share

スポーツ

2022/07/01

【陸上競技部】飯澤選手が男子1500メートルで日本一

右手を突き上げゴールに飛び込む飯澤選手

陸上競技部の飯澤千翔選手(体育学部4年)が6月10日に大阪府・ヤンマースタジアム長居で開かれた日本選手権大会男子1500メートルで優勝。悲願の日本一を手にした。1年時に日本学生対校選手権大会(日本インカレ)で優勝するなど学生中距離界を牽引するも、2年時の故障からは結果を残せず「地獄のような日々」を過ごしたという。栄冠への道のりを追った。

 

飯澤選手は、大学1年時から関東学生対校選手権大会(関東インカレ)、日本インカレの2冠を達成するなど学生トップクラスの実力を発揮してきた。しかし、2、3年時は故障に苦しみ、「何をしても結果につながらない。真っ暗なトンネルを走り続けるようだった」と振り返る。

 

そんな中でも光明を見いだすべく、指導にあたる西出仁明ヘッドコーチ(スポーツプロモーションセンター准教授)と二人三脚で練習に励んだ。世界トップクラスのランナーが取り入れる最新のトレーニングメニューに挑戦し、復活への道筋を探し続けた。

 

迎えた学生最後の一年、眠っていた才能が輝きを放つ。4月に日本学生個人選手権大会を制し、5月の関東インカレでも3年ぶりに頂点に立った。

 

優勝した飯澤選手(右から3人目)と卒業生

の荒井選手(右から2人目)、館澤選手(左

から2人目)

日本選手権決勝では、学生時代に同大会を制している荒井七海選手(体育学部2016年度卒・Honda)や館澤亨次選手(同19年度卒・DeNA Athletics Elite)らとともにスタートラインに立った。飯澤選手は残り200メートルでスパートをかけると集団を引き離し、トップでゴール。日本一の栄冠を手にした。

 

「荒井さんや館澤さんの走りを見ながら冷静にレースを進められた。力のある先輩らがいる中で勝ちきれて本当にうれしい」と笑顔で振り返った飯澤選手。西出ヘッドコーチは、「地獄のような2年間、結果を残せないことを他人のせいにせず、努力を続けた成果」とたたえる。さらに、荒井選手が、「素晴らしい才能とそれを磨く謙虚さを併せ持つ選手。自分も負けていられない」と話せば、館澤選手は、「今日は完敗です。ラストスパート勝負になり、ついていけなかった。本当に強いランナーです」と称賛の言葉が相次いだ。

 

6月22日には、7月に開催される世界選手権大会の参加標準記録(3分35秒00)を突破するため、北海道・深川市で開催されたホクレン・ディスタンスチャレンジに出場。ペースが合わず、途中棄権するも、「世界選手権出場目指す中で貴重な経験をたくさん積むことができた」と充実した表情を見せていた。

スポーツ記事一覧

2024/07/01

湘南男女が同時優勝を果たす

2024/07/01

【パリ五輪】日本の「お家芸」支える東海魂

2024/07/01

【熊本柔道部女子】二部(3人制)準V “最後の全日本”で王座奪還へ

2024/07/01

【駅伝チーム】選考会をトップ通過

2024/07/01

【熊本硬式野球部】最後まで諦めず神宮で善戦

2024/07/01

【熊本準硬式野球部】34年ぶりの全国決める

2024/06/01

7年ぶりの全日本出場決定

2024/06/01

【陸上競技部】関東インカレで好成績

2024/06/01

【熊本ゴルフ部】男女で春季リーグ戦制覇

2024/06/01

【静岡キャンパス女子硬式野球部】公式戦初陣に臨む

2024/05/01

【全日本選抜体重別選手権】太田選手が連覇を達成

2024/05/01

【静岡キャンパス】女子硬式野球部が創部

2024/05/01

【静岡翔洋高女子野球部】激戦勝ち上がり選抜準V

2024/05/01

皇后盃で児玉選手が準優勝

2024/05/01

フランス柔道連盟に協力

2024/05/01

FC町田ゼルビアに入団内定

2024/04/01

【ライフセービング】2年ぶりに年間王者を奪還

2024/04/01

【福岡高】7年ぶりの選抜出場

2024/04/01

“最後のノック”で教え子にエール

2024/04/01

【春の注目★】自慢の直球を武器にチームを全国へ

2024/04/01

【春の注目★】充実の練習環境でプロ目指す

2024/03/01

【ライフセービング】プールインカレ女子総合で3連覇

2024/03/01

【スキー部】インカレで渡邉選手が2冠

2024/03/01

【駅伝チーム】新年度に向け走り込み

2024/03/01

【福岡高野球部】“全員レギュラー”掲げ切磋琢

2024/02/01

【福岡高】7年ぶり3度目の春切符

2024/02/01

リーグ5位からインカレ準V

2024/02/01

【陸上競技部駅伝チーム】シード権まで70秒に迫る

2024/02/01

【相模高】女子駅伝チームが初の都大路に

2024/01/01

【柔道・グランドスラム東京】

2024/01/01

【バレーボール】女子が全日本インカレ準優勝

2024/01/01

【陸上競技部駅伝チーム】シード権奪還に手応え

2023/12/01

経験豊富な“4年生トリオ”を中心に

2023/12/01

【駅伝チーム】主力を欠くも全日本9位

2023/12/01

【ラグビー部】関東リーグ最多6連覇

2023/11/01

【女子柔道部】込山選手が個人戦初優勝

2023/11/01

【女子柔道部】全日本学生体重別団体を連覇

2023/11/01

【ライフセービングクラブ】男子総合V 女子総合準V

2023/11/01

【ボディビル部】フィジーク部門で初の大学日本一

2023/11/01

【ラート部】インカレで好成績

2023/11/01

【プロ野球ドラフト会議】付属高2選手に指名

2023/11/01

箱根駅伝予選会を10位で通過

2023/10/31

Judo and the Bridges Between Cultures in the Vision of Matsumae Sensei

2023/10/01

【陸上競技部駅伝チーム】箱根駅伝予選会間もなく

2023/10/01

【日本インカレ】3年連続4度目の優勝

2023/10/01

【ボディビル部】川中選手がオールジャパンで優勝

2023/10/01

【海洋部】ヨット競技学生大会を連覇

2023/10/01

【相模中柔道部】創部史上初の3冠達成

2023/10/01

【静岡翔洋中野球部】投打がかみあい29年ぶりの栄冠

2023/10/01

【大阪仰星高柔道部】オール一本勝ちで春夏連覇