share

スポーツ

2023/04/01

【チームトライアスロン】紺野選手&日引選手

世界大会の世代別でW優勝

3月4日にニュージーランドで開催されたトライアスロンの世界大会「IRONMAN」に、湘南キャンパス・チームトライアスロンの紺野涼太選手(健康学部4年)と日引華子選手(体育学部4年)が出場。スイム3.8キロ、バイク180キロ、ラン42.2キロで争われ、男子、女子それぞれの18~24歳クラスで優勝を飾った。 ※学年は当時

 

ガッツポーズでゴールした紺野選手

(写真提供=本人)

高校まで陸上競技部のハードル選手だった紺野選手は、「水泳と長距離は大学に入ってからチームメートにアドバイスをもらって練習してきました」と話す。週3日のチーム練習に加え、毎朝4時に起きて走り込むなどトレーニングを積んできた。
 
また、3年時からは健康学部の柴田健雄講師のゼミに所属し、サプリメントの摂取により運動中のストレスを軽減させるとともに睡眠の質を向上させ、競技力を高める研究にも励むなど文武両道で取り組んできた。
 
レースでは、スイムで全体の3分の1ほどにつけ、バイクでさらに順位を上げた。ランのスタート時点で先頭と約30分の差があったが、「1キロ4分40秒で刻んでいけば25キロ地点で追いつける」とプランを立て猛追。最終的には2位に15分の差をつけ9時間53分33秒で優勝を飾り、全体では703人中38位となった。
 
「1年生のとき先輩がこの大会に出場したのを見て、学生のうちに挑戦したいと思っていましたが、コロナ禍で過去2年間は中止となってしまいました。過酷なレースではありましたがそれ以上に楽しんで臨み、学生最後のチャンスで優勝できてうれしい」と喜んだ。

 

経験をレースの力に笑顔で有終の美を飾る

バイクをこぐ日引選手(写真提供=本人)

日引選手は11時間39分25秒で、全体の192位でゴールした。「日差しが強く、環境に適応することが到着してすぐの目標になりました。初めての国際大会だったので完走を目標に、冷静さを保って一定のペースで走ろうと意識しました」
 
これまでに経験のない長いレースだったが、練習などを振り返りながら「やってきたことが今につながっている」と実感。想定していたタイムで走り切り、「トータル順位は予想していたよりも高くて驚きました。大学最後のレースは“楽しかった”が一番の感想」と話す。
 
両選手は今大会の優勝で挑戦権を獲得した9月のワールドチャンピオンシップは就職のため辞退したが、学生最後の大会を笑顔で締めくくった。

スポーツ記事一覧

2024/02/01

【福岡高】7年ぶり3度目の春切符

2024/02/01

リーグ5位からインカレ準V

2024/02/01

【陸上競技部駅伝チーム】シード権まで70秒に迫る

2024/02/01

【硬式野球部】長谷川新監督が就任

2024/02/01

【相模高】女子駅伝チームが初の都大路に

2024/01/01

【柔道・グランドスラム東京】

2024/01/01

【バレーボール】女子が全日本インカレ準優勝

2024/01/01

【陸上競技部駅伝チーム】シード権奪還に手応え

2023/12/01

経験豊富な“4年生トリオ”を中心に

2023/12/01

【駅伝チーム】主力を欠くも全日本9位

2023/12/01

【ラグビー部】関東リーグ最多6連覇

2023/11/01

【女子柔道部】込山選手が個人戦初優勝

2023/11/01

【女子柔道部】全日本学生体重別団体を連覇

2023/11/01

【ライフセービングクラブ】男子総合V 女子総合準V

2023/11/01

【ボディビル部】フィジーク部門で初の大学日本一

2023/11/01

【ラート部】インカレで好成績

2023/11/01

【プロ野球ドラフト会議】付属高2選手に指名

2023/11/01

箱根駅伝予選会を10位で通過

2023/10/31

Judo and the Bridges Between Cultures in the Vision of Matsumae Sensei

2023/10/01

【陸上競技部駅伝チーム】箱根駅伝予選会間もなく

2023/10/01

【日本インカレ】3年連続4度目の優勝

2023/10/01

【ボディビル部】川中選手がオールジャパンで優勝

2023/10/01

【海洋部】ヨット競技学生大会を連覇

2023/10/01

【相模中柔道部】創部史上初の3冠達成

2023/10/01

【静岡翔洋中野球部】投打がかみあい29年ぶりの栄冠

2023/10/01

【大阪仰星高柔道部】オール一本勝ちで春夏連覇

2023/09/01

夏の全国大会優勝

2023/09/01

全国の舞台で13年ぶりの決勝進出

2023/09/01

全国高校選手権で初優勝

2023/09/01

藤井選手が大宮アルディージャに内定

2023/09/01

在学生・卒業生がメダルラッシュ

2023/09/01

【柔道】パリ五輪日本代表に内定!

2023/09/01

【駅伝チーム】「些細な取り組み」が

2023/09/01

手塚選手「エースの意地」見せ

2023/09/01

柔道男子81キロ級で大阪仰星高・仁保選手Ⅴ

2023/08/01

【熊本星翔高&甲府高】甲子園出場決定!

2023/08/01

【熊本・柔道部女子】パワーと柔らかさ身につけ

2023/08/01

【チアリーディング部FINE】8月のJAPAN CUP出場へ

2023/08/01

【湘南・男子柔道部】無差別団体で準優勝

2023/07/01

【速報】熊本・柔道部女子 全日本学生3人制初V

2023/07/01

【静岡キャンパス】来春に女子硬式野球部創設へ

2023/07/01

戦力充実で上位進出に手応え

2023/07/01

【熊本ゴルフ部】全国大学対抗戦で健闘

2023/07/01

円盤投げ・齋藤選手&走り幅跳び・城山選手

2023/07/01

【再起へ駆ける】全日本大学駅伝出場権獲得

2023/06/01

【柔道】王子谷選手が“夢の舞台”で躍動

2023/06/01

【柔道・世界選手権】橋本選手&村尾選手が銅

2023/06/01

【札幌男子バスケ部】北海道新人戦で連覇を達成

2023/06/01

【熊本ゴルフ部】個人戦&団体戦を制覇

2023/06/01

全日本まで2度のあと“1勝”