News:総合
2020年10月1日号
世界で活躍する卒業生が応援
コロナ禍で戦う学生へ

グローバルに活躍する東海大学卒業生からの応援動画「Global Citizenship Message Relay」の配信が、YouTubeの東海大学公式チャンネルで8月21日から始まっている。

新型コロナウイルス感染拡大に伴い、入学式や留学が中止になり、春学期がすべて遠隔授業になるなど、これまでにない環境の中で「新しい日常」への対応を迫られている学生たちに、コロナに打ち勝つ勇気と力を与え、グローバルマインドの重要性を伝えようと、グローバル推進室が企画したもの。

第1回には、ラグビー日本代表の主将として昨年のW杯で活躍したリーチマイケル選手(体育学部2010年度卒)が登場=写真。第2回は、ユニセフのバングラデシュオフィスに勤める渡部美久さん(教養学部03年度卒)のメッセージが配信されている。
 
9月25日には、宿泊施設支援事業を手がけるSQUEEZE代表取締役CEOの舘林真一さん(政治経済学部11年度卒)の動画も公開された。1本あたり15分程度で、グローバル社会で活躍するためのスキルや東海大在学中に得たもの、学生への応援メッセージなどが語られている。