share

スポーツ

2023/02/01

【再起へ駆ける】箱根路の悔しさを胸に

「チームを根本から見直す」

陸上競技部駅伝チームが1月2、3日に東京箱根間往復大学駅伝競走(東京・大手町~箱根・芦ノ湖間/10区間・217.1キロ)に出場。往路13位、復路18位の総合15位となり、総合10位までに与えられる次年度へのシード権を2年連続で逃した。2018年度に初優勝を果たすも苦しい結果が続く中、再起へと“駆ける”チームに迫った。

 

箱根駅伝2区で力走する石原選手

駅伝チームは、箱根駅伝1区終了時点で総合19位と苦しいスタート。しかし、2区・石原翔太郎選手(体育学部3年)の力走で流れを取り戻し、4区終了時点ではシード権内の総合9位まで順位を押し上げた。5区では他大学からの猛追を受け、総合13 位に順位を落とした。

 

 

 

 

 

復路も苦しい結果が続き、目標のシード権(10位)からは7分36秒の差がついた。選手たちは、「力が足りなかった」とうつむき、両角速駅伝監督(スポーツプロモーションセンター教授)は、「チームの土壌、根本から見直さなければならない。選手はもちろん、指導陣も考えを変えなくては」と決意を語った。

 

例年、新チームの目標や新主将は1月中に決まるが、今年はミーティングを重ねて時間をかけて決めていくという。対話を増やし、チーム一丸で再起を図ろうという新たな取り組みだ。石原選手は、「この結果とどう向き合うか。私生活から改善できる点も多い」と語る。

 

南坂選手は全国高校駅伝

1区でも安定感のある走り

を見せた

来春には、有力な新入生も多数加わる予定だ。特に石原選手と同じ岡山県・倉敷高校のエース・南坂柚汰選手(3年)は、2年時の全国高校駅伝競走大会「花の1区」で区間4位、3年時に区間5位とハイレベルな安定感が持ち味。1月22日に広島市内で行われた全国都道府県対抗男子駅伝競走大会では、岡山県代表として4区区間4位の好走を見せ、チーム史上最高位となる5位入賞に貢献した。南坂選手は、「石原先輩と練習したい一心で東海大学を選んだ。チームの目標に貢献できるよう一生懸命練習に励みたい」と目を輝かせる。

 

箱根駅伝のシード権奪還、そして上位進出へ。新チームが変革のときを迎えている。

 

 

 

 

スポーツ記事一覧

2024/02/01

【福岡高】7年ぶり3度目の春切符

2024/02/01

リーグ5位からインカレ準V

2024/02/01

【陸上競技部駅伝チーム】シード権まで70秒に迫る

2024/02/01

【硬式野球部】長谷川新監督が就任

2024/02/01

【相模高】女子駅伝チームが初の都大路に

2024/01/01

【柔道・グランドスラム東京】

2024/01/01

【バレーボール】女子が全日本インカレ準優勝

2024/01/01

【陸上競技部駅伝チーム】シード権奪還に手応え

2023/12/01

経験豊富な“4年生トリオ”を中心に

2023/12/01

【駅伝チーム】主力を欠くも全日本9位

2023/12/01

【ラグビー部】関東リーグ最多6連覇

2023/11/01

【女子柔道部】込山選手が個人戦初優勝

2023/11/01

【女子柔道部】全日本学生体重別団体を連覇

2023/11/01

【ライフセービングクラブ】男子総合V 女子総合準V

2023/11/01

【ボディビル部】フィジーク部門で初の大学日本一

2023/11/01

【ラート部】インカレで好成績

2023/11/01

【プロ野球ドラフト会議】付属高2選手に指名

2023/11/01

箱根駅伝予選会を10位で通過

2023/10/31

Judo and the Bridges Between Cultures in the Vision of Matsumae Sensei

2023/10/01

【陸上競技部駅伝チーム】箱根駅伝予選会間もなく

2023/10/01

【日本インカレ】3年連続4度目の優勝

2023/10/01

【ボディビル部】川中選手がオールジャパンで優勝

2023/10/01

【海洋部】ヨット競技学生大会を連覇

2023/10/01

【相模中柔道部】創部史上初の3冠達成

2023/10/01

【静岡翔洋中野球部】投打がかみあい29年ぶりの栄冠

2023/10/01

【大阪仰星高柔道部】オール一本勝ちで春夏連覇

2023/09/01

夏の全国大会優勝

2023/09/01

全国の舞台で13年ぶりの決勝進出

2023/09/01

全国高校選手権で初優勝

2023/09/01

藤井選手が大宮アルディージャに内定

2023/09/01

在学生・卒業生がメダルラッシュ

2023/09/01

【柔道】パリ五輪日本代表に内定!

2023/09/01

【駅伝チーム】「些細な取り組み」が

2023/09/01

手塚選手「エースの意地」見せ

2023/09/01

柔道男子81キロ級で大阪仰星高・仁保選手Ⅴ

2023/08/01

【熊本星翔高&甲府高】甲子園出場決定!

2023/08/01

【熊本・柔道部女子】パワーと柔らかさ身につけ

2023/08/01

【チアリーディング部FINE】8月のJAPAN CUP出場へ

2023/08/01

【湘南・男子柔道部】無差別団体で準優勝

2023/07/01

【速報】熊本・柔道部女子 全日本学生3人制初V

2023/07/01

【静岡キャンパス】来春に女子硬式野球部創設へ

2023/07/01

戦力充実で上位進出に手応え

2023/07/01

【熊本ゴルフ部】全国大学対抗戦で健闘

2023/07/01

円盤投げ・齋藤選手&走り幅跳び・城山選手

2023/07/01

【再起へ駆ける】全日本大学駅伝出場権獲得

2023/06/01

【柔道】王子谷選手が“夢の舞台”で躍動

2023/06/01

【柔道・世界選手権】橋本選手&村尾選手が銅

2023/06/01

【札幌男子バスケ部】北海道新人戦で連覇を達成

2023/06/01

【熊本ゴルフ部】個人戦&団体戦を制覇

2023/06/01

全日本まで2度のあと“1勝”