share

研究

2020/09/01

核不拡散と安全を考察

国際原子力研究所が第1回講演会

東海大学国際原子力研究所の第1回講演会が、8月5日にオンラインで開催された。4月に開設された同研究所が、工学部原子力工学科の学生に最新情報を発信することが目的。「核不拡散と核セキュリティ」をテーマに、日本原子力研究開発機構の井上尚子氏(核不拡散・核セキュリティ総合支援センター能力構築国際支援室室長)が講演し、約40人が参加した。

同研究所は、東海大が60年以上にわたって展開してきた原子力・放射線分野の教育・研究の伝統と成果を引き継ぎ、さらなる研究発展と高度な専門性を持った人材の育成につなげることを目的に設置された。

東海大は、1956年に工学部応用理学科原子力工学専攻(現・工学部原子力工学科)を設置し、日本の大学に先駆けて原子力分野の研究と人材育成を展開してきた。長年にわたって原子力開発機構で研究開発に携わってきた同学科の堺公明教授は、「東海大の卒業生は原子力利用のさまざまな現場でキーパーソンとして活躍しており、この分野の屋台骨を支える存在になっている」と語る。

2010年代からは国際連携も強化。原子力発電所の建設を目指すアジア諸国から研修生を受け入れてきたほか、13年からは国際原子力機関と協力して「原子力の国際安全基準研修コース」を毎年開催している。22年に予定されている東海大の改組で原子力工学科が応用化学科を中心に工学部内で再編されることを受け、国際連携事業も引き継ぐ予定だ。

安全を支える人材育成へ最新の情報を紹介
講演では井上氏が、医療や教育・研究、発電など幅広い領域で利用されている核物質の軍事転用を防ぎ、平和利用を担保する核不拡散と、核・放射性物質および原子力施設等がテロなどの犯罪に利用されることを防止する核セキュリティについて解説。国際的な枠組みや基本的な考え方、取り組みに触れ、日本原子力研究開発機構による核物質の非破壊測定・検知や鑑識技術に関する研究と、核不拡散と核セキュリティを担う人材を育成する研修プログラムの概要を紹介した。

堺教授は、「原子力工学には、高い倫理感や社会的な課題に対する広い視野と問題意識を持ちつつ、深い専門性を持った人材が欠かせません。今回の講演も、そうした問題意識を培うよい機会になったと考えています。今後も国内外の機関と連携した教育・研究を展開し、最新の情報を発信する機会を積極的に設けたい」と話している。


【所長インタビュー】持続可能な社会の実現に貢献する
国際原子力研究所 稲津敏行 所長(副学長)

東海大学が原子力分野の研究と人材育成を手掛けてきた背景には、創立者・松前重義博士の「大きな力を持つ技術だからこそ、人類の発展のために活用すべきである」という強い思いがあります。国際原子力研究所では、工学部原子力工学科が受け継いできたこの理念を継承し、さらに発展させていきたいと考えています。

研究領域では近年、学部や学科の枠にとらわれない「研究所」の方が、組織内外の研究者同士の連携が進みやすい傾向にあります。「原子力」は工学だけでなく、環境問題や社会制度、政策などもかかわる社会性の強い分野でもあります。本研究所でも、工学のみならず、医学や農学、政治学など幅広い分野と共同研究を展開しながら、持続可能な社会の実現にも貢献していきたいと考えています。

また分野横断型の共同研究に携わることで、学生たちもこれまで以上に大きく成長する環境が用意できると期待しています。原子力分野で活躍する人材には、社会全般についての広い視野と極めて高度な専門知識、倫理感が求められます。大学院生が研究所の手掛ける共同研究に参画しながら、そうした力を磨く機能も持たせたいと考えています。

今年8月にはアラブ首長国連邦で同国初の原子力発電所の運用が始まるなど、原子力人材へのニーズは世界的に高まっています。国際原子力機関や国内の研究機関と連携し、原子力安全を学ぶ教育プログラムも開発・展開していきます。

 

(写真)講演では、技術や枠組みだけでなく文化の重要性が紹介された

研究記事一覧

2024/06/01

茨城県北部の中小企業と交流

2024/06/01

【海洋学部】「しんかい6500」で調査へ

2024/06/01

【文明研究所】安達助教がアンバサダーに就任

2024/06/01

産学連携でボードゲームを開発

2024/06/01

【海洋学部・山田教授】日本外国特派員協会で会見

2024/06/01

【工学部】機械工学・工業の発展に貢献

2024/05/01

【農学部】木下准教授らの乳酸菌研究の成果生かし

2024/05/01

温泉を活用したアスリート支援

2024/05/01

【医学部医学科】 網野准教授の研究が評価

2024/04/01

【東海大学研究Day】全学の研究者の集い

2024/04/01

【東海大学】研究機器共同利用の促進へ

2024/04/01

特定助教・特定助手制度テーマに

2024/04/01

【札幌】研究・作品展示交流会で

2024/04/01

目指せ!東海大発のスタートアップ

2024/04/01

【医学部付属病院】急性出血性直腸潰瘍の研究

2024/04/01

英国王立化学会誌のカバーを飾る

2024/03/01

【建築都市学部】 山川教授らが世界最優秀賞に

2024/03/01

【東海大学】 早稲田大などとシンポジウム

2024/03/01

血液透析患者の予後を大規模データで解析

2024/03/01

【生物科学研究科】若手研究者支援に採択

2024/03/01

【工学研究科】リチウムイオン電池の研究で

2024/03/01

【生物学研究科】田中さんが最優秀学生講演賞

2024/03/01

【理学研究科】大河内さんが審査員奨励賞

2024/02/01

【TRIC】宇宙考古学研究の最前線

2024/02/01

高度な研究に専念できる環境を支援

2024/02/01

【生物学部】北准教授の研究グループが

2024/02/01

【政治経済学部】国際ワークショップを開催

2024/02/01

【医学部】アメリカ外科学会が功績をたたえる

2024/02/01

【医学部医学科】血小板の活性を抑制する

2024/01/01

アジア農業シンポジウムを開催

2024/01/01

【教養学部】池村教授に環境芸術学会賞

2024/01/01

【品川キャンパス】関東大震災から100年

2024/01/01

中国・清華大と共同セミナー

2023/12/01

【文明研究所】劇作家・北條秀司研究の成果を披露

2023/12/01

【文理融合学部】「電気式人工喉頭」開発に貢献

2023/12/01

【海洋学部】山田教授に離島振興協議会特別表彰

2023/12/01

【児童教育学部】雲財講師が論文賞受賞

2023/12/01

【医学部医学科】 膝軟骨を「細胞シート」で再生する

2023/12/01

【医学部医学科】 和佐野准教授に学会賞

2023/12/01

【医学部看護学科】ウイルス由来遺伝子の機能解明

2023/11/01

【先進生命科学研究所】セレン化合物の研究で

2023/11/01

【観光学部】移動体通信の利便性向上

2023/11/01

【医学部医学科】今井講師に消化器免疫学会奨励賞

2023/11/01

【建築都市学部】LEDの“まぶしさ”を計測

2023/10/01

研究力強化へ「次世代研究創成拠点」設置

2023/10/01

【工学部】微細脳血管手術に新たな光

2023/10/01

KMITLとジョイントセミナー

2023/10/01

【静岡キャンパス】国際漁業学芸大会シンポジウム

2023/10/01

研究シーズを企業にアピール

2023/10/01

【医学部医学科】AIで革新的診断技術を開発