share

Interview

2015/10/01

“社会に通用する人間を育てる”

45年ぶりの日本一に導いた
付属相模高校野球部 門馬敬治監督

全国高校野球選手権大会で45年ぶり2度目の優勝を果たした付属相模高校野球部。新チームで挑んだ秋季神奈川県大会はベスト8で幕を閉じたが、選手たちは再び来夏に向けスタートを切った。門馬敬治監督(相模高教諭)に、選手権を終えての思いや監督論を聞いた。(小野哲史)

1999年に母校・相模高の監督に就任し、翌2000年と11年の2度、チームを春の選抜高校大会優勝に導いた門馬監督だが、夏の全国大会を制するまでには実に16年もの時間を要した。

「春は秋から約半年という長いスパンでチームを成長させ、関東大会で上位に入らなければいけない。一方で夏は1回も負けてはいけないし、3年生にとっては最後の大会。目に見えない重圧があります」。それぞれに勝つ難しさと意味があると言うが、「原の親父さん(恩師で相模高元監督の故・原貢氏)にはずっと“夏に勝つんだ”と言われていました。今回、優勝後に胴上げをしてもらい、春とは違う景色を見られたように思います。選手が力を出しきったというのは間違いないこと。それと同時に、部長やコーチを含めたスタッフが本当に頑張ってくれました」

結果だけを見れば、「100点満点」と言いきる。しかし選手権優勝の喜びに心から浸ったのは、激闘を終えたその日限りだったという。「過去の栄光にいつまでもすがるのはナンセンス。大事なのは、これからの栄光を勝ち取るためにどうしたらいいかを考えていくこと。今大会もゲームの流れや大会期間中の過ごし方など、不十分な部分があったと感じています」

門馬監督は新チームに対し、これまでのやり方を変えていくつもりでいるというのだ。「優勝という結果が出たことを考えれば、同じやり方でチームづくりをしてもいいはずです。でも私は勝ったときこそ変えなくてはいけないと思う。勝って変える怖さを力にできるか。リスクはあるけれど、積極的に新しいことに挑戦し続けていきたい」

飽きさせない授業 社会科教諭の一面も
今後も「日本一」を目指すことに変わりはない。しかし門馬監督は、「勝つことは目標だが、目的は子どもたちを社会に通用する人間に育てること」と話す。日ごろは社会科教諭として政治経済の授業を担当する。雑学的な話を交えたり、最近は偉人伝を授業に取り入れたりと、生徒の興味関心を引き、飽きさせない内容を心がけている。門馬監督自身も常に学ぶ姿勢を持ち、「社会はどんどん変わりますから日々勉強です」と語る。
“門馬先生”と野球部での厳しい“門馬監督”。一見すると両極端にも思えるが、いずれも未来ある高校生をさらに飛躍させたいという願いが出発点であり、それが原貢氏の教えでもある。門馬監督の情熱はこれからも尽きることがない。
 
(写真)就任16年目を迎える門馬監督。毎年プロや社会人、大学で活躍する選手を輩出している

Interview記事一覧

2022/08/01

【デフリンピック】自身2度目の大舞台

2022/07/01

バトントワーリング日本代表に

2022/06/01

【卒業生訪問】W杯に挑む日本代表をサポート

2022/05/01

「札幌軟石」で日用品をデザイン

2022/04/01

【女子カーリング】日本初の銀メダルに貢献

2022/03/01

専門看護師として子どもと家族を支援

2022/02/01

【卒業生訪問】松竹映画100周年記念作品を製作

2022/01/01

アメリカを拠点に水汚染問題解決に挑む

2021/11/01

ドラフト会議 学園の5選手に指名

2021/10/01

東海柔道で世界と戦う

2021/08/01

【清水】新種としての発表に期待

2021/07/01

【湘南】「おいしいコーヒーを召し上がれ」

2021/05/01

【卒業生訪問!】応援される選手を育てる

2021/04/01

【卒業生訪問!】反骨心と向上心を胸に走り続ける

2021/02/01

【卒業生訪問!】都大路優勝に導く

2021/02/01

【Close up HERO】高輪台初のJリーガー

2021/01/01

【卒業生訪問!】憧れの舞台で演奏

2020/12/01

【男子柔道部】村尾選手が講道館杯連覇

2020/11/01

【卒業生訪問!】「ありがとうのチカラ」で人と人をつなぐ

2020/08/01

【卒業生訪問!】 ITサービスで超高齢化社会を支える

2020/08/01

【新所長に聞く】大学と世界の懸け橋に

2020/06/01

【卒業生訪問!】母国から4000台の人工呼吸器を受注

2020/04/01

【卒業生訪問!】夢をかなえたパリコレ出演

2020/04/01

先端研究でSDGsに貢献

2020/03/01

【卒業生訪問!】革新的なメガネを開発

2020/02/01

国内最高峰・GT500で年間総合優勝

2020/01/01

海野捕手&小川投手がプロ球界へ

2019/11/01

【卒業生訪問!】日本初の民間ロケット打ち上げに成功

2019/10/01

五輪目指し選手を育成

2019/09/01

【卒業生訪問!】バスケの最高峰でコーチング

2019/08/01

東京パラのガイドランナー目指す

2019/08/01

日本分類会で優秀学生発表会

2019/07/01

日本建築学会の新人賞に輝く

2019/06/01

箱根駅伝V祝う焼酎を寄贈

2019/06/01

国際緊急援助隊として医療活動

2019/04/01

データ圧縮プログラムを開発

2019/04/01

ザリガニの新品種づくりに挑戦

2019/03/01

かながわ選挙カレッジに参加

2019/01/01

close up大学院生

2018/10/01

【卒業生訪問!】海外協力隊でセネガルへ

2018/07/01

父の十三回忌追善能で「道成寺」を公演

2018/06/01

【卒業生訪問!】 世界チーム選手権で銀

2018/05/01

【卒業生訪問!】「東海大学ARカメラ」を開発

2018/03/01

技を磨き心を鍛えて「なでしこ」の要になる

2018/02/01

パテントコンテストで優秀賞

2018/01/01

ヤクルトの「次代のエース」に

2017/12/01

相模高から初のJリーガー

2017/09/01

ライフセービングを広めたい

2017/08/01

1500メートルで日本一

2017/07/01

水泳&サッカーで活躍誓う