share

Interview

2013/09/01

デフリンピック史上最多5つのメダルに輝く

水泳部 茨隆太郎 選手(体育学部2年)

デフリンピックとは、4年に1度開催される聴覚障害者のためのオリンピック。7月26日から8月4日まで行われた夏季デフリンピック競技大会ソフィア(ブルガリア)に、日本代表として参加した水泳部の茨隆太郎選手(体育学部2年)は、200メートル個人メドレーなど競泳6種目に出場し、5つのメダル(銀3、銅2)を獲得する活躍を見せた。 (構成・小野哲史)

4年前の台北大会では、200メートル背泳ぎで金メダルを獲得。茨選手は「2度目の出場となる今回は、たくさんの金メダルを取ることが目標でした。でも、あと一歩のところで負けてしまったレースが多かった」と振り返る。

それでもメダル5個は、個人が獲得したメダル数としてはデフリンピック史上最多。しかも「日本と比べてタイムが出にくいプールで、4種目で自己ベストを出せたことはとても自信になりました」と胸を張った。
 
東海大学では健聴者とともに講義を受け、水泳部でも他の部員と同じ練習をこなす。「授業は先生の話した内容をノートテイカーの方が入力してくれるパソコン画面を見ながら。水泳ではコーチやスタッフの話を仲間やマネジャーから聞いて取り組んでいます」。

もともとは背泳ぎが専門だったが、大学入学後に個人メドレーに転向し、今は課題の平泳ぎを強化している。平日の練習は朝6時前からの約2時間と、授業後の夕方から3時間前後。「練習がきつくて、授業中に眠くなることが少なくない」と笑うが、学業の成績が芳しくない者は試合に出られないという水泳部の方針により、勉強もおろそかにはできない。練習が休みの日曜日は自宅で「寝て過ごすことが多い」という。

加藤健志監督(体育学部非常勤講師)は、茨選手について「入学当初は練習でくじけることもあったけれど、最近は自己ベストがたくさん出て自分の成長を実感できている。デフリンピックという大きな目標も本人を燃えさせた」と語る。

次なる目標は9月6日に広島で開幕する日本学生選手権大会(インカレ)だ。6月に大学に入ってから初めて200メートル個人メドレーで自己ベストを更新した茨選手は、「デフリンピックではそれまでの自己記録を0・1秒更新する2分09秒29だったので、インカレではさらに2秒縮めたい」と意気込む。

ただ、仲間とともに挑むインカレも1つの通過点にすぎない。「2年後の世界大会、4年後のデフリンピックに向けて、一年一年、着実にステップアップしていきたい」。茨選手の「少しでも速くなりたい」という思いは強くなるばかりだ。

 

いばら・りゅうたろう 1994年東京都生まれ。中央ろう学校高等部(東京)卒業。
(写真上)200メートル個人メドレーで銀メダルを獲得した(提供=一般財団法人全日本ろうあ連盟)

Interview記事一覧

2024/05/01

急成長を続ける期待の新星

2024/04/01

【卒業生訪問!】ものづくりへの熱い思いで

2024/02/01

運営管理車から見た憧れの箱根路

2023/12/01

【卒業生訪問!】大学とのコラボイベントを推進

2023/11/01

【close up ROOKIE】団体戦優勝の立役者

2023/10/01

高輪台高在校時に考案

2023/09/01

医学と美術の二刀流で命の美を伝える

2023/08/01

ハーフマラソン高校歴代最速ランナー

2023/02/01

【卒業生訪問】高校サッカー日本一に導く

2022/12/01

【卒業生訪問】全日本居合道大会3階級制覇

2022/10/01

インターハイ男子73キロ級連覇

2022/10/01

ル・マン24時間レース優勝に貢献

2022/09/01

【陸上競技部・北川選手】U20世界選手権に出場

2022/08/01

【デフリンピック】自身2度目の大舞台

2022/07/01

バトントワーリング日本代表に

2022/06/01

【卒業生訪問】W杯に挑む日本代表をサポート

2022/05/01

「札幌軟石」で日用品をデザイン

2022/04/01

【女子カーリング】日本初の銀メダルに貢献

2022/03/01

専門看護師として子どもと家族を支援

2022/02/01

【卒業生訪問】松竹映画100周年記念作品を製作

2022/01/01

アメリカを拠点に水汚染問題解決に挑む

2021/11/01

ドラフト会議 学園の5選手に指名

2021/10/01

東海柔道で世界と戦う

2021/08/01

【清水】新種としての発表に期待

2021/07/01

【湘南】「おいしいコーヒーを召し上がれ」

2021/05/01

【卒業生訪問!】応援される選手を育てる

2021/04/01

【卒業生訪問!】反骨心と向上心を胸に走り続ける

2021/02/01

【卒業生訪問!】都大路優勝に導く

2021/02/01

【Close up HERO】高輪台初のJリーガー

2021/01/01

【卒業生訪問!】憧れの舞台で演奏

2020/12/01

【男子柔道部】村尾選手が講道館杯連覇

2020/11/01

【卒業生訪問!】「ありがとうのチカラ」で人と人をつなぐ

2020/08/01

【卒業生訪問!】 ITサービスで超高齢化社会を支える

2020/08/01

【新所長に聞く】大学と世界の懸け橋に

2020/06/01

【卒業生訪問!】母国から4000台の人工呼吸器を受注

2020/04/01

【卒業生訪問!】夢をかなえたパリコレ出演

2020/04/01

先端研究でSDGsに貢献

2020/03/01

【卒業生訪問!】革新的なメガネを開発

2020/02/01

国内最高峰・GT500で年間総合優勝

2020/01/01

海野捕手&小川投手がプロ球界へ

2019/11/01

【卒業生訪問!】日本初の民間ロケット打ち上げに成功

2019/10/01

五輪目指し選手を育成

2019/09/01

【卒業生訪問!】バスケの最高峰でコーチング

2019/08/01

東京パラのガイドランナー目指す

2019/08/01

日本分類会で優秀学生発表会

2019/07/01

日本建築学会の新人賞に輝く

2019/06/01

箱根駅伝V祝う焼酎を寄贈

2019/06/01

国際緊急援助隊として医療活動

2019/04/01

データ圧縮プログラムを開発

2019/04/01

ザリガニの新品種づくりに挑戦