share

研究

2022/01/01

【沖ノ鳥島研究調査航海】

海洋学部が東京都と連携
望星丸で日本最南端へ

東京都と東海大学が昨年12月5、6日の2日間にわたって、海洋調査研修船「望星丸」(国際総トン数=2174トン)で日本最南端に位置する沖ノ鳥島周辺海域の研究調査を実施した。11月に両者が締結した「沖ノ鳥島及び沖ノ鳥島周辺海域における研究調査実施に係る協定」に基づいたもので、周辺海域の海洋調査は初めての試み。都職員や海洋学部の教員、大学院生、学生らによる調査団を乗せた望星丸は、12月2日に静岡市・清水港を出港。現地での調査を終えて10日に帰港した。

今回の研究調査航海は、日本最南端にあり、広大な排他的経済水域(EEZ)の根拠となる重要な国境離島として位置づけられている沖ノ鳥島(東京都小笠原村)について、周辺海域の維持・保全や利活用につながる手がかりを得ることが目的。東海大からは、静岡キャンパス長の山田吉彦教授(海洋学部)を調査責任者、石川智士教授(同)を主席調査員として、教職員や大学院生、学生、上河内信義船長ら望星丸スタッフが参加都職員や測量会社のスタッフらも合わせて計56人の調査団が結成され、準備が進められていた。

2日朝に、関係者に見送られて清水港を出港した望星丸は沖ノ鳥島までの最短航路を航行し、5日早朝に現地に到着すると、島の外周に沿って航行して外観を調査。また、直前に同海域周辺で発生していた台風21号の影響もあり強風下での調査を余儀なくされたため、風向きに対して島陰にあたる同島南側を中心に、望星丸に搭載されているマルチナロービームによる海底地形の解析に取り組んだ。

6日にはドローンによる島全景の撮影をはじめ、風速や気温といった気象調査、潮流、潮位などの海象調査、水温・塩分濃度、透明度などの水質調査を実施。また、環境DNA、プランクトン、マイクロプラスチック、栄養塩などの調査のために、水深5メートル付近の海水を採取した。気象条件などを踏まえてA U V(Autonomous Underwater Vehicle)を使った海底地形の撮影など一部の調査は実施が見送られたが、6日午後に現地での活動を終え、帰路についた。

帰港後も研究者による分析を経て調査結果を報告書にまとめるなど、市民の関心、理解につなげるための積極的な活用が図られる計画となっている。山田教授は、「調査航海の成果を生かし、具体的な活用法を打ち出すことで、国際的にEEZの明確な起点であることの主張につなげなくてはならない。そのためにも、国境離島の現状を多くの人々に知ってもらうよう今回の成果を広くアピールしていく」と話した。

関連記事=海洋学部の総力を挙げた調査 大学院生・学生の貴重な学びの場に

 

(写真上から)
▼全周12キロほどのサンゴの環礁に囲まれた沖ノ鳥島周辺海域で調査にあたる望星丸(海洋学部・馬塲久紀准教授の研究室がドローンで撮影)。周辺海域における海洋調査は初めての試みであるとともに、同島に関する総合的な調査は2005年に日本財団が実施して以来、16年ぶりの取り組みとなった
▼投下式塩分水温深度計(XCTD)を使った調査も実施
▼清水港に帰港した望星丸を関係者が出迎えた

研究記事一覧

2022/09/01

【工学部】航空宇宙工学技術を船舶に

2022/09/01

SPORTEC2022で合同企画

2022/09/01

人材育成とイノベーション創出で

2022/09/01

「熱音響冷却システム」の実証実験

2022/09/01

東伊豆・稲取漁港で多彩な企画

2022/08/01

海洋ロボティックス分野の未来を考える

2022/08/01

【医学部医学科】心血管治療用カテーテル開発で

2022/07/01

ISPRSからフェローの称号

2022/07/01

【教養学部】小田原市民会館の壁画を修復・保存

2022/06/01

【海洋学部】新種のゴカイ類を発見

2022/06/01

【教養学部】 アクースモニウムの公演に評価

2022/06/01

【東海大】研究活動活性化を担う2人のURA教員が着任

2022/05/01

細胞外小胞を介したがん発症メカニズムを発見

2022/05/01

【医学部付属病院】日本初の次世代CT導入を決定

2022/05/01

【理学部】中野講師の論文に評価

2022/04/01

沖ノ鳥島研究調査の結果を紹介

2022/04/01

【医学部医学科】後藤教授に「中谷賞 大賞」

2022/03/01

4件の研究で支援を募る

2022/02/01

【湘南】災害時に役立つ仕組みを紹介

2022/02/01

コロナ禍のSNS活用法を分析

2022/02/01

長谷部教授が「榊賞」受賞

2022/02/01

【海洋学部】「三保サーモン」本格販売開始

2022/01/01

世界から注目集める新技術

2022/01/01

「デルタ株」の高い病原性と原因変異を特定

2022/01/01

リカレント教育講座がスタート

2021/12/01

新型コロナ「ミュー株」の強い抗体抵抗性を確認

2021/12/01

急性肝障害の新規治療法開発に期待

2021/11/01

PEG10遺伝子の胎盤機能維持機構を解明

2021/11/01

【理学部】体臭改善の効果を調査

2021/10/01

看護研究会が学術集会

2021/10/01

クラウドファンディングで支援募り

2021/10/01

【工学部】自動車内燃機関の効率化を追求

2021/09/01

身体性の観点から哲学・脳科学・臨床をつなぐ

2021/09/01

X染色体不活化異常の原因を解明

2021/08/05

“文理”の研究者が成果を報告

2021/08/01

コロナ禍の収束目指しマップで啓発

2021/08/01

【総合農学研究所】互いの強みを生かして連携

2021/07/01

高被引用文献上位1%に選出

2021/07/01

iPS・ES細胞の神経分化制御遺伝子を発見

2021/07/01

【工学部・木村英樹教授】フェローの称号認定

2021/07/01

【工学部】ソーラー無人飛行機に世界最優秀賞

2021/07/01

新たな研究支援施策がスタート

2021/06/01

日本設計工学会でMIR賞

2021/06/01

糖尿病性腎臓病早期診断マーカー発見

2021/05/01

選手の強さを科学的に分析

2021/05/01

7件の研究が採択

2021/04/01

【海洋研究所】国際ワークショップを開催

2021/03/01

研究交流会の各賞が決定

2021/02/01

アジア磁気共鳴医学会の会長に

2021/01/01

【研究交流会】異分野融合の未来を考える