share

スポーツ

2019/12/01

村尾選手が同門対決制す

【柔道部】講道館杯で3選手が優勝

11月2、3日に千葉ポートアリーナで開催された柔道の講道館杯全日本体重別選手権大会に、東海大学から卒業生を含む多数の選手が出場した。現役学生では男子柔道部の90キロ級・村尾三四郎選手(体育学部1年)が初優勝、女子部の48キロ級・渡邉愛子選手(同)が準優勝となった。

村尾選手は決勝でリオデジャネイロ五輪金メダリストのベイカー茉秋選手(体育学部卒・日本中央競馬会)との同門対決に臨んだ。「幼いころから五輪に出場して金メダルを取ることが目標」と語っていた村尾選手。東京五輪代表入りに向けて、個人戦はすべて優勝を狙っていたという。試合で先に仕かけたのはベイカー選手だった。技ありの判定が出たが取り消しになると、すかさず村尾選手も攻め込み、残り4秒に鋭い内股で技ありを奪った。

「講道館杯の優勝も東京五輪への通過点だと思っていたので、金メダルしか考えていなかった。残りの試合も一つひとつ勝って、目標を達成したい」と意気込んだ。

渡邉選手は実業団選手相手に小内刈りなどで順調に勝ち上がり、今大会のダークホースとなる。角田夏実選手(了德寺大学職員)との決勝戦は一本負けしたが、「シニアの大会で決勝に進出できたことは成長の証し。優勝には一歩届かなかったが、準優勝をバネにしてもっと強くなりたい」と振り返った。

なお、男子柔道部助監督で体育学部非常勤講師の熊代佑輔選手(体育学部卒・ALSOK)が100キロ超級で優勝。羽賀龍之介選手(大学院体育学研究科修了・旭化成)が100キロ級を制している。(取材=吉倉千乃・文学部3年)

【グランドスラム大阪】髙藤選手&羽賀選手がV
11月22日から24日まで大阪市中央体育館で開かれたグランドスラム大阪でも東海大勢が活躍を見せた。男子60キロ級では髙藤直寿選手(体育学部卒・パーク24)が永山竜樹選手(同・了德寺大学職員)との同門対決を制して優勝。今夏の世界選手権東京大会でのリベンジを果たした。

男子100キロ級では羽賀選手が優勝したほか、100キロ超級の太田彪雅選手(体育学部4年)と73キロ級の橋本壮市選手(体育学部卒・パーク24)が準優勝、100キロ超級の影浦心選手(同・日本中央競馬会)と100キロ級のウルフアロン選手(同・了德寺大学職員)、女子78キロ超級の朝比奈紗羅選手(同・パーク24)が3位となった。なお、講道館杯を制して出場した村尾選手は5位に終わった。

 

(写真上から)
▼リオ五輪金メダリストのベイカー選手を破った村尾選手
▼決勝でも果敢に攻める渡邉選手
▼男子100キロ級で羽賀選手が優勝

スポーツ記事一覧

2024/02/01

【福岡高】7年ぶり3度目の春切符

2024/02/01

リーグ5位からインカレ準V

2024/02/01

【陸上競技部駅伝チーム】シード権まで70秒に迫る

2024/02/01

【硬式野球部】長谷川新監督が就任

2024/02/01

【相模高】女子駅伝チームが初の都大路に

2024/01/01

【柔道・グランドスラム東京】

2024/01/01

【バレーボール】女子が全日本インカレ準優勝

2024/01/01

【陸上競技部駅伝チーム】シード権奪還に手応え

2023/12/01

経験豊富な“4年生トリオ”を中心に

2023/12/01

【駅伝チーム】主力を欠くも全日本9位

2023/12/01

【ラグビー部】関東リーグ最多6連覇

2023/11/01

【女子柔道部】込山選手が個人戦初優勝

2023/11/01

【女子柔道部】全日本学生体重別団体を連覇

2023/11/01

【ライフセービングクラブ】男子総合V 女子総合準V

2023/11/01

【ボディビル部】フィジーク部門で初の大学日本一

2023/11/01

【ラート部】インカレで好成績

2023/11/01

【プロ野球ドラフト会議】付属高2選手に指名

2023/11/01

箱根駅伝予選会を10位で通過

2023/10/31

Judo and the Bridges Between Cultures in the Vision of Matsumae Sensei

2023/10/01

【陸上競技部駅伝チーム】箱根駅伝予選会間もなく

2023/10/01

【日本インカレ】3年連続4度目の優勝

2023/10/01

【ボディビル部】川中選手がオールジャパンで優勝

2023/10/01

【海洋部】ヨット競技学生大会を連覇

2023/10/01

【相模中柔道部】創部史上初の3冠達成

2023/10/01

【静岡翔洋中野球部】投打がかみあい29年ぶりの栄冠

2023/10/01

【大阪仰星高柔道部】オール一本勝ちで春夏連覇

2023/09/01

夏の全国大会優勝

2023/09/01

全国の舞台で13年ぶりの決勝進出

2023/09/01

全国高校選手権で初優勝

2023/09/01

藤井選手が大宮アルディージャに内定

2023/09/01

在学生・卒業生がメダルラッシュ

2023/09/01

【柔道】パリ五輪日本代表に内定!

2023/09/01

【駅伝チーム】「些細な取り組み」が

2023/09/01

手塚選手「エースの意地」見せ

2023/09/01

柔道男子81キロ級で大阪仰星高・仁保選手Ⅴ

2023/08/01

【熊本星翔高&甲府高】甲子園出場決定!

2023/08/01

【熊本・柔道部女子】パワーと柔らかさ身につけ

2023/08/01

【チアリーディング部FINE】8月のJAPAN CUP出場へ

2023/08/01

【湘南・男子柔道部】無差別団体で準優勝

2023/07/01

【速報】熊本・柔道部女子 全日本学生3人制初V

2023/07/01

【静岡キャンパス】来春に女子硬式野球部創設へ

2023/07/01

戦力充実で上位進出に手応え

2023/07/01

【熊本ゴルフ部】全国大学対抗戦で健闘

2023/07/01

円盤投げ・齋藤選手&走り幅跳び・城山選手

2023/07/01

【再起へ駆ける】全日本大学駅伝出場権獲得

2023/06/01

【柔道】王子谷選手が“夢の舞台”で躍動

2023/06/01

【柔道・世界選手権】橋本選手&村尾選手が銅

2023/06/01

【札幌男子バスケ部】北海道新人戦で連覇を達成

2023/06/01

【熊本ゴルフ部】個人戦&団体戦を制覇

2023/06/01

全日本まで2度のあと“1勝”