share

スポーツ

2022/02/01

【男子柔道】太田選手が全日本選手権初V

目指すはパリ五輪金メダル

体重無差別で争う柔道の全日本選手権大会が、昨年12月26日に東京都・講道館で開かれた。2大会連続で太田彪雅選手(2019年度体育学部卒・旭化成)と羽賀龍之介選手(15年度大学院体育学研究科修了・同、男子柔道部助監督)の同門対決となった決勝は、太田選手がゴールデンスコア方式の延長戦に小外刈りで技ありを奪い、初優勝を飾った。

前回大会の決勝は、延長戦の末に羽賀選手に得意の内股を決められ一本負け。太田選手は、「ふと入った定食屋などでも名前ではなく“決勝で投げられた人“と言われ、本当に悔しかった。次は何が何でも優勝する」―そう心に誓って1年間取り組んできた。

YouTubeで羽賀選手の試合動画を次々に見て、技の出し方や組み手を研究。右組みの太田選手と左組みの羽賀選手はけんか四つになるため、「釣り手がカギ」と分析して対策を練ってきた。

今大会では初戦となった2回戦から4回戦まで一本勝ちし、やはり同門の王子谷剛志選手(14年度体育学部卒・旭化成)との準決勝では、指導3の反則勝ちで延長戦を制した。羽賀選手との決勝は、釣り手を下から持って圧力を加えていた準決勝までとは一転して上から持ち、積極的に攻める姿勢を見せる。技をかけ合った激戦は、延長6分10秒に太田選手の技ありで決着。「優勝するために頑張ってきた成果が報われた」と喜んだ。

在学中は団体戦V4 湘南拠点に練習に励む

東海大学では4年時に主将を務め、全日本学生優勝大会で4連覇を達成。「考えて柔道をすること、100人をこえる部員を率いる責任感、プレッシャーの中で勝ちきることを学んだ」

卒業後も湘南校舎を拠点とし、卒業生で旭化成所属の選手たちとともに練習に励んできた。「羽賀先輩に誘ってもらい、実業団への出稽古や合同合宿が増え、普段組まない相手とも組むことで緊張感を持って追い込んだ練習ができている」。旭化成のフィジカルコーチの指導でトレーニング量も増やし、コロナ禍で練習場所が確保できないときも走り込みなどで体力の向上を図ってきた。

兄貴分である羽賀選手に勝って手にした日本一の称号は、太田選手に大きな自信を与えた。「日本の100キロ超級のレベルは高いけれど、頭一つ抜け出してパリ五輪代表をつかみ、“太田を選んでよかった”と言われる内容で金メダルを取りたい」。一つひとつ階段を上ってきた太田選手が、世界一に向けて突き進む。

 

(写真上)羽賀選手との決勝を制し優勝を決めた
(写真下)ベスト8に卒業生6人が入った今大会で初優勝

スポーツ記事一覧

2024/07/01

湘南男女が同時優勝を果たす

2024/07/01

【パリ五輪】日本の「お家芸」支える東海魂

2024/07/01

【熊本柔道部女子】二部(3人制)準V “最後の全日本”で王座奪還へ

2024/07/01

【駅伝チーム】選考会をトップ通過

2024/07/01

【熊本硬式野球部】最後まで諦めず神宮で善戦

2024/07/01

【熊本準硬式野球部】34年ぶりの全国決める

2024/06/01

7年ぶりの全日本出場決定

2024/06/01

【陸上競技部】関東インカレで好成績

2024/06/01

【熊本ゴルフ部】男女で春季リーグ戦制覇

2024/06/01

【静岡キャンパス女子硬式野球部】公式戦初陣に臨む

2024/05/01

【全日本選抜体重別選手権】太田選手が連覇を達成

2024/05/01

【静岡キャンパス】女子硬式野球部が創部

2024/05/01

【静岡翔洋高女子野球部】激戦勝ち上がり選抜準V

2024/05/01

皇后盃で児玉選手が準優勝

2024/05/01

フランス柔道連盟に協力

2024/05/01

FC町田ゼルビアに入団内定

2024/04/01

【ライフセービング】2年ぶりに年間王者を奪還

2024/04/01

【福岡高】7年ぶりの選抜出場

2024/04/01

“最後のノック”で教え子にエール

2024/04/01

【春の注目★】自慢の直球を武器にチームを全国へ

2024/04/01

【春の注目★】充実の練習環境でプロ目指す

2024/03/01

【ライフセービング】プールインカレ女子総合で3連覇

2024/03/01

【スキー部】インカレで渡邉選手が2冠

2024/03/01

【駅伝チーム】新年度に向け走り込み

2024/03/01

【福岡高野球部】“全員レギュラー”掲げ切磋琢

2024/02/01

【福岡高】7年ぶり3度目の春切符

2024/02/01

リーグ5位からインカレ準V

2024/02/01

【陸上競技部駅伝チーム】シード権まで70秒に迫る

2024/02/01

【相模高】女子駅伝チームが初の都大路に

2024/01/01

【柔道・グランドスラム東京】

2024/01/01

【バレーボール】女子が全日本インカレ準優勝

2024/01/01

【陸上競技部駅伝チーム】シード権奪還に手応え

2023/12/01

経験豊富な“4年生トリオ”を中心に

2023/12/01

【駅伝チーム】主力を欠くも全日本9位

2023/12/01

【ラグビー部】関東リーグ最多6連覇

2023/11/01

【女子柔道部】込山選手が個人戦初優勝

2023/11/01

【女子柔道部】全日本学生体重別団体を連覇

2023/11/01

【ライフセービングクラブ】男子総合V 女子総合準V

2023/11/01

【ボディビル部】フィジーク部門で初の大学日本一

2023/11/01

【ラート部】インカレで好成績

2023/11/01

【プロ野球ドラフト会議】付属高2選手に指名

2023/11/01

箱根駅伝予選会を10位で通過

2023/10/31

Judo and the Bridges Between Cultures in the Vision of Matsumae Sensei

2023/10/01

【陸上競技部駅伝チーム】箱根駅伝予選会間もなく

2023/10/01

【日本インカレ】3年連続4度目の優勝

2023/10/01

【ボディビル部】川中選手がオールジャパンで優勝

2023/10/01

【海洋部】ヨット競技学生大会を連覇

2023/10/01

【相模中柔道部】創部史上初の3冠達成

2023/10/01

【静岡翔洋中野球部】投打がかみあい29年ぶりの栄冠

2023/10/01

【大阪仰星高柔道部】オール一本勝ちで春夏連覇