share

ひと

2013/10/01

祖父を描き学生絵画の頂点に

野村早佑実さん(菅生高校2年)

背丈より高い縦162センチ、横130センチのカンバスいっぱいに、年輪を刻んだ顔。菅生高校美術部の野村早佑実さん(2年)が祖父を描いた大作「時代」だ。「第63回全日本学生油絵コンクール」(学展)で総出展作品数1831点の中から見事、大賞を受賞。8月2日から10日まで、東京・上野の東京都美術館に展示された。

小学生から大学生までの学生美術の祭典として知られる学展は60年以上の歴史があり、版画家の池田満寿夫など多くの才能が輩出している。

「頑固な祖父の存在感を表現したかった」と野村さん。顧問の森田和昌講師は、「優れた描写力が白髪や皺の一本一本の描き込みに生かされた」と評価する。野村さんが絵を描き始めたのは、保育園のころ。サクランボの木を描き、先生に「すごいね!」と褒められたことがうれしかった。「本当は、実を描いていたら木全体を描きなさいと注意されて“よし、見返してやろう!”と頑張ったんです」

クレヨンから色鉛筆、水彩絵具、油絵具と成長とともに道具は変わったが、見かけによらぬ負けず嫌いは変わらない。そのエネルギーが、初めての大作挑戦ではじけた。「日本一」の栄冠に家族は皆、喜んでくれたが、「祖父はまだ見ていないので、褒めてくれない」。でも、そんな祖父が大好きだという。「表現の世界をもっと広げたい。自分にしか描けないものをずっと描き続けたい」

ひと記事一覧

2024/02/01

野球とスケルトンの二刀流

2024/01/01

“快速登山”アジア7位

2023/12/01

プロ球界で活躍誓う

2023/11/01

トビタテ! 留学JAPANで2カ月ポーランドに滞在

2023/08/01

シーカヤックで600キロを単独航行

2023/07/01

診断機器の研究開発で学会の「大会長賞」

2023/06/01

小児がん患者を支援 活動を通じて理解促進目指す

2023/04/01

【相模中】特許6件取得の“若き発明家”

2022/09/01

人馬一体で全国へ

2022/06/01

全国大会で3位に躍進「やりたいことはすべて挑戦」

2022/06/01

エスパルスのベストスタッフに

2022/04/01

学生団体「Voice」設立

2022/03/01

MYボトルデザインで環境大臣賞に輝く

2021/12/01

フルコンタクト空手の全国大会で優勝

2021/11/01

2年連続で最優秀賞

2021/10/01

【湘南】原子炉内のガスの動きを解析

2021/07/01

集大成のリサイタル

2021/06/01

ボクシングでプロデビュー

2021/05/01

聖地でかなえた「家族の夢」

2021/02/01

母国での水素技術活用を目指す

2020/12/01

津軽鉄道の取り組みを調査

2020/11/01

柔の道から角界入り 「一つでも上の番付に」

2020/09/01

日本機械学会で2年連続受賞

2020/03/01

ミス・インターナショナル・ジャパン準グランプリ

2019/10/01

金メダルに輝いた3選手

2019/08/01

政治の現場に飛び込む

2019/04/01

女性団員初の応援団長に就任

2019/03/01

横浜駅での人命救助で表彰

2019/01/01

東京パラ期待の新星

2018/11/01

移民問題を考える

2018/11/01

シルク・ドゥ・ソレイユ特別公演に出演

2018/11/01

シリア代表で世界に挑む

2018/08/01

トビタテ! 留学JAPANでペルーに渡る

2018/05/01

再び五輪の舞台へ

2018/03/01

学生国際ボランティアに参加

2018/02/01

新たな研究分野 特撮ツーリズム

2018/02/01

「弟の夢」とともに 東京パラ五輪へ

2018/01/01

U23日本デュアスロン選手権で優勝

2017/12/01

東久邇宮文化褒章を受章

2017/10/01

全日本サーフィン選手権V

2017/09/01

第59次南極越冬隊の一員に

2017/08/01

2つのギネス記録を樹立

2017/07/01

国際学会で高い評価

2017/06/01

フロアボール世界大会に出場

2017/05/01

子どもに初めてのオーケストラ体験を届ける

2017/02/01

宇宙に住む時代に 恩師と貢献したい

2016/11/01

銀に導いたガイドランナー

2016/08/01

阿蘇の風景や動物大切な場所を残す

2016/06/01

望星丸の総責任者に就任

2016/04/01

星新一賞を受賞