share

スポーツ

2023/10/01

【ボディビル部】川中選手がオールジャパンで優勝

充実した練習環境で肉体美に磨き

湘南キャンパスで活動するボディビル部の川中健介選手(健康学部4年)が、9月10日に栃木県総合文化センターで開催されたオールジャパンフィットネスチャンピオンシップスのマスキュラーフィジーク部門で自身初の日本一に輝いた。14日には、三重県・響ホール伊勢で開催された日本クラシックフィジーク選手権でも優勝した。

 

オールジャパンで初優勝した川中選手

(写真提供=大塚エンタープライズ)

川中選手は中学生のころから筋力トレーニングに興味を持ち、高校時代に本格的な体づくりを始めた。「子どものころは体の線が細く、トレーニングを始めたのは友人に誘われたから。ドラゴンボールのサイヤ人に憧れたのも理由の一つです(笑)」と振り返る。高校3年時には全国高校選手権大会で初優勝し、卒業後の2020年度から熊本キャンパスの経営学部に進学。同年に発足したボディビル部の前身となる湘南キャンパスのバーベルクラブに籍を置き、ジムに通いながらトレーニングに励んだ。

 

2年時に全日本学生ボディビル選手権で頂点に立つと、年春には「キャンパス間留学制度」を使って半年間、湘南で学び、チームメートと共に練習を重ねた。同年の全日本学生で連覇を果たすと、秋の世界選手権大会では自身初の国際大会出場ながらメンズフィジーク173センチ以下級で4位に入賞した。

 

CTCで練習に励む

(写真提供=Duncan Mark)

今年度は練習環境をさらに充実させるため、湘南の健康学部に転学部し、同時期にボディビル部へと名称を変えたチームで仲間たちと切磋琢磨してきた。4月にリニューアルされた15号館のトレーニングセンター(CTC)も「強力な味方」で、「全国トップクラスの大学生と練習でき、やる気も高まります。国内でも有数の知識を持つ有賀誠司先生(健康学部教授)がボディビル部の顧問を務めているので、日々のアドバイスは財産です」と話す。その成果は数字にも表れ、ベンチプレスは昨秋までの自己記録180キロから200キロに、デッドリフトは250キロから300キロまで上げられるようになった。

 

今秋開催される世界選手権大会の出場権を獲得し、「これからもさらに力をつけて、世界選手権でも結果を残したい」と目を輝かせている。

スポーツ記事一覧

2024/03/01

【ライフセービング】プールインカレ女子総合で3連覇

2024/03/01

【スキー部】インカレで渡邉選手が2冠

2024/03/01

【駅伝チーム】新年度に向け走り込み

2024/03/01

【福岡高野球部】“全員レギュラー”掲げ切磋琢

2024/02/01

【福岡高】7年ぶり3度目の春切符

2024/02/01

リーグ5位からインカレ準V

2024/02/01

【陸上競技部駅伝チーム】シード権まで70秒に迫る

2024/02/01

【相模高】女子駅伝チームが初の都大路に

2024/01/01

【柔道・グランドスラム東京】

2024/01/01

【バレーボール】女子が全日本インカレ準優勝

2024/01/01

【陸上競技部駅伝チーム】シード権奪還に手応え

2023/12/01

経験豊富な“4年生トリオ”を中心に

2023/12/01

【駅伝チーム】主力を欠くも全日本9位

2023/12/01

【ラグビー部】関東リーグ最多6連覇

2023/11/01

【女子柔道部】込山選手が個人戦初優勝

2023/11/01

【女子柔道部】全日本学生体重別団体を連覇

2023/11/01

【ライフセービングクラブ】男子総合V 女子総合準V

2023/11/01

【ボディビル部】フィジーク部門で初の大学日本一

2023/11/01

【ラート部】インカレで好成績

2023/11/01

【プロ野球ドラフト会議】付属高2選手に指名

2023/11/01

箱根駅伝予選会を10位で通過

2023/10/31

Judo and the Bridges Between Cultures in the Vision of Matsumae Sensei

2023/10/01

【陸上競技部駅伝チーム】箱根駅伝予選会間もなく

2023/10/01

【日本インカレ】3年連続4度目の優勝

2023/10/01

【海洋部】ヨット競技学生大会を連覇

2023/10/01

【相模中柔道部】創部史上初の3冠達成

2023/10/01

【静岡翔洋中野球部】投打がかみあい29年ぶりの栄冠

2023/10/01

【大阪仰星高柔道部】オール一本勝ちで春夏連覇

2023/09/01

夏の全国大会優勝

2023/09/01

全国の舞台で13年ぶりの決勝進出

2023/09/01

全国高校選手権で初優勝

2023/09/01

藤井選手が大宮アルディージャに内定

2023/09/01

在学生・卒業生がメダルラッシュ

2023/09/01

【柔道】パリ五輪日本代表に内定!

2023/09/01

【駅伝チーム】「些細な取り組み」が

2023/09/01

手塚選手「エースの意地」見せ

2023/09/01

柔道男子81キロ級で大阪仰星高・仁保選手Ⅴ

2023/08/01

【熊本星翔高&甲府高】甲子園出場決定!

2023/08/01

【熊本・柔道部女子】パワーと柔らかさ身につけ

2023/08/01

【チアリーディング部FINE】8月のJAPAN CUP出場へ

2023/08/01

【湘南・男子柔道部】無差別団体で準優勝

2023/07/01

【速報】熊本・柔道部女子 全日本学生3人制初V

2023/07/01

【静岡キャンパス】来春に女子硬式野球部創設へ

2023/07/01

戦力充実で上位進出に手応え

2023/07/01

【熊本ゴルフ部】全国大学対抗戦で健闘

2023/07/01

円盤投げ・齋藤選手&走り幅跳び・城山選手

2023/07/01

【再起へ駆ける】全日本大学駅伝出場権獲得

2023/06/01

【柔道】王子谷選手が“夢の舞台”で躍動

2023/06/01

【柔道・世界選手権】橋本選手&村尾選手が銅

2023/06/01

【札幌男子バスケ部】北海道新人戦で連覇を達成