share

ひと

2018/11/01

シリア代表で世界に挑む

日本で技術を磨き 目指すは東京五輪
体操競技部 アル・スレイマン・ヤザン選手(別科日本語研修課程)

内戦が続く母国・シリアを離れ、日本で体操の技術を学び、東京五輪を目指す―。途上国のアスリートを受け入れる「IOCオリンピックソリダリティ2020年東京オリンピックプログラム」で、4月から湘南校舎の体操競技部で練習に励むヤザン選手。10 月25日から11月3日までカタールで開かれている世界選手権大会のゆかとあん馬に、シリア代表で出場している。

体操が好きな父の勧めで4歳から競技を始め、シリア代表チームにも選ばれて練習を重ねてきた。来日当初は日本語もほとんど話せず苦労もあったというが、「授業で習ったことを家に帰って復習したり、チームメートと話したりするうちに会話はずいぶんできるようになってきた」という。「漢字はまだ苦手……」と苦笑するが、練習の合間には部員と談笑するなど、すっかり溶け込んでいる。

シリア代表コーチとして帯同する体操競技部の小西康仁コーチ(体育学部非常勤講師)は、「明るく、どんなことも吸収したいという意欲にあふれているので、基礎からもう一度しっかり鍛えていけば、さらに成長できる」と期待する。「夢は東京五輪」と言いきるヤザン選手。間近に迫った大舞台へ、進化を加速する。(10月26日記)
 
(写真)「世界選手権で経験を積みたい」と意気込む

ひと記事一覧

2022/09/01

人馬一体で全国へ

2022/06/01

全国大会で3位に躍進「やりたいことはすべて挑戦」

2022/06/01

エスパルスのベストスタッフに

2022/04/01

学生団体「Voice」設立

2022/03/01

MYボトルデザインで環境大臣賞に輝く

2021/12/01

フルコンタクト空手の全国大会で優勝

2021/11/01

2年連続で最優秀賞

2021/10/01

【湘南】原子炉内のガスの動きを解析

2021/07/01

集大成のリサイタル

2021/06/01

ボクシングでプロデビュー

2021/05/01

聖地でかなえた「家族の夢」

2021/02/01

母国での水素技術活用を目指す

2020/12/01

津軽鉄道の取り組みを調査

2020/11/01

柔の道から角界入り 「一つでも上の番付に」

2020/09/01

日本機械学会で2年連続受賞

2020/03/01

ミス・インターナショナル・ジャパン準グランプリ

2019/10/01

金メダルに輝いた3選手

2019/08/01

政治の現場に飛び込む

2019/04/01

女性団員初の応援団長に就任

2019/03/01

横浜駅での人命救助で表彰

2019/01/01

東京パラ期待の新星

2018/11/01

移民問題を考える

2018/11/01

シルク・ドゥ・ソレイユ特別公演に出演

2018/08/01

トビタテ! 留学JAPANでペルーに渡る

2018/05/01

再び五輪の舞台へ

2018/03/01

学生国際ボランティアに参加

2018/02/01

新たな研究分野 特撮ツーリズム

2018/02/01

「弟の夢」とともに 東京パラ五輪へ

2018/01/01

U23日本デュアスロン選手権で優勝

2017/12/01

東久邇宮文化褒章を受章

2017/10/01

全日本サーフィン選手権V

2017/09/01

第59次南極越冬隊の一員に

2017/08/01

2つのギネス記録を樹立

2017/07/01

国際学会で高い評価

2017/06/01

フロアボール世界大会に出場

2017/05/01

子どもに初めてのオーケストラ体験を届ける

2017/02/01

宇宙に住む時代に 恩師と貢献したい

2016/11/01

銀に導いたガイドランナー

2016/08/01

阿蘇の風景や動物大切な場所を残す

2016/06/01

望星丸の総責任者に就任

2016/04/01

星新一賞を受賞

2016/03/01

日本選手権で初優勝

2016/02/01

全日本F3でシーズン2位に

2016/01/01

水泳・全国大会で2冠

2015/11/01

学生美術全道展で最高賞

2015/10/01

高校生の漫才大会で決勝の舞台に進出!

2015/08/01

先端技術大賞特別賞を受賞

2015/07/01

バングラデシュでインターンシップ

2015/06/01

2峰目の滑空に成功

2015/03/01

ピアノコンクールで優勝