News:教育
2021/04/01 【農学部】臨空校舎で思い出の一品を贈呈
2021/03/01 浮世絵と歌で学生の思いを形に
2021/02/01 【健康学部】学生考案のKENKOランチ
2021年4月1日号
【農学部】臨空校舎で思い出の一品を贈呈
ヒマワリとエゴマの種の「福幸油」

3月19日に熊本校舎で行われた2020年度秋学期学位授与式の後に、23年度開設予定の臨空校舎の圃場で収穫したヒマワリとエゴマの種を使った「福幸油」を農学部の卒業生に贈った。臨空校舎の完成前に卒業する学生たちに思い出をつくってもらおうと、昨年7月から取り組んできた企画。思い出の一品を手にした卒業生の顔には笑顔があふれた。

農学部と大学院農学研究科の新しい学びのフィールドとなる臨空校舎を九州キャンパスの学生と教職員らが一体となって構築しようと企画された「農ある仲間,土ほぐす福幸プロジェクト〜みんなで創る学びのフィールド〜」。実習授業の単位修得後も現場で学びたいという声を受けて実施している九州キャンパス教育活性化プロジェクト「アグリ実学スキルアップ支援プログラム(略称:アグラップ)」の一環で取り組んできた。

昨年7月に農学部の4年生と教職員がヒマワリの種をまき、約3000本の花を楽しむとともに11月には種を収穫。実習の授業で栽培したエゴマの種とともに外注し、それぞれ搾油された。農学教育実習センターの阿部淳センター長(農学部教授)の研究室に所属する学生らも協力し、村田達郎教授(基盤工学部)による書と同センターの中野祐志技術職員によるイラストが描かれたラベルをビンと箱に貼り、記念の一品が完成した。

油を受け取った市原尚久さん(4年)は、「ヒマワリ油はサラダにかけてドレッシング代わりにしてもいいと聞いたので、食べるのが楽しみです。臨空校舎は卒業生も気軽に入れるキャンパスになればうれしい」と期待する。阿部センター長は、「参加した学生たちから楽しかった、思い出になったという声を聞いて、実施してよかったと感じています。ヒマワリの種から搾油するのは教員にとっても貴重な経験だった」と語る。今後、プロジェクトに参加した3年生以下の学生と教職員にも油を贈るほか、来年度も活動を継続していく予定。

ヒマワリとエゴマの種の搾りかすは、阿蘇実習フィールドで飼育しているブタやヒツジなどに給餌し、嗜好調査に活用。付加価値をつけた食肉生産の可能性を探ることで、循環型の飼育方法を確立していく。

また、食品化学を扱う農学部の特性も生かし、ヒマワリ油とエゴマ油の健康にかかわる成分調査なども進める計画だ。※学年は当時

 
(写真上)参加した学生たちはヒマワリ油とエゴマ油を手に笑顔
(写真下)オリジナルラベルが貼られた「福幸油」