share

ひと

2016/06/01

望星丸の総責任者に就任


二見 洋 船長

4月から海洋調査研修船「望星丸」の総責任者に就任した二見洋船長。「打診されたときには正直驚きましたが、光栄なことと引き受けました。乗船した人たちが笑顔で降りられるよう、全力を尽くしたい」と話す。

1980年に海洋学部航海工学専攻科(現・乗船実習課程)に入学。卒業後は、金属鉱業事業団(現・石油天然ガス・金属鉱物資源機構)が所有する調査船の運航などを担う海洋技術開発に就職し、44歳のときに第2白嶺丸の船長に就任。2012年からは新造船・白嶺の船長として、海洋の資源開発につながる調査を担ってきた。

安全運航を大切に 乗客を笑顔にしたい
「船員になった当時、海の中の様子は誰も見たことのない世界だった。自分がかかわった調査から新しい発見が生まれることにやりがいを感じてきた」

船の運航では、なによりも安全運航が重要だと語る。「風や潮の流れなどの外力にできるだけ少ない力で対抗することを心がけてきました」。

船員の世界もグローバル化が進んでおり、日本人は30代で船を任され、外国人の船員とともに働く機会も増えているという。「学生には、柔軟な頭でどんな役割にも取り組む姿勢を持ってほしい」

 
(写真)「望星丸は研究船と客船の両方を備えた特徴的な船。ここで学んだことは練習生にとっても大きな財産になる」とも語る

ひと記事一覧

2022/09/01

人馬一体で全国へ

2022/06/01

全国大会で3位に躍進「やりたいことはすべて挑戦」

2022/06/01

エスパルスのベストスタッフに

2022/04/01

学生団体「Voice」設立

2022/03/01

MYボトルデザインで環境大臣賞に輝く

2021/12/01

フルコンタクト空手の全国大会で優勝

2021/11/01

2年連続で最優秀賞

2021/10/01

【湘南】原子炉内のガスの動きを解析

2021/07/01

集大成のリサイタル

2021/06/01

ボクシングでプロデビュー

2021/05/01

聖地でかなえた「家族の夢」

2021/02/01

母国での水素技術活用を目指す

2020/12/01

津軽鉄道の取り組みを調査

2020/11/01

柔の道から角界入り 「一つでも上の番付に」

2020/09/01

日本機械学会で2年連続受賞

2020/03/01

ミス・インターナショナル・ジャパン準グランプリ

2019/10/01

金メダルに輝いた3選手

2019/08/01

政治の現場に飛び込む

2019/04/01

女性団員初の応援団長に就任

2019/03/01

横浜駅での人命救助で表彰

2019/01/01

東京パラ期待の新星

2018/11/01

移民問題を考える

2018/11/01

シルク・ドゥ・ソレイユ特別公演に出演

2018/11/01

シリア代表で世界に挑む

2018/08/01

トビタテ! 留学JAPANでペルーに渡る

2018/05/01

再び五輪の舞台へ

2018/03/01

学生国際ボランティアに参加

2018/02/01

新たな研究分野 特撮ツーリズム

2018/02/01

「弟の夢」とともに 東京パラ五輪へ

2018/01/01

U23日本デュアスロン選手権で優勝

2017/12/01

東久邇宮文化褒章を受章

2017/10/01

全日本サーフィン選手権V

2017/09/01

第59次南極越冬隊の一員に

2017/08/01

2つのギネス記録を樹立

2017/07/01

国際学会で高い評価

2017/06/01

フロアボール世界大会に出場

2017/05/01

子どもに初めてのオーケストラ体験を届ける

2017/02/01

宇宙に住む時代に 恩師と貢献したい

2016/11/01

銀に導いたガイドランナー

2016/08/01

阿蘇の風景や動物大切な場所を残す

2016/04/01

星新一賞を受賞

2016/03/01

日本選手権で初優勝

2016/02/01

全日本F3でシーズン2位に

2016/01/01

水泳・全国大会で2冠

2015/11/01

学生美術全道展で最高賞

2015/10/01

高校生の漫才大会で決勝の舞台に進出!

2015/08/01

先端技術大賞特別賞を受賞

2015/07/01

バングラデシュでインターンシップ

2015/06/01

2峰目の滑空に成功

2015/03/01

ピアノコンクールで優勝