share

スポーツ

2023/01/01

【相模高ラグビー部】32年ぶりの神奈川制覇

研究と分析力生かし全国へ

高校ラグビー日本一を争う全国高校大会が12月27日に、東大阪市花園ラグビー場で開幕する。学園から付属相模高校(2大会ぶり10回目)、付属静岡翔洋高校(2大会ぶり12回目)、付属大阪仰星高校(4大会連続22回目)が各地の予選を勝ち抜き出場を決めた。中でも相模高は11月20日の神奈川県予選の決勝で、2019年、20年と花園を連覇した強豪・桐蔭学園高校に14―13と競り勝ち、32年ぶり8回目の優勝を果たした。(12月20日記)

 

「つらいときこそ、声をかけ合おう」と選手

たちに話す三木監督(右)

前回の花園出場は20年度、100回目の全国大会を記念した関東地区ブロック枠での出場だった相模高。神奈川県予選では、19年から3年連続で決勝に進出するも、桐蔭学園高に一歩及ばず後塵を拝してきた。

 

「打倒桐蔭学園」を掲げた今季のチームは、今までこえられなかった壁を乗りこえさらにその先の高校日本一を目標に掲げ、トレーニングを積んできた。「4度目の正直」となった県予選優勝を、「選手たちは楽しそうに自信を持ってプレーしていた。ひたむきなタックルを続けられたことが勝因」と三木雄介監督(相模高教諭)は振り返る。

 

ただ、すぐにその視線は全国の強豪へと向けられた。12月に入ると、相模高グラウンドで選手たちはパスやタックルなどの基礎練習はもとより、戦術面の強化や徹底的な走り込みを続けてきた。「ラグビーは走ってなんぼのスポーツ。12月初旬は1週間で30キロを目標に走り込み、ベースアップを図った」と三木監督。練習前のミーティングでは、選手の輪の中で「しんどいときにどれだけ頑張れるかが勝負を左右する。全国に出てくる強いチームは、体がどれだけつらくても声をかけ合える」と呼びかける。

 

上村太陽主将(3年)は、「決勝戦の動画を皆で見返して、改善点を話し合い、共有してきた」と話す。ポジションごとに求められるスキルはもちろん、各自の課題を共有し、研究を深めるとともに、対戦相手についても研究を欠かさない。「体格では劣るかもしれないが、研究と分析で補っていく」と上村主将。

 

2回戦から登場 “花園で正月”を

基礎練習から全力で臨む

Bシードに入り12月30日の2回戦から登場となった相模高は、加治木工業高校(鹿児島)と若狭東高校(福井)の勝者との対戦が初戦となる。勝利すれば、1月1日の3回戦では大阪桐蔭高校との対戦が有力視される。三木監督は、「高校ラグビーのプレーヤーにとって正月を花園で過ごせるのは特別なこと。まずは初戦に勝ち、大阪桐蔭も破ってベスト8以上に進みたい」と話している。

 


なお、静岡翔洋高は12月28日に1回戦で仙台育英学園高校(宮城)と、大阪仰星高は30 日に2回戦で高松北高校(香川)と大分東明高校の勝者と、初戦を迎える。

 

大けがからの復帰を支える 寄付を呼びかけ

相模高ラグビー部と同部OB・OG会、保護者会などがこのほど、練習中の大けがからの復帰を目指す選手とその家族をサポートしようと「支える会」を結成。支援への協力を呼びかけている。

 

昨年8月に行われた長野県・菅平高原での合宿中の練習試合で笹川祐選手(1年)が第6-7頸椎を脱臼骨折した。笹川選手はグラウンドへの復帰を目指して懸命に治療とリハビリに取り組んでいる。

 

同会では笹川選手の復帰に要する最先端医療による治療などの支援金(1口1000円)を募っている。寄付金は全額同選手の治療、サポートに充てられる。寄付受け付けはゆうちょ銀行(口座名「笹川 祐君を支える会」、記号番号10970、番号20031681)で実施。詳細は同部のサイトを参照。

スポーツ記事一覧

2024/03/01

【ライフセービング】プールインカレ女子総合で3連覇

2024/03/01

【スキー部】インカレで渡邉選手が2冠

2024/03/01

【駅伝チーム】新年度に向け走り込み

2024/03/01

【福岡高野球部】“全員レギュラー”掲げ切磋琢

2024/02/01

【福岡高】7年ぶり3度目の春切符

2024/02/01

リーグ5位からインカレ準V

2024/02/01

【陸上競技部駅伝チーム】シード権まで70秒に迫る

2024/02/01

【相模高】女子駅伝チームが初の都大路に

2024/01/01

【柔道・グランドスラム東京】

2024/01/01

【バレーボール】女子が全日本インカレ準優勝

2024/01/01

【陸上競技部駅伝チーム】シード権奪還に手応え

2023/12/01

経験豊富な“4年生トリオ”を中心に

2023/12/01

【駅伝チーム】主力を欠くも全日本9位

2023/12/01

【ラグビー部】関東リーグ最多6連覇

2023/11/01

【女子柔道部】込山選手が個人戦初優勝

2023/11/01

【女子柔道部】全日本学生体重別団体を連覇

2023/11/01

【ライフセービングクラブ】男子総合V 女子総合準V

2023/11/01

【ボディビル部】フィジーク部門で初の大学日本一

2023/11/01

【ラート部】インカレで好成績

2023/11/01

【プロ野球ドラフト会議】付属高2選手に指名

2023/11/01

箱根駅伝予選会を10位で通過

2023/10/31

Judo and the Bridges Between Cultures in the Vision of Matsumae Sensei

2023/10/01

【陸上競技部駅伝チーム】箱根駅伝予選会間もなく

2023/10/01

【日本インカレ】3年連続4度目の優勝

2023/10/01

【ボディビル部】川中選手がオールジャパンで優勝

2023/10/01

【海洋部】ヨット競技学生大会を連覇

2023/10/01

【相模中柔道部】創部史上初の3冠達成

2023/10/01

【静岡翔洋中野球部】投打がかみあい29年ぶりの栄冠

2023/10/01

【大阪仰星高柔道部】オール一本勝ちで春夏連覇

2023/09/01

夏の全国大会優勝

2023/09/01

全国の舞台で13年ぶりの決勝進出

2023/09/01

全国高校選手権で初優勝

2023/09/01

藤井選手が大宮アルディージャに内定

2023/09/01

在学生・卒業生がメダルラッシュ

2023/09/01

【柔道】パリ五輪日本代表に内定!

2023/09/01

【駅伝チーム】「些細な取り組み」が

2023/09/01

手塚選手「エースの意地」見せ

2023/09/01

柔道男子81キロ級で大阪仰星高・仁保選手Ⅴ

2023/08/01

【熊本星翔高&甲府高】甲子園出場決定!

2023/08/01

【熊本・柔道部女子】パワーと柔らかさ身につけ

2023/08/01

【チアリーディング部FINE】8月のJAPAN CUP出場へ

2023/08/01

【湘南・男子柔道部】無差別団体で準優勝

2023/07/01

【速報】熊本・柔道部女子 全日本学生3人制初V

2023/07/01

【静岡キャンパス】来春に女子硬式野球部創設へ

2023/07/01

戦力充実で上位進出に手応え

2023/07/01

【熊本ゴルフ部】全国大学対抗戦で健闘

2023/07/01

円盤投げ・齋藤選手&走り幅跳び・城山選手

2023/07/01

【再起へ駆ける】全日本大学駅伝出場権獲得

2023/06/01

【柔道】王子谷選手が“夢の舞台”で躍動

2023/06/01

【柔道・世界選手権】橋本選手&村尾選手が銅