share

スポーツ

2022/05/01

「Invitation Match」で新入生を歓迎

【スポーツ・レジャーマネジメント学科】

ホームゲーム運営の経験生かす

4月1、2日に湘南校舎で新入生歓迎イベント「Tokai EntranceFestival 2022」が開かれた。その一環で男子バスケットボール部や女子バレーボール部、ラグビーフットボール部による「Invitation Match」が行われ、体育学部スポーツ・レジャーマネジメント学科の学生たちが運営を担当した。

 

多くの新入生が会場を訪れ、選手たちに

手拍子やメガホンでエールを送った

「選手たちを応援しながら、スポーツ観戦を楽しみましょう!」「大学日本一の選手たちによる熱いプレーを間近で見てみませんか?」。試合前のラグビー場や総合体育館周辺では、マスク越しに観戦を呼びかける学生たちの声が響いた。会場で配布されたさまざまなスポーツのピクトグラムが描かれたオリジナルTシャツやスーツを着た新入生たちがスタンドを埋める。貸し出されたメガホンを叩いたり、拍手をしたりして、選手たちのプレーを後押し。「大学に入ったら、学生スポーツの応援もしてみたいと思っていたので、さっそく実現してうれしい」「選手たちはとてもかっこよく、また試合を見に行きたい」と笑顔を見せていた。

 

心を動かすスポーツの力 選手からも感謝の言葉

スポーツ・レジャーマネジメント学科では2008年度から湘南校舎で行われる男子バスケットボール部や女子ハンドボール部の公式戦をホームゲームとして運営している。岡田千佳さん(4年)は、「バレーとラグビーの試合運営は初めて。試合の流れや競技の特徴を学ぶところからスタートしました」と振り返る。

 

得点時や選手交代のアナウンス、BGMを入れるタイミングなどはプロの試合映像などを参考にして準備を重ねた。「一体感を演出したい」と株式会社エイブルの協賛を受けて制作したオリジナルTシャツは、よりよいデザインを模索してきた「努力の結晶」だ。

 

各試合のハーフタイムやセット間にはオリジナルの動画も上映。齊藤千紘さん(3年)と佐野成泉さん(同)は、「これまで積み重ねてきた知識を応用して各試合を盛り上げることができた」と充実した表情で口をそろえていた。

 

会場入り口ではTシャツやパンフレット

などを手渡した

試合後、各チームの選手たちから「多くの新入生に応援してもらい、力になりました」「この舞台を準備してくれた学生たちに心から感謝しています」といった声が聞かれた。運営を担当した学生たちは一様に「御礼の言葉や“楽しかった”という感想を聞いたときがいちばんうれしい」と話していた。統括を担当した川原ゆりかさん(同)は、「スポーツには人の心を動かす力があります。今後もホームゲームなどを通じて、大学を盛り上げたい」と語る。

 

同学科では、4月23 、24日にも女子ハンドボール部の関東大学春季リーグ戦をホームゲームとして運営。リーグの方針により、無観客試合だったため、一般社団法人大学スポーツ協会(UNIVAS)と協力して、試合をオンライン配信した。指導にあたる伊藤栄治教授は、「学生たちは失敗の許されない緊張感と闘いながら、かけがえのない経験を積んでいます。今後も、本学科独自の教育プログラムとしてよりよいものにしていきたい」と話している。

 

【もう一つの話題】

ホームゲームを高評価 UNIVASから表彰

スポーツ・レジャーマネジメント学科がこのほど、一般社団法人大学スポーツ協会による「UNIVAS AWARDS 2020-21」の「KDDI賞『大会・プロモーションに関する優秀取組賞』」の優秀賞を受賞。3月28日に、表彰式の様子がライブ配信された。同学科が昨年4月に実施した女子ハンドボール部のホームゲーム配信が評価されたもの。表彰式では、同学科の関田侑莉子さん(1年=当時)が、田中大貴アナウンサーらとともに司会を務めた。

 

また、21年度に実施された32競技の大会成績で年間王者を争う「総合ランキング」では東海大学が3位に入賞した。

 

関連記事=新しいスタイルの入学イベント「Tokai Entrance Festival 2022」

スポーツ記事一覧

2022/09/01

【男子バスケ部】4つの国と地域の大学が参戦

2022/09/01

【静岡翔洋中 軟式野球部】試合を重ねる中で成長

2022/08/01

【札幌・陸上競技部】北日本インカレで好成績

2022/08/01

【男女バレーボール部】充実期を迎えた選手たち

2022/08/01

【男女柔道部】全日本学生優勝大会V

2022/07/01

【札幌野球部】渡部選手が史上7人目の快挙

2022/07/01

【駅伝チーム】吉田選手・梶谷選手が好走

2022/07/01

【デフリンピック】バドミントン・太田選手

2022/07/01

【バレーボール】関東大学春季リーグ戦

2022/07/01

【速報】全日本学生優勝大会

2022/07/01

【陸上競技部】飯澤選手が男子1500メートルで日本一

2022/06/01

黒鷲旗で大学勢初の4強に

2022/06/01

【デフリンピック】水泳・茨選手が7つのメダル

2022/06/01

【女子ハンドボール】春季リーグ戦で初優勝

2022/06/01

【駅伝チーム】昨年度の悔しさを胸に

2022/06/01

【九州ゴルフ部】個人・団体で男女同時V

2022/06/01

陸上競技部の選手たちが各大会で好成績

2022/06/01

【湘南・札幌野球部】全日本大学選手権出場決定

2022/05/01

【陸上競技部】1500メートル 飯澤選手

2022/04/01

【スキー部】中村選手が学生日本一

2022/04/01

【ライフセービングクラブ】全日本学生シリーズⅤ

2022/03/01

【札幌高スキー部】全国高校大会男子総合V

2022/03/01

冬場の成長示す選抜大会

2022/03/01

ライフセービング・プールインカレ女子総合V

2022/03/01

【北京冬季五輪】日本初の銀メダル獲得に貢献

2022/02/01

【男子柔道】太田選手が全日本選手権初V

2022/02/01

【大阪仰星高ラグビー部】4大会ぶり6度目のV

2022/02/01

【2/4~20】北京五輪に卒業生4選手が出場

2022/02/01

【駅伝チーム】ルーキーが鮮烈デビュー

2022/02/01

【ラグビー】大学選手権ベスト4

2022/01/01

【男子柔道】体重別団体12度目の優勝

2022/01/01

【女子バレー】全日本インカレ8度目のV

2022/01/01

東京五輪・パラ選手ら報告会

2022/01/01

【ラグビー部】関東大学リーグ戦4連覇

2022/01/01

【駅伝チーム】悔しさ糧に上位進出へ

2021/12/01

【男女柔道部】2大会連続で男女同時優勝!

2021/12/01

箱根路で「意地を見せる」

2021/11/01

【ラグビー部】総力戦で4連覇目指す

2021/11/01

長野県スポーツ栄誉賞受賞

2021/11/01

出雲路悔しい総合9位

2021/10/01

【10/10】出雲路でシーズン開幕

2021/10/01

選手主体の練習で総理大臣杯初出場

2021/10/01

【札幌準硬式野球部】全員野球で清瀬杯初優勝

2021/10/01

【相模高・中柔道部】インハイ&全中で4選手V

2021/10/01

【パラ五輪女子マラソン】金メダル獲得に貢献

2021/09/01

【東京五輪】柔道男子100キロ級・ウルフ選手

2021/09/01

【ダンスドリル】静岡翔洋中・高が2部門でV

2021/09/01

【陸上競技】デーデー選手が得た「財産」

2021/09/01

【インターハイ】北川選手が走り幅跳びでV

2021/09/01

【東京五輪】柔道金メダリストらが成果を報告