share

スポーツ

2023/01/01

女子バレー部&男子バスケ部が大学日本一

チーム力で悲願達成――湘南校舎の女子バレーボール部が昨年11月29日から12月4日まで、東京都・大田区総合体育館などで開催された全日本大学選手権大会(全日本インカレ)を連覇。春・秋の関東大学リーグ戦、東日本大学選手権大会(東日本インカレ)と合わせて4冠を達成した。湘南校舎の男子バスケットボール部は12月3日から11日まで国立代々木競技場第一体育館などで行われた全日本大学選手権大会(インカレ)で2年ぶりに王座を奪還した。

 

【女子バレーボール部】他大学を圧倒した選手層 悲願の学生大会4冠達成

藤井監督は「リザーブの選手が急に出番が来

てもしっかりプレーしてくれて、一人ひとり

のフォローアップができていた」とチーム力

で勝ち取った4冠だったことを強調した

女子バレーボール部の中川つかさ主将(体育学部4年)は全日本インカレについて、「神戸親和女子大学との準決勝で快勝し、チームが勢いづいた」と振り返る。決勝は序盤に3連続失点を喫して追いかける展開を強いられたが、第1セット終盤に逆転してセットを奪うと、以降は相手を寄せつけなかった。堅守を誇ったリベロの川畑遥奈選手(同4年)が「昨年度は死に物狂いでしたが、今年度はその場その場で修正して戦えた」と語るように、チーム全体の高い対応力で初戦から1セットも落とすことなく2年連続9回目の頂点へと駆け上がった。

 

前回大会で6年ぶりに大学日本一に輝き、主力の多くが残る今年度は春秋の関東大学リーグ戦、東日本インカレ、全日本インカレを制覇する学生大会4冠を目標に掲げた。4大会の計34戦で敗れたのは、秋季リーグの嘉悦大学戦のみ。圧倒的な強さで偉業を成し遂げた。

 

しかし、順風満帆に見える1年間の戦いも、藤井壮浩監督(スポーツプロモーションセンター教授)は「苦しい時間が多々ありました」と明かす。「けが人が出た時期もあり大変でしたが、目先のことを一つひとつ丁寧にやった結果が4冠だったかなと。毎試合、相手の圧力を感じましたが、よく耐え抜いてくれました」

 

チームで勝ち取った栄冠 偉業達成の裏に重圧も

大会のMIP賞にも選出された宮部選手

伊藤麻緒選手(体育学部4年)や佐々木遥子選手(同3年)ら昨年度からの主力の活躍はもちろんだが、脇を固める選手たちの存在もチームの躍進を支えた。村中胡水選手(同4年)はエースの宮部愛芽世選手(同3年)が日本代表の遠征で不在中に代役を務め、今大会の準決勝でも大事な場面で仕事を果たした。

 

他大学からマークされ、中川主将は「春季リーグから負けられないプレッシャーがずっとあった」と話す。それでも「みんなで勝つことの楽しさを感じられて最高でした」と重圧から解き放たれ、安堵の表情を浮かべた。

 

強烈なスパイクやサーブで攻撃陣を牽引した宮部選手は、「来年度は自分たちが4年生になるので、強さを引き継ぎながらまた新しい東海大学の形を出せたらいいなと。1年間かけて最後に『素晴らしいチームだったね』と言えるようなチームをつくっていきたい」と意気込む。王者の伝統は、次の世代に引き継がれていく。(取材=小野哲史)

 

 

【男子バレー部】インカレで惜しくも準Ⅴ「後輩に優勝を託す」

チームをまとめた山本主将

湘南校舎で活動する男子バレーボール部は全日本インカレで準優勝となった。準々決勝まではすべてストレート勝ちを収めると、準決勝では日本体育大学と対戦。第1セットを奪われるも、その後は流れをつかみ、3―1で逆転勝利を収めた。


決勝は、優勝候補の早稲田大学を準決勝で破り、勢いに乗る筑波大学との対戦に。第1セットを25―16で取ったが、2セット目以降を落とし1―3で敗れた。セッターとしてもチームを率いた山本龍主将(体育学部4年)は、「目指してきた熱いバレーはできた。後輩たちにインカレ優勝を託します」と話していた。

 

なお、同大会には札幌校舎男女バレー部も出場。男子は至学館大学に、女子は広島文化学園大学にそれぞれ初戦で敗れた。

 

【男子バスケットボール部】昨年度の悔しさ胸に チーム一丸で王座奪還

松崎主将は、「リーグ戦で白鷗大に負けたと

きから準備してきたことを徹底できました」

と語り、島谷選手は、「これまで積み上げて

きたものを序盤から発揮でき、最後の最後に

目指してきた形ができたのではと感じていま

す」と語った(写真提供=全日本大学バスケ

ットボール連盟)

「インカレでの悔しさは、インカレでしか晴らせない」――。今年度は松崎裕樹主将(体育学部4年)のこの言葉で始まった。昨年度は「史上最強のスター軍団」の呼び声高く、インカレ連覇も大いに期待されていた。しかし、決勝で白鷗大学に58―63で惜敗。スタメンで出場していた松崎選手は、「4年生を大学日本一で送り出したかった」と悔しさをにじませた。

 

春の関東大学選手権大会はベスト16と悔しい船出となったが、「すぐに結果が出ないからといって焦るのではなく、日々の過程を大事にしたい」と陸川章監督(スポーツプロモーションセンター教授)の指導を信じて貫いた。


インカレに照準を合わせ、チーム一丸で着実に練習と試合経験を積んでいった結果、秋の関東大学選手権大会(リーグ戦)では第9節から怒涛の14連勝で3位に。陸川監督は、「経験を積むごとに成長を実感している。これまで大会を通して力をつけてきた彼らだからこそ、これからさらに成長できる」と目を細めた。

 

気迫あふれるプレーで 白鷗大にリベンジ

チームを引っ張った松崎主将が最優秀選手賞

を受賞

インカレでは準々決勝、準決勝と逆転勝利を収め、3年連続で駒を進めた決勝は昨年度と同じ白鷗大との対戦に。松崎主将が「最初から最後まで気迫で負けていなかった」と振り返った通り、第1クォーターからエナジー全開の堅守で15―2と大差をつけた。司令塔の島谷怜選手(体育学部4年)や優秀選手賞と得点王を獲得したエース金近廉選手(同2年)を中心に、ミスを恐れない果敢な攻撃で主導権を握った。優秀選手賞とアシスト王に輝いた黒川虎徹選手(同3年)や西田公陽選手(同)らも持ち味を発揮し、チームを勢いづける。第4クォーターに一時は逆転を許したが、コート内外で会話を絶やすことなく応援席も一体となって流れを引き寄せ、54―51で2年ぶり7回目の王座に返り咲いた。

 

 

 

 

観客投票で最も印象に残ったチームに贈られるクリーン・ザ・ゲーム賞も受賞。まさに陸川監督が掲げる「見ている人が“フルフルワクワク”するチーム」を体現する気迫あふれる40分間であり、1年間だった。

 

なお、九州キャンパス男子部は3大学総当たりのグループリーグを2勝0敗で突破したが、京都産業大学に55―94で敗れ、札幌校舎男子部はグループリーグ敗退となった。(取材=古川七菜子・体育学部2年)

 

湘南と渋谷で優勝報告 選手たちの健闘をたたえる

大学日本一に輝いた女子バレーボール部が昨年12月14日に、男子バスケットボール部が翌15日=左写真=に湘南校舎で、山田清志学長ら教職員に優勝を報告した。

 

女子バレー部の藤井監督、男子バスケ部の陸川監督がそれぞれ大会の戦績や選手たちの活躍を振り返り、同席した4年生たちが今後の自身の進路や新チームへの思いを語った。山田学長は選手たちを労うとともに、来年度のさらなる活躍へも期待を寄せていた。

 

 

また、20日には渋谷校舎で、女子バレー部による学校法人東海大学の松前義昭理事長ら教職員への全日本インカレ優勝報告会が開かれた=右写真。

 

当日は、藤井監督や中川主将ら6人が勝因や抱負を語り、松前理事長は、「教職員や関係者の期待に応え、今後の励みとなる結果を残してくれました。心から感謝しています。これからも練習に励み、学園を盛り上げてください」と労いの言葉を送った。

スポーツ記事一覧

2024/06/01

7年ぶりの全日本出場決定

2024/06/01

【陸上競技部】関東インカレで好成績

2024/06/01

【熊本ゴルフ部】男女で春季リーグ戦制覇

2024/06/01

【静岡キャンパス女子硬式野球部】公式戦初陣に臨む

2024/05/01

【全日本選抜体重別選手権】太田選手が連覇を達成

2024/05/01

【静岡キャンパス】女子硬式野球部が創部

2024/05/01

【静岡翔洋高女子野球部】激戦勝ち上がり選抜準V

2024/05/01

皇后盃で児玉選手が準優勝

2024/05/01

フランス柔道連盟に協力

2024/05/01

FC町田ゼルビアに入団内定

2024/04/01

【ライフセービング】2年ぶりに年間王者を奪還

2024/04/01

【福岡高】7年ぶりの選抜出場

2024/04/01

“最後のノック”で教え子にエール

2024/04/01

【春の注目★】自慢の直球を武器にチームを全国へ

2024/04/01

【春の注目★】充実の練習環境でプロ目指す

2024/03/01

【ライフセービング】プールインカレ女子総合で3連覇

2024/03/01

【スキー部】インカレで渡邉選手が2冠

2024/03/01

【駅伝チーム】新年度に向け走り込み

2024/03/01

【福岡高野球部】“全員レギュラー”掲げ切磋琢

2024/02/01

【福岡高】7年ぶり3度目の春切符

2024/02/01

リーグ5位からインカレ準V

2024/02/01

【陸上競技部駅伝チーム】シード権まで70秒に迫る

2024/02/01

【相模高】女子駅伝チームが初の都大路に

2024/01/01

【柔道・グランドスラム東京】

2024/01/01

【バレーボール】女子が全日本インカレ準優勝

2024/01/01

【陸上競技部駅伝チーム】シード権奪還に手応え

2023/12/01

経験豊富な“4年生トリオ”を中心に

2023/12/01

【駅伝チーム】主力を欠くも全日本9位

2023/12/01

【ラグビー部】関東リーグ最多6連覇

2023/11/01

【女子柔道部】込山選手が個人戦初優勝

2023/11/01

【女子柔道部】全日本学生体重別団体を連覇

2023/11/01

【ライフセービングクラブ】男子総合V 女子総合準V

2023/11/01

【ボディビル部】フィジーク部門で初の大学日本一

2023/11/01

【ラート部】インカレで好成績

2023/11/01

【プロ野球ドラフト会議】付属高2選手に指名

2023/11/01

箱根駅伝予選会を10位で通過

2023/10/31

Judo and the Bridges Between Cultures in the Vision of Matsumae Sensei

2023/10/01

【陸上競技部駅伝チーム】箱根駅伝予選会間もなく

2023/10/01

【日本インカレ】3年連続4度目の優勝

2023/10/01

【ボディビル部】川中選手がオールジャパンで優勝

2023/10/01

【海洋部】ヨット競技学生大会を連覇

2023/10/01

【相模中柔道部】創部史上初の3冠達成

2023/10/01

【静岡翔洋中野球部】投打がかみあい29年ぶりの栄冠

2023/10/01

【大阪仰星高柔道部】オール一本勝ちで春夏連覇

2023/09/01

夏の全国大会優勝

2023/09/01

全国の舞台で13年ぶりの決勝進出

2023/09/01

全国高校選手権で初優勝

2023/09/01

藤井選手が大宮アルディージャに内定

2023/09/01

在学生・卒業生がメダルラッシュ

2023/09/01

【柔道】パリ五輪日本代表に内定!