タグ:建築都市学部の記事一覧

学生
【湘南】留学生による日本語スピコン

多様なテーマで学びを披露

2024/01/01
学生
【建築学科】“構造”テーマの展覧会

学生制作の模型が彩り添える

2024/01/01
学生
住宅課題賞で審査員賞に

「樹に佇む住まい」考案

2024/01/01
Point of View
趣味のすゝめ

建築都市学部土木工学科 白水 元 助教

2023/12/01
総合
映画『アアルト』から考える

【文化社会学部×建築都市学部】“人に寄り添う”デザイン

2023/11/01
研究
【建築都市学部】LEDの“まぶしさ”を計測

照明学会論文賞

2023/11/01
研究
KMITLとジョイントセミナー

4年ぶりに対面で交流

2023/10/01
Point of View
君たちはどう逃げるか

建築都市学部土木工学科 白水元 助教

2023/09/01
研究
【情報技術センター】線状降水帯のメカニズム解明へ

気象庁気象研究所・JAXAと共同研究

2023/08/01
東海大生に聞きました
旅行、花火大会、帰省……

夏期休暇にやりたいことは?

2023/08/01
学生
【湘南】建学祭に向けデザイン案が決定

時の流れを感じるパビリオンに

2023/07/01
教育
建築都市学部オープニングセミナー

「建築って何だろう」テーマに伊東豊雄氏が学生にメッセージ

2023/07/01
東海大生に聞きました
勉強、趣味、睡眠……“隙間時間”をどう使う?

授業の合間や移動時間に何をして過ごしていますか? 今回は、東海大生200人に「隙間時間の使い方」についてアンケート。スマートフォンでSNSを見ているだけではもったいない!? 学生たちの隙間時間活用術を紹介します。 (※学部学年はアンケート実施当時/構成・編集部)   「待ち時間や移動時間など『隙間時間』は一日にどのくらいありますか?」との問いに、「1時間から2時間未満」と答えた学生が最も多く39%。「隙間時間の過ごし方」についてはやはり「SNSやネットサーフィン」が151人で圧倒的に多く、「音楽・ラジオを聴く」「仮眠を取る」「テレビ・動画視聴」が半数を超える結果となった。   「隙間時間を有効活用して成し遂げたことや結果につながったエピソード」には、勉強に関する経験談が多く寄せられた。「パソコンが開けない移動中や休み時間にもスマホで課題に取り組めば余裕ができて睡眠時間も確保できる」(農学部3年・女子)というアドバイスのほか、「細胞のアニメを見ていたら、高校の生物のテストで満点が取れた」(海洋学部3年・男子)といった声も。   また、「散歩やジムでの筋トレなど軽い運動をして、3カ月で5キロのダイエットに成功した」(工学部3年・男子)、「ものまねの練習をして、友達の前でも披露できるようになった」(法学部4年・男子)といった"成果"も聞かれた一方、中には、「移動時間にラジオへのおりを書くことが多い。最初はなかなか読まれなかったけれど、どんなお便りが読まれているのかを研究し、段々と採用されるようになった。昨年までに81通採用された」(文化社会学部3年・女子)という強者も。   「大変なこともコツコツやればしっかり成果が出ます!」(工学部1年・女子)、「1日10分、好きなものをとことん突き詰めるとその領域の博士になれる」(文化社会学部3年・女子)と学生たち。「塵も積もれば山となる」ということわざのとおり、隙間時間を有効活用すれば、大学生活が変わる……かもしれません。   移動中の積み重ねを単位につなげよう

2023/06/01
Point of View
衣付けの楽しみ

建築都市学部土木工学科 白水 元 助教

2023/06/01
研究
【建築都市学部】イタリア南部の都市史に光

稲益准教授が2つの賞を受賞

2023/06/01
教育
【建築都市学部】自由なアイデアを形に

建学祭に向けパビリオンを考案

2023/06/01
12>