share

スポーツ

2022/05/01

「Invitation Match」で新入生を歓迎

【スポーツ・レジャーマネジメント学科】

ホームゲーム運営の経験生かす

4月1、2日に湘南校舎で新入生歓迎イベント「Tokai EntranceFestival 2022」が開かれた。その一環で男子バスケットボール部や女子バレーボール部、ラグビーフットボール部による「Invitation Match」が行われ、体育学部スポーツ・レジャーマネジメント学科の学生たちが運営を担当した。

 

多くの新入生が会場を訪れ、選手たちに

手拍子やメガホンでエールを送った

「選手たちを応援しながら、スポーツ観戦を楽しみましょう!」「大学日本一の選手たちによる熱いプレーを間近で見てみませんか?」。試合前のラグビー場や総合体育館周辺では、マスク越しに観戦を呼びかける学生たちの声が響いた。会場で配布されたさまざまなスポーツのピクトグラムが描かれたオリジナルTシャツやスーツを着た新入生たちがスタンドを埋める。貸し出されたメガホンを叩いたり、拍手をしたりして、選手たちのプレーを後押し。「大学に入ったら、学生スポーツの応援もしてみたいと思っていたので、さっそく実現してうれしい」「選手たちはとてもかっこよく、また試合を見に行きたい」と笑顔を見せていた。

 

心を動かすスポーツの力 選手からも感謝の言葉

スポーツ・レジャーマネジメント学科では2008年度から湘南校舎で行われる男子バスケットボール部や女子ハンドボール部の公式戦をホームゲームとして運営している。岡田千佳さん(4年)は、「バレーとラグビーの試合運営は初めて。試合の流れや競技の特徴を学ぶところからスタートしました」と振り返る。

 

得点時や選手交代のアナウンス、BGMを入れるタイミングなどはプロの試合映像などを参考にして準備を重ねた。「一体感を演出したい」と株式会社エイブルの協賛を受けて制作したオリジナルTシャツは、よりよいデザインを模索してきた「努力の結晶」だ。

 

各試合のハーフタイムやセット間にはオリジナルの動画も上映。齊藤千紘さん(3年)と佐野成泉さん(同)は、「これまで積み重ねてきた知識を応用して各試合を盛り上げることができた」と充実した表情で口をそろえていた。

 

会場入り口ではTシャツやパンフレット

などを手渡した

試合後、各チームの選手たちから「多くの新入生に応援してもらい、力になりました」「この舞台を準備してくれた学生たちに心から感謝しています」といった声が聞かれた。運営を担当した学生たちは一様に「御礼の言葉や“楽しかった”という感想を聞いたときがいちばんうれしい」と話していた。統括を担当した川原ゆりかさん(同)は、「スポーツには人の心を動かす力があります。今後もホームゲームなどを通じて、大学を盛り上げたい」と語る。

 

同学科では、4月23 、24日にも女子ハンドボール部の関東大学春季リーグ戦をホームゲームとして運営。リーグの方針により、無観客試合だったため、一般社団法人大学スポーツ協会(UNIVAS)と協力して、試合をオンライン配信した。指導にあたる伊藤栄治教授は、「学生たちは失敗の許されない緊張感と闘いながら、かけがえのない経験を積んでいます。今後も、本学科独自の教育プログラムとしてよりよいものにしていきたい」と話している。

 

【もう一つの話題】

ホームゲームを高評価 UNIVASから表彰

スポーツ・レジャーマネジメント学科がこのほど、一般社団法人大学スポーツ協会による「UNIVAS AWARDS 2020-21」の「KDDI賞『大会・プロモーションに関する優秀取組賞』」の優秀賞を受賞。3月28日に、表彰式の様子がライブ配信された。同学科が昨年4月に実施した女子ハンドボール部のホームゲーム配信が評価されたもの。表彰式では、同学科の関田侑莉子さん(1年=当時)が、田中大貴アナウンサーらとともに司会を務めた。

 

また、21年度に実施された32競技の大会成績で年間王者を争う「総合ランキング」では東海大学が3位に入賞した。

 

関連記事=新しいスタイルの入学イベント「Tokai Entrance Festival 2022」

スポーツ記事一覧

2024/06/01

7年ぶりの全日本出場決定

2024/06/01

【陸上競技部】関東インカレで好成績

2024/06/01

【熊本ゴルフ部】男女で春季リーグ戦制覇

2024/06/01

【静岡キャンパス女子硬式野球部】公式戦初陣に臨む

2024/05/01

【全日本選抜体重別選手権】太田選手が連覇を達成

2024/05/01

【静岡キャンパス】女子硬式野球部が創部

2024/05/01

【静岡翔洋高女子野球部】激戦勝ち上がり選抜準V

2024/05/01

皇后盃で児玉選手が準優勝

2024/05/01

フランス柔道連盟に協力

2024/05/01

FC町田ゼルビアに入団内定

2024/04/01

【ライフセービング】2年ぶりに年間王者を奪還

2024/04/01

【福岡高】7年ぶりの選抜出場

2024/04/01

“最後のノック”で教え子にエール

2024/04/01

【春の注目★】自慢の直球を武器にチームを全国へ

2024/04/01

【春の注目★】充実の練習環境でプロ目指す

2024/03/01

【ライフセービング】プールインカレ女子総合で3連覇

2024/03/01

【スキー部】インカレで渡邉選手が2冠

2024/03/01

【駅伝チーム】新年度に向け走り込み

2024/03/01

【福岡高野球部】“全員レギュラー”掲げ切磋琢

2024/02/01

【福岡高】7年ぶり3度目の春切符

2024/02/01

リーグ5位からインカレ準V

2024/02/01

【陸上競技部駅伝チーム】シード権まで70秒に迫る

2024/02/01

【相模高】女子駅伝チームが初の都大路に

2024/01/01

【柔道・グランドスラム東京】

2024/01/01

【バレーボール】女子が全日本インカレ準優勝

2024/01/01

【陸上競技部駅伝チーム】シード権奪還に手応え

2023/12/01

経験豊富な“4年生トリオ”を中心に

2023/12/01

【駅伝チーム】主力を欠くも全日本9位

2023/12/01

【ラグビー部】関東リーグ最多6連覇

2023/11/01

【女子柔道部】込山選手が個人戦初優勝

2023/11/01

【女子柔道部】全日本学生体重別団体を連覇

2023/11/01

【ライフセービングクラブ】男子総合V 女子総合準V

2023/11/01

【ボディビル部】フィジーク部門で初の大学日本一

2023/11/01

【ラート部】インカレで好成績

2023/11/01

【プロ野球ドラフト会議】付属高2選手に指名

2023/11/01

箱根駅伝予選会を10位で通過

2023/10/31

Judo and the Bridges Between Cultures in the Vision of Matsumae Sensei

2023/10/01

【陸上競技部駅伝チーム】箱根駅伝予選会間もなく

2023/10/01

【日本インカレ】3年連続4度目の優勝

2023/10/01

【ボディビル部】川中選手がオールジャパンで優勝

2023/10/01

【海洋部】ヨット競技学生大会を連覇

2023/10/01

【相模中柔道部】創部史上初の3冠達成

2023/10/01

【静岡翔洋中野球部】投打がかみあい29年ぶりの栄冠

2023/10/01

【大阪仰星高柔道部】オール一本勝ちで春夏連覇

2023/09/01

夏の全国大会優勝

2023/09/01

全国の舞台で13年ぶりの決勝進出

2023/09/01

全国高校選手権で初優勝

2023/09/01

藤井選手が大宮アルディージャに内定

2023/09/01

在学生・卒業生がメダルラッシュ

2023/09/01

【柔道】パリ五輪日本代表に内定!