News:スポーツ
2022/01/01 【男子柔道】体重別団体12度目の優勝
2022/01/01 【女子バレー】全日本インカレ8度目のV
2022/01/01 東京五輪・パラ選手ら報告会
2022年1月1日号
【男子柔道】体重別団体12度目の優勝
男子柔道部が昨年12月8、9日に兵庫県・ベイコム総合体育館で開催された全日本学生体重別団体優勝大会(7人制団体)で2大会連続12度目の優勝。全日本学生優勝大会(無差別団体)と合わせて学生団体2冠を達成した。












選手層の厚さ武器に学生団体2冠を達成
12度目の優勝を果たした男子柔道部は、2019年度に続いて全日本学生優勝大会(無差別団体)と合わせた学生団体2冠を達成した。1日目、2日目の階級の配列が抽選によって決まる今大会を振り返り、上水研一朗監督(体育学部教授)は「配列に恵まれた」と語る。特に2日目は、全日本学生体重別選手権大会を制した73キロ級の内村秀資選手(体育学部3年)が先鋒、100キロ超級の松村颯祐主将(同4年)が次鋒でポイントを挙げ、世界大会でも活躍する村尾三四郎選手(同3年)が後ろに控えることで相手にプレッシャーをかけた。「ポイントを取りにいくところ、引き分けるところと、7人で勝ちに行く戦いができた」(上水監督)。

ヤマ場は日本大学との準決勝。大将戦を終えても決着がつかず、ゴールデンスコア方式の代表戦にもつれ込んだ。じゃんけんで勝った上水監督が引いたクジは「73キロ級」。内村選手は、「回ってくる予感がしていたので、準備はできていました。上水監督からは“全部取ってこい”と言われていたので、その仕事をするだけ」と1分26秒に巴投げで技ありを奪い優勢勝ち。明治大学との決勝は内村選手が優勢勝ち、松村主将が一本勝ちした。

今年度は新型コロナウイルス感染症の影響で、例年6月に行われていた無差別団体、9月の体重別選手権、10月の体重別団体が11月から12月にずれ込んだ。約2週間おきに大会が行われる過密日程に上水監督は、

チームの柱である松村主将以外はローテーションで出場させた。選手層の厚さを生かして2冠を達成。松村主将は、「一丸でつかんだ勝利。後輩たちには連覇を続けてほしい」と思いを託した。

なお女子部は準決勝で、優勝した環太平洋大学に2―3で敗れた。

【全日本学生体重別選手権】内村選手&松村主将V
昨年11月25、26の両日に千葉ポートアリーナで開催された全日本学生体重別選手権大会で、男子73キロ級の内村選手と100キロ超級の松村主将が優勝した。

内村選手は10月の東京学生体重別選手権大会をベスト16で終え、今大会までの1カ月間に速さと力強さに重点を置いた組み手や、リードされた場面を想定した練習に取り組んだ。準々決勝では技ありを先取されたが、すばやい組み手を展開して技ありを奪い返すと、延長戦では隅返しで合わせ技一本。「準備してきた成果が実った試合だった」。勢いそのままに頂点に立ち、「課題も多く見つかったので、これから修正していきたい」と成長を誓った。

一方の松村主将は、11月の全日本学生優勝大会の準決勝で肉離れを起こし、乱取り稽古を再開したのは大会の3日前から。それでも順調に勝ち上がり、迎えた決勝では東京学生で敗れた日本大学の東部直希選手(4年)と再戦した。「絶対に勝ってやろうと思っていた」と話す松村主将は延長45秒に足車を決め、学生最重量級の王者に輝いた。「思い通りの柔道で流れをつかみ、狙っていた技で決めきることができた」と笑顔を見せた。

なお、男子60キロ級の市川龍之介選手(体育学部4年)、女子57キロ級の込山未菜選手(同2年)、63キロ級の立川桃選手(同3年)が準優勝となった。(取材=三村果凜・文化社会学部3年)

 
(写真上)優勝を決め喜ぶ選手たち
(写真下)日大との代表戦で技ありを奪った内村選手