share

スポーツ

2020/11/01

関東大学リーグ戦2部で熱戦

【女子サッカー部】個々の特長を生かした戦術で 

新型コロナウイルスの感染拡大を受けて東海大学 女子サッカー部の運動部は4月から活動を自粛してきた。女子サッカー部は8月30日に関東大学女子リーグ戦2部の開幕を控えていたことから、7月1日に活動を再開。創部10年目の今年、新型コロナの影響を受けながらもサッカーができる喜びを感じ、笑顔でボールを追うチームに迫った。 (取材=小野哲史)

関東大学リーグ2部で、女子サッカー部が熱い戦いを続けている。新型コロナの感染拡大防止のため、4月からの3カ月間、チーム練習は全くできなかった。その間は学生コーチが用意したトレーニングを各自で行うのみ。例年、3月、5月、夏休みに行っている合宿も中止になり、井上理子主将(文学部4年)は、「入学したばかりの1年生とはコミュニケーションが図れず、チームづくりも3月までの下積みが一からになる。不安でした」と明かす。

ようやく活動を再開できた当時を内山秀一監督(体育学部教授)は、「最初は動きが悪く、リフティングもまともにできなかった」と語るが、井上主将は「広いグラウンドでサッカーをできるのがうれしかった」と振り返る。練習時間や人数の制限がある中とはいえ、チームは前に歩み始めた。

創部10年の節目 「挑越」テーマに掲げ
今年度は、近年のリーグ戦での低迷を打開するべく、戦い方を変えた。前線に早めにロングボールを蹴り込んで攻める昨年までのスタイルから、短いパスをテンポよくつないでゲームを進めるスタイルを目指している。一人ひとりの特長を生かしたサッカーは着実に浸透しつつあり、リーグ戦は開幕戦を3年ぶりに白星で飾った。

第2節以降、思うように勝ち点を伸ばせていなかったものの、内山監督は「自分たちのよさは発揮できている」と分析する。「パスの速さや判断の速さを相手に合わせてしまうことがある。練習でのスピード感を試合のレベルに合わせてワンランク上げられれば、結果もついてくる」と語っていた。

その言葉どおり、10月11日の国士舘大学戦では終盤に追いついて引き分け、18日の尚美学園大学戦は1―0、25日の日本女子体育大学戦は3―0で3勝目を挙げ、5位に浮上している。
 

湘南校舎のサッカー場でのホームゲームも、感染防止対策から無観客での開催を余儀なくされている。井上主将は、「試合に出ていない部員の応援も力になっていたので、それがないのは残念」と話すが、立ち止まってはいられない。創部から10 年という節目に掲げるスローガンは「挑越」。終盤に差しかかったリーグ戦で、1つでも上の順位を見据えて走り抜く。

 

(写真上)湘南校舎のサッカー場で練習に励む選手たち
(写真下)試合前にはソーシャルディスタンスを保って記念撮影

スポーツ記事一覧

2024/05/01

【全日本選抜体重別選手権】太田選手が連覇を達成

2024/05/01

【静岡キャンパス】女子硬式野球部が創部

2024/05/01

【静岡翔洋高女子野球部】激戦勝ち上がり選抜準V

2024/05/01

皇后盃で児玉選手が準優勝

2024/05/01

フランス柔道連盟に協力

2024/05/01

FC町田ゼルビアに入団内定

2024/04/01

【ライフセービング】2年ぶりに年間王者を奪還

2024/04/01

【福岡高】7年ぶりの選抜出場

2024/04/01

“最後のノック”で教え子にエール

2024/04/01

【春の注目★】自慢の直球を武器にチームを全国へ

2024/04/01

【春の注目★】充実の練習環境でプロ目指す

2024/03/01

【ライフセービング】プールインカレ女子総合で3連覇

2024/03/01

【スキー部】インカレで渡邉選手が2冠

2024/03/01

【駅伝チーム】新年度に向け走り込み

2024/03/01

【福岡高野球部】“全員レギュラー”掲げ切磋琢

2024/02/01

【福岡高】7年ぶり3度目の春切符

2024/02/01

リーグ5位からインカレ準V

2024/02/01

【陸上競技部駅伝チーム】シード権まで70秒に迫る

2024/02/01

【相模高】女子駅伝チームが初の都大路に

2024/01/01

【柔道・グランドスラム東京】

2024/01/01

【バレーボール】女子が全日本インカレ準優勝

2024/01/01

【陸上競技部駅伝チーム】シード権奪還に手応え

2023/12/01

経験豊富な“4年生トリオ”を中心に

2023/12/01

【駅伝チーム】主力を欠くも全日本9位

2023/12/01

【ラグビー部】関東リーグ最多6連覇

2023/11/01

【女子柔道部】込山選手が個人戦初優勝

2023/11/01

【女子柔道部】全日本学生体重別団体を連覇

2023/11/01

【ライフセービングクラブ】男子総合V 女子総合準V

2023/11/01

【ボディビル部】フィジーク部門で初の大学日本一

2023/11/01

【ラート部】インカレで好成績

2023/11/01

【プロ野球ドラフト会議】付属高2選手に指名

2023/11/01

箱根駅伝予選会を10位で通過

2023/10/31

Judo and the Bridges Between Cultures in the Vision of Matsumae Sensei

2023/10/01

【陸上競技部駅伝チーム】箱根駅伝予選会間もなく

2023/10/01

【日本インカレ】3年連続4度目の優勝

2023/10/01

【ボディビル部】川中選手がオールジャパンで優勝

2023/10/01

【海洋部】ヨット競技学生大会を連覇

2023/10/01

【相模中柔道部】創部史上初の3冠達成

2023/10/01

【静岡翔洋中野球部】投打がかみあい29年ぶりの栄冠

2023/10/01

【大阪仰星高柔道部】オール一本勝ちで春夏連覇

2023/09/01

夏の全国大会優勝

2023/09/01

全国の舞台で13年ぶりの決勝進出

2023/09/01

全国高校選手権で初優勝

2023/09/01

藤井選手が大宮アルディージャに内定

2023/09/01

在学生・卒業生がメダルラッシュ

2023/09/01

【柔道】パリ五輪日本代表に内定!

2023/09/01

【駅伝チーム】「些細な取り組み」が

2023/09/01

手塚選手「エースの意地」見せ

2023/09/01

柔道男子81キロ級で大阪仰星高・仁保選手Ⅴ

2023/08/01

【熊本星翔高&甲府高】甲子園出場決定!