News:付属諸学校
2017/12/01 【札幌高】キャリア育成プログラムに挑戦
2017/11/01 【高輪台中高】建学祭前日に特別公演
2017/10/01 60周年記念でタイムカプセル開封
2017年12月1日号
【札幌高】キャリア育成プログラムに挑戦
働く目的や将来につながる力とは?

付属札幌高校の2年生約250人が10月から11月にかけて、キャリア育成プログラム「CareerAxis Support Program」に取り組んだ。今年度初めて導入したこの取り組みは、(株)JTBと(株)マイナビが共同で開発し、グループワークや企業訪問を通して、働く理由や将来の目標について考えるもの。

初回となった10月3日には、「将来何を目的に働くか」についてグループワークで検討。「ただお金を稼ぐだけではなく、やりがいを感じたい」「社会や人のためになりたい」といった意見をまとめた。

24日から28日に研修旅行で関東地方を訪れた際には、東京都や神奈川県内の企業を6人から12人のグループに分かれて訪問した。宿泊先の浅草から企業へは生徒たちだけで電車移動し、企業では、社会人に「働く目的」や「高校・大学で身につけておくべき力」についてインタビューした。参加した生徒からは、「初めて通勤ラッシュを体験して、働く大変さを感じました」「わからないことは素直に聞く姿勢が大切だと学びました」といった感想が聞かれた。

最終回となる11月14日には札幌高でこれまでの研修をまとめるワークショップも行われた。指導にあたった高橋直子教諭は、「生徒たちは今、将来を考えるうえで大切な時期。今回の経験をキャリア形成に生かしてほしい」と話している。

 
(写真)JTBの講師を招いて行われたワークショップ