share

スポーツ

2022/07/01

【デフリンピック】バドミントン・太田選手

混合団体で日本初の銀

銀メダルを獲得した日本代表(前列中央が

太田選手=本人提供)

5月1日から15日までブラジルで開かれた夏季デフリンピック競技大会のバドミントンで、太田歩選手(体育学部2013年度卒・ジェイエア)が男女混合団体では日本初の銀メダルに輝いた。

 

聴覚障がい者の国際総合スポーツ競技大会である同大会は4年に1度行われ、団体戦はダブルス3試合、シングルス2試合で争われる。前回に続いて出場した太田選手は、「メンバーと『初のメダルを獲得しよう』とベクトルを合わせて臨み、家族や仲間の応援もあっての結果なのでうれしい」と語る。

 

特に、韓国と対戦した準決勝の男子ダブルスの相手は元世界王者と前回準優勝者だったが、「パートナーと役割を果たしながら、勝ちたいという強い気持ちで挑めた」ことで快勝。チームも「これまで勝ったことがなかった」強豪を下した。

 

東海大学時代の太田選手は、サークルと大学周辺の社会人クラブで技を磨きつつ、「将来を考えて、大学の手話サークルで本格的に手話も学んだ」。2年時に初めて日本代表に選ばれて以降は、世界選手権などの国際大会にたびたび出場し、個人戦でメダルを獲得したことも。現在は伊丹空港で働いており、パイロットの健康管理などでは「大学の生涯スポーツ学科で学んだことが生きている」。

 

ここ2年半ほどはコロナ禍の影響を大きく受けた。今大会でも太田選手は団体戦後の男子ダブルスで準決勝まで進みながら、他競技の日本選手団に感染者が多発したため、無念の棄権。「この大会で有終の美を飾って引退するつもりだったので、悔しくて何度も泣きました」

 

31歳となった今、日本代表選手としての活動はひと区切りつける意向だが、バドミントンをやめるつもりはない。「最終的な夢は、日本代表がメダル獲得をキープできる次世代の選手育成。僕が学んできた技術を子どもたちに教えていきたい」(取材=小野哲史)

スポーツ記事一覧

2024/07/01

湘南男女が同時優勝を果たす

2024/07/01

【パリ五輪】日本の「お家芸」支える東海魂

2024/07/01

【熊本柔道部女子】二部(3人制)準V “最後の全日本”で王座奪還へ

2024/07/01

【駅伝チーム】選考会をトップ通過

2024/07/01

【熊本硬式野球部】最後まで諦めず神宮で善戦

2024/07/01

【熊本準硬式野球部】34年ぶりの全国決める

2024/06/01

7年ぶりの全日本出場決定

2024/06/01

【陸上競技部】関東インカレで好成績

2024/06/01

【熊本ゴルフ部】男女で春季リーグ戦制覇

2024/06/01

【静岡キャンパス女子硬式野球部】公式戦初陣に臨む

2024/05/01

【全日本選抜体重別選手権】太田選手が連覇を達成

2024/05/01

【静岡キャンパス】女子硬式野球部が創部

2024/05/01

【静岡翔洋高女子野球部】激戦勝ち上がり選抜準V

2024/05/01

皇后盃で児玉選手が準優勝

2024/05/01

フランス柔道連盟に協力

2024/05/01

FC町田ゼルビアに入団内定

2024/04/01

【ライフセービング】2年ぶりに年間王者を奪還

2024/04/01

【福岡高】7年ぶりの選抜出場

2024/04/01

“最後のノック”で教え子にエール

2024/04/01

【春の注目★】自慢の直球を武器にチームを全国へ

2024/04/01

【春の注目★】充実の練習環境でプロ目指す

2024/03/01

【ライフセービング】プールインカレ女子総合で3連覇

2024/03/01

【スキー部】インカレで渡邉選手が2冠

2024/03/01

【駅伝チーム】新年度に向け走り込み

2024/03/01

【福岡高野球部】“全員レギュラー”掲げ切磋琢

2024/02/01

【福岡高】7年ぶり3度目の春切符

2024/02/01

リーグ5位からインカレ準V

2024/02/01

【陸上競技部駅伝チーム】シード権まで70秒に迫る

2024/02/01

【相模高】女子駅伝チームが初の都大路に

2024/01/01

【柔道・グランドスラム東京】

2024/01/01

【バレーボール】女子が全日本インカレ準優勝

2024/01/01

【陸上競技部駅伝チーム】シード権奪還に手応え

2023/12/01

経験豊富な“4年生トリオ”を中心に

2023/12/01

【駅伝チーム】主力を欠くも全日本9位

2023/12/01

【ラグビー部】関東リーグ最多6連覇

2023/11/01

【女子柔道部】込山選手が個人戦初優勝

2023/11/01

【女子柔道部】全日本学生体重別団体を連覇

2023/11/01

【ライフセービングクラブ】男子総合V 女子総合準V

2023/11/01

【ボディビル部】フィジーク部門で初の大学日本一

2023/11/01

【ラート部】インカレで好成績

2023/11/01

【プロ野球ドラフト会議】付属高2選手に指名

2023/11/01

箱根駅伝予選会を10位で通過

2023/10/31

Judo and the Bridges Between Cultures in the Vision of Matsumae Sensei

2023/10/01

【陸上競技部駅伝チーム】箱根駅伝予選会間もなく

2023/10/01

【日本インカレ】3年連続4度目の優勝

2023/10/01

【ボディビル部】川中選手がオールジャパンで優勝

2023/10/01

【海洋部】ヨット競技学生大会を連覇

2023/10/01

【相模中柔道部】創部史上初の3冠達成

2023/10/01

【静岡翔洋中野球部】投打がかみあい29年ぶりの栄冠

2023/10/01

【大阪仰星高柔道部】オール一本勝ちで春夏連覇