share

スポーツ

2022/09/01

【静岡翔洋中 軟式野球部】試合を重ねる中で成長

全国中学校大会準優勝

春の敗戦を糧に、全国大会で銀メダル――付属静岡翔洋高校中等部の軟式野球部が、8月18日から22日まで札幌市円山球場などで開催された全国中学校大会に出場。クラブチームも出場する6月の全日本少年東海大会初戦で敗れた悔しさを力に変え、3年生にとって最後の大会で2009年以来の決勝進出で準優勝となった。

 

準優勝し、笑顔を見せる選手たち(保護者提供)

「全国制覇を目標に掲げていたので、うれしさと悔しさが両方ありますが、このメンバーで最後の試合を楽しめたので悔いはありません」と久保山弥主将(3年)は語る。

 

2回戦で作新学院中等部(栃木県)に3-0で勝利し、清泉中学校(石川県)との準決勝は久保山主将の適時打で3-4とサヨナラ勝ち。準決勝では東風平中学校(沖縄県)を2-0で下した。

 

駿台学園中学校(東京都)との決勝は延長8回、タイブレークの末に0-3で敗れたが、寺﨑裕紀監督(静岡翔洋中教諭)は、「予選から苦しい試合が多かったのですが、選手たちは練習でやってきたすべてを発揮し、試合を重ねるごとに成長してくれました。ベンチ入りの18人だけでなく、そのほかの選手が他校の偵察に行くなど、全員で戦った結果です」と労った。

 

立役者となったのは、2回戦と準々決勝に先発し、準決勝、決勝はリリーフと大車輪の活躍を見せた加藤瑞己選手(3年)だ。小学校ではソフトボール選手で、中学から軟式野球に転向。「マウンドさばきなどの経験値が少ない」(寺﨑監督)と春先まで登板機会はなかったが、地道に練習に励み、唯一の左腕として、海野恵伸選手(3年)とのWエースに成長した。「大会前から調子がよく、カーブがうまく使えた。全国の中学生の中で最後まで戦えてよかった」と笑顔を見せていた。

 

コロナに負けず一致団  結敗戦糧に決勝の舞台へ

3年生はコロナ禍で過ごした中学野球生活だった。入学式の式典は中止になり、授業はリモートでの課題提出。学校が再開しても、当時の1年生が練習できるようになったのは冬になってからだった。それでも、「きつい練習も全員で楽しみながら乗り越えてきた」と久保山主将。仲のよさが今年のチームの魅力だ。

 

6月の全日本少年東海大会初戦で名古屋ドジャースに敗れ、一番の目標にしていた全日本への道が断たれた。一時は次の目標を見失うほど落ち込んだが、今大会の予選となる静岡市中学校総合体育大会に向けて、「後ろを振り返らずやるしかない」という寺﨑監督のゲキで生まれ変わった。

 

走塁やバントなども交えた実戦練習に加え、自主練習も増やし、市大会、静岡県大会、東海大会を勝ち上がって全国大会の決勝まで駆け抜けた。「自分たちの野球ができれば全国でも戦える手応えはつかみました。日本一は後輩に託します」

 

 

 

教職員らに準優勝を報告多くの支援に感謝

静岡翔洋中で8月26日に全国中学校大会の準優勝報告会が開かれ、寺﨑監督と久保山主将が教職員や保護者を前に熱戦を振り返った。寺﨑監督は、「教職員や保護者、卒業生の皆さんのご支援のおかげで、コロナ禍の中でも安心して大会に臨むことができました」と感謝の思いを伝えた。

 

選手から準優勝カップを受け取った村上英治校長は、「悔しい思いもあると思いますが、全国で2校しか立つことのできない決勝の舞台に進んだことは、日々の努力と精進の賜物。感動をありがとう」とたたえた=写真。

スポーツ記事一覧

2024/05/01

【全日本選抜体重別選手権】太田選手が連覇を達成

2024/05/01

【静岡キャンパス】女子硬式野球部が創部

2024/05/01

【静岡翔洋高女子野球部】激戦勝ち上がり選抜準V

2024/05/01

皇后盃で児玉選手が準優勝

2024/05/01

フランス柔道連盟に協力

2024/05/01

FC町田ゼルビアに入団内定

2024/04/01

【ライフセービング】2年ぶりに年間王者を奪還

2024/04/01

【福岡高】7年ぶりの選抜出場

2024/04/01

“最後のノック”で教え子にエール

2024/04/01

【春の注目★】自慢の直球を武器にチームを全国へ

2024/04/01

【春の注目★】充実の練習環境でプロ目指す

2024/03/01

【ライフセービング】プールインカレ女子総合で3連覇

2024/03/01

【スキー部】インカレで渡邉選手が2冠

2024/03/01

【駅伝チーム】新年度に向け走り込み

2024/03/01

【福岡高野球部】“全員レギュラー”掲げ切磋琢

2024/02/01

【福岡高】7年ぶり3度目の春切符

2024/02/01

リーグ5位からインカレ準V

2024/02/01

【陸上競技部駅伝チーム】シード権まで70秒に迫る

2024/02/01

【相模高】女子駅伝チームが初の都大路に

2024/01/01

【柔道・グランドスラム東京】

2024/01/01

【バレーボール】女子が全日本インカレ準優勝

2024/01/01

【陸上競技部駅伝チーム】シード権奪還に手応え

2023/12/01

経験豊富な“4年生トリオ”を中心に

2023/12/01

【駅伝チーム】主力を欠くも全日本9位

2023/12/01

【ラグビー部】関東リーグ最多6連覇

2023/11/01

【女子柔道部】込山選手が個人戦初優勝

2023/11/01

【女子柔道部】全日本学生体重別団体を連覇

2023/11/01

【ライフセービングクラブ】男子総合V 女子総合準V

2023/11/01

【ボディビル部】フィジーク部門で初の大学日本一

2023/11/01

【ラート部】インカレで好成績

2023/11/01

【プロ野球ドラフト会議】付属高2選手に指名

2023/11/01

箱根駅伝予選会を10位で通過

2023/10/31

Judo and the Bridges Between Cultures in the Vision of Matsumae Sensei

2023/10/01

【陸上競技部駅伝チーム】箱根駅伝予選会間もなく

2023/10/01

【日本インカレ】3年連続4度目の優勝

2023/10/01

【ボディビル部】川中選手がオールジャパンで優勝

2023/10/01

【海洋部】ヨット競技学生大会を連覇

2023/10/01

【相模中柔道部】創部史上初の3冠達成

2023/10/01

【静岡翔洋中野球部】投打がかみあい29年ぶりの栄冠

2023/10/01

【大阪仰星高柔道部】オール一本勝ちで春夏連覇

2023/09/01

夏の全国大会優勝

2023/09/01

全国の舞台で13年ぶりの決勝進出

2023/09/01

全国高校選手権で初優勝

2023/09/01

藤井選手が大宮アルディージャに内定

2023/09/01

在学生・卒業生がメダルラッシュ

2023/09/01

【柔道】パリ五輪日本代表に内定!

2023/09/01

【駅伝チーム】「些細な取り組み」が

2023/09/01

手塚選手「エースの意地」見せ

2023/09/01

柔道男子81キロ級で大阪仰星高・仁保選手Ⅴ

2023/08/01

【熊本星翔高&甲府高】甲子園出場決定!