保存する箇所を決め、周りのキャンバスを剥が

していく学生たち。失敗できない作業に緊張し

ながら、田口准教授(右)の指導のもと、真剣

な表情で取り組んだ

『星と伝説』『小公子』『世界のおばけ話』……児童書や図鑑などの挿絵を数多く手がけてきた西村は、1962年に開館した同館の建設と同時期に2枚の壁画を描いた。1階の赤色壁画は高さ約3メートル、横幅約22メートル、2階の青色壁画は高さ約2メートル、横幅約11メートルで、「壁に描かれたこれほど大きな作品は希少で、作品自体が文化施設そのものといえる」と田口准教授は語る。

 

開館から長い年月が経ち、設計事務所の廃業や作者の死去により制作の経緯や主題、技法などの資料は失われ、同館は昨年7月末に閉館。しかし、「市民会館思い出アーカイブ隊」が西村の作品であることなどを突き止め、田口准教授に調査依頼があった。「幼いころ、夢中になって読んだ本の挿絵を描いていた西村さんに恩返しができるように思って引き受けました。ホールを利用してきた市民の記憶や写真に残っているはずの絵画を一部でも残すことで、思い出と作品の価値を語り継げるのでは」と語る。

 

作者のサインを剥ぎ取る田口准教授

昨年7月からの事前調査で、壁にキャンバスを貼った上に石膏で凹凸をつけて鮮やかな色材で描かれていることがわかり、「むやみに剥がすと表面が割れてしまう可能性がある」と分析。傷や汚れ、湿度に起因するシミなども認められたため、同市の職員やアーカイブ隊、田口准教授が客員修復士を務める森絵画保存修復工房のメンバーらも加わった作業当日は、作者のサインと、比較的欠損が少なく特徴的な部分を剥ぎ取った。4年生の加藤巧麻さんと萱場隆生さんは、「保存・修復の方法は本や動画で見たことがありましたが、今回の作品は全く別物。触っただけで割れてしまう部分もあり怖さも感じましたが、貴重な経験になった」と話す。

 

今後は、29日に同様の作業をするとともに、描かれた経緯などを調査しながら、持ち帰った壁画を修復して絵具や材料も科学的に分析する予定。今年度中に小田原三の丸ホールなどで修復した絵や研究資料を展示する計画となっている。

研究記事一覧

2022/09/01

【工学部】航空宇宙工学技術を船舶に

2022/09/01

SPORTEC2022で合同企画

2022/09/01

人材育成とイノベーション創出で

2022/09/01

「熱音響冷却システム」の実証実験

2022/09/01

東伊豆・稲取漁港で多彩な企画

2022/08/01

海洋ロボティックス分野の未来を考える

2022/08/01

【医学部医学科】心血管治療用カテーテル開発で

2022/07/01

ISPRSからフェローの称号

2022/06/01

【海洋学部】新種のゴカイ類を発見

2022/06/01

【教養学部】 アクースモニウムの公演に評価

2022/06/01

【東海大】研究活動活性化を担う2人のURA教員が着任

2022/05/01

細胞外小胞を介したがん発症メカニズムを発見

2022/05/01

【医学部付属病院】日本初の次世代CT導入を決定

2022/05/01

【理学部】中野講師の論文に評価

2022/04/01

沖ノ鳥島研究調査の結果を紹介

2022/04/01

【医学部医学科】後藤教授に「中谷賞 大賞」

2022/03/01

4件の研究で支援を募る

2022/02/01

【湘南】災害時に役立つ仕組みを紹介

2022/02/01

コロナ禍のSNS活用法を分析

2022/02/01

長谷部教授が「榊賞」受賞

2022/02/01

【海洋学部】「三保サーモン」本格販売開始

2022/01/01

世界から注目集める新技術

2022/01/01

「デルタ株」の高い病原性と原因変異を特定

2022/01/01

リカレント教育講座がスタート

2022/01/01

【沖ノ鳥島研究調査航海】

2021/12/01

新型コロナ「ミュー株」の強い抗体抵抗性を確認

2021/12/01

急性肝障害の新規治療法開発に期待

2021/11/01

PEG10遺伝子の胎盤機能維持機構を解明

2021/11/01

【理学部】体臭改善の効果を調査

2021/10/01

看護研究会が学術集会

2021/10/01

クラウドファンディングで支援募り

2021/10/01

【工学部】自動車内燃機関の効率化を追求

2021/09/01

身体性の観点から哲学・脳科学・臨床をつなぐ

2021/09/01

X染色体不活化異常の原因を解明

2021/08/05

“文理”の研究者が成果を報告

2021/08/01

コロナ禍の収束目指しマップで啓発

2021/08/01

【総合農学研究所】互いの強みを生かして連携

2021/07/01

高被引用文献上位1%に選出

2021/07/01

iPS・ES細胞の神経分化制御遺伝子を発見

2021/07/01

【工学部・木村英樹教授】フェローの称号認定

2021/07/01

【工学部】ソーラー無人飛行機に世界最優秀賞

2021/07/01

新たな研究支援施策がスタート

2021/06/01

日本設計工学会でMIR賞

2021/06/01

糖尿病性腎臓病早期診断マーカー発見

2021/05/01

選手の強さを科学的に分析

2021/05/01

7件の研究が採択

2021/04/01

【海洋研究所】国際ワークショップを開催

2021/03/01

研究交流会の各賞が決定

2021/02/01

アジア磁気共鳴医学会の会長に

2021/01/01

【研究交流会】異分野融合の未来を考える