share

研究

2022/07/01

【教養学部】小田原市民会館の壁画を修復・保存

市民の思い出の絵を語り継ぐ

建物ごと取り壊されようとしていた壁画の一部を修復・保存し、後世に語り継ぐ―教養学部芸術学科の田口かおり准教授らが、小田原市民会館大ホールの壁に描かれた故西村保史郎の絵を修復・保存するプロジェクトを実施している。6月16日にはゼミ生らも加わって剥ぎ取り作業が行われた。

 

保存する箇所を決め、周りのキャンバスを剥が

していく学生たち。失敗できない作業に緊張し

ながら、田口准教授(右)の指導のもと、真剣

な表情で取り組んだ

『星と伝説』『小公子』『世界のおばけ話』……児童書や図鑑などの挿絵を数多く手がけてきた西村は、1962年に開館した同館の建設と同時期に2枚の壁画を描いた。1階の赤色壁画は高さ約3メートル、横幅約22メートル、2階の青色壁画は高さ約2メートル、横幅約11メートルで、「壁に描かれたこれほど大きな作品は希少で、作品自体が文化施設そのものといえる」と田口准教授は語る。

 

開館から長い年月が経ち、設計事務所の廃業や作者の死去により制作の経緯や主題、技法などの資料は失われ、同館は昨年7月末に閉館。しかし、「市民会館思い出アーカイブ隊」が西村の作品であることなどを突き止め、田口准教授に調査依頼があった。「幼いころ、夢中になって読んだ本の挿絵を描いていた西村さんに恩返しができるように思って引き受けました。ホールを利用してきた市民の記憶や写真に残っているはずの絵画を一部でも残すことで、思い出と作品の価値を語り継げるのでは」と語る。

 

作者のサインを剥ぎ取る田口准教授

昨年7月からの事前調査で、壁にキャンバスを貼った上に石膏で凹凸をつけて鮮やかな色材で描かれていることがわかり、「むやみに剥がすと表面が割れてしまう可能性がある」と分析。傷や汚れ、湿度に起因するシミなども認められたため、同市の職員やアーカイブ隊、田口准教授が客員修復士を務める森絵画保存修復工房のメンバーらも加わった作業当日は、作者のサインと、比較的欠損が少なく特徴的な部分を剥ぎ取った。4年生の加藤巧麻さんと萱場隆生さんは、「保存・修復の方法は本や動画で見たことがありましたが、今回の作品は全く別物。触っただけで割れてしまう部分もあり怖さも感じましたが、貴重な経験になった」と話す。

 

今後は、29日に同様の作業をするとともに、描かれた経緯などを調査しながら、持ち帰った壁画を修復して絵具や材料も科学的に分析する予定。今年度中に小田原三の丸ホールなどで修復した絵や研究資料を展示する計画となっている。

研究記事一覧

2024/02/01

【TRIC】宇宙考古学研究の最前線

2024/02/01

高度な研究に専念できる環境を支援

2024/02/01

【生物学部】北准教授の研究グループが

2024/02/01

【政治経済学部】国際ワークショップを開催

2024/02/01

【医学部】アメリカ外科学会が功績をたたえる

2024/02/01

【医学部医学科】血小板の活性を抑制する

2024/01/01

アジア農業シンポジウムを開催

2024/01/01

【教養学部】池村教授に環境芸術学会賞

2024/01/01

【品川キャンパス】関東大震災から100年

2024/01/01

中国・清華大と共同セミナー

2023/12/01

【文明研究所】劇作家・北條秀司研究の成果を披露

2023/12/01

【文理融合学部】「電気式人工喉頭」開発に貢献

2023/12/01

【海洋学部】山田教授に離島振興協議会特別表彰

2023/12/01

【児童教育学部】雲財講師が論文賞受賞

2023/12/01

【医学部医学科】 膝軟骨を「細胞シート」で再生する

2023/12/01

【医学部医学科】 和佐野准教授に学会賞

2023/12/01

【医学部看護学科】ウイルス由来遺伝子の機能解明

2023/11/01

【先進生命科学研究所】セレン化合物の研究で

2023/11/01

【観光学部】移動体通信の利便性向上

2023/11/01

【医学部医学科】今井講師に消化器免疫学会奨励賞

2023/11/01

【建築都市学部】LEDの“まぶしさ”を計測

2023/10/01

研究力強化へ「次世代研究創成拠点」設置

2023/10/01

【工学部】微細脳血管手術に新たな光

2023/10/01

KMITLとジョイントセミナー

2023/10/01

【静岡キャンパス】国際漁業学芸大会シンポジウム

2023/10/01

研究シーズを企業にアピール

2023/10/01

【医学部医学科】AIで革新的診断技術を開発

2023/10/01

【医学部医学科】中川准教授に遺伝学会奨励賞

2023/09/01

【WBC・SPC】 SPORTECにブース出展

2023/09/01

【文明研究所】湘南で人間科学の国際会議

2023/08/01

【情報技術センター】線状降水帯のメカニズム解明へ

2023/08/01

【医学部医学科】漢方医学への貢献に評価

2023/08/01

【体育学部】笹木准教授 優秀発表賞を受賞

2023/08/01

【海洋学部】「三保松さば」をお披露目

2023/07/01

【医学部医学科】NK細胞白血病の新たな治療薬を発見

2023/07/01

【医学部医学科】肺炎桿菌の感染防御機構を解明

2023/07/01

【工学部】宮沢教授に功労賞

2023/06/01

【医学部医学科】慢性腎臓病患者の診療改善へ

2023/06/01

【建築都市学部】イタリア南部の都市史に光

2023/06/01

【医学部付属病院】前立腺がんの最新・低侵襲治療

2023/05/01

【国際学部】タギザーデ准教授に文科大臣表彰

2023/05/01

【海洋学部】マダコ養殖技術に進展

2023/05/01

【文明研究所】人文学と身体性をテーマにシンポ

2023/05/01

【工学部】国際会議で優秀論文賞

2023/05/01

【医学部付属病院】世界初、心室頻拍の重粒子線治療

2023/05/01

【医学部医学科】新型コロナウイルスの

2023/05/01

【医学部医学科】三浦助教にメアリー・ライアン賞

2023/05/01

【湘南】国際科学ジャーナルに掲載

2023/04/01

スポーツを科学で測る

2023/04/01

嬬恋村でフィットネスフェスタ