share

スポーツ

2011/02/01

Close Up HERO 駅伝チーム・河野選手

仲間の支えを糧に4年間挑んだ山道
河野晴友 選手(体育学部4年)

山道を約18キロ上り続ける5区と、標高差864メートルを一気に駆け下りる6区。箱根駅伝の象徴ともいえるこの過酷な“箱根の山”に、4年連続で挑んだ。

河野選手は、大学入学当初から山への意欲が人一倍強かった。幼いころから故郷・栃木県で起伏のある場所を走り込み「自分の強みはアップダウンのあるコースが得意なこと」と語っていた。

中学3年時には都道府県対抗駅伝の2区で区間賞を獲得した。新居監督からもその潜在能力を買われ、1年時から箱根駅伝に出場。それも、念願だった5区での起用だった。結果は区間12位。ルーキーとしてはまずまずの出だしだった。

しかし、河野選手にとってつらい思い出となったのが2年時だ。2年連続で山上りに挑んだが、寒さの影響で体が動かなくなり、結果はまさかの区間最下位(23位)。総合順位も7位から21位まで落としてしまった。「精神的に弱かった。箱根の山の重圧に勝てなかった」と語り、レース直後はしばらく立ち直るのが難しかったという。

それでも山に挑むことをやめなかった。3年時からは下りの6区に挑戦。どん底からの復活には仲間の支えがあった「皆の励ましで吹っ切れたし、また挑戦しようと思えた」。3年時は区間11位、4年時は区間7位と、総合順位をほぼ落とすことなくタスキをつなぎ、過去の汚名をしっかりと返上した。

「山を走ることにはずっとプレッシャーがついて回った。でも4年間で最後まで走り切る精神力がついた。山は自分を大きく成長させてくれた」区間賞やごぼう抜きといった派手さはない。しかし、過酷で重要なこの区間を4年間全うした河野選手の功績は、決して小さくないはずだ。(高橋佳美・教養学部4年)

[ 関連記事:箱根駅伝総合4位 ]

スポーツ記事一覧

2022/07/01

【札幌野球部】渡部選手が史上7人目の快挙

2022/07/01

【駅伝チーム】吉田選手・梶谷選手が好走

2022/07/01

【デフリンピック】バドミントン・太田選手

2022/07/01

【バレーボール】関東大学春季リーグ戦

2022/07/01

【速報】全日本学生優勝大会

2022/07/01

【陸上競技部】飯澤選手が男子1500メートルで日本一

2022/06/01

黒鷲旗で大学勢初の4強に

2022/06/01

【デフリンピック】水泳・茨選手が7つのメダル

2022/06/01

【女子ハンドボール】春季リーグ戦で初優勝

2022/06/01

【駅伝チーム】昨年度の悔しさを胸に

2022/06/01

【九州ゴルフ部】個人・団体で男女同時V

2022/06/01

陸上競技部の選手たちが各大会で好成績

2022/06/01

【湘南・札幌野球部】全日本大学選手権出場決定

2022/05/01

「Invitation Match」で新入生を歓迎

2022/05/01

【陸上競技部】1500メートル 飯澤選手

2022/04/01

【スキー部】中村選手が学生日本一

2022/04/01

【ライフセービングクラブ】全日本学生シリーズⅤ

2022/03/01

【札幌高スキー部】全国高校大会男子総合V

2022/03/01

冬場の成長示す選抜大会

2022/03/01

ライフセービング・プールインカレ女子総合V

2022/03/01

【北京冬季五輪】日本初の銀メダル獲得に貢献

2022/02/01

【男子柔道】太田選手が全日本選手権初V

2022/02/01

【大阪仰星高ラグビー部】4大会ぶり6度目のV

2022/02/01

【2/4~20】北京五輪に卒業生4選手が出場

2022/02/01

【駅伝チーム】ルーキーが鮮烈デビュー

2022/02/01

【ラグビー】大学選手権ベスト4

2022/01/01

【男子柔道】体重別団体12度目の優勝

2022/01/01

【女子バレー】全日本インカレ8度目のV

2022/01/01

東京五輪・パラ選手ら報告会

2022/01/01

【ラグビー部】関東大学リーグ戦4連覇

2022/01/01

【駅伝チーム】悔しさ糧に上位進出へ

2021/12/01

【男女柔道部】2大会連続で男女同時優勝!

2021/12/01

箱根路で「意地を見せる」

2021/11/01

【ラグビー部】総力戦で4連覇目指す

2021/11/01

長野県スポーツ栄誉賞受賞

2021/11/01

出雲路悔しい総合9位

2021/10/01

【10/10】出雲路でシーズン開幕

2021/10/01

選手主体の練習で総理大臣杯初出場

2021/10/01

【札幌準硬式野球部】全員野球で清瀬杯初優勝

2021/10/01

【相模高・中柔道部】インハイ&全中で4選手V

2021/10/01

【パラ五輪女子マラソン】金メダル獲得に貢献

2021/09/01

【東京五輪】柔道男子100キロ級・ウルフ選手

2021/09/01

【ダンスドリル】静岡翔洋中・高が2部門でV

2021/09/01

【陸上競技】デーデー選手が得た「財産」

2021/09/01

【インターハイ】北川選手が走り幅跳びでV

2021/09/01

【東京五輪】柔道金メダリストらが成果を報告

2021/08/01

【女子バレー部】6年ぶりの大学日本一狙う

2021/08/01

【東京五輪】髙藤選手悲願の金

2021/08/01

東京五輪開幕! 各競技で熱戦

2021/07/01

デーデー選手が2種目で準Ⅴ