特集:東海大生200人に聞きました
2019/04/01 キャンパスで運動しよう
2019/01/01 東海大の奨学金を活用しよう
2018/12/01 ネット通販、使ってる?
2019年4月1日号
キャンパスで運動しよう
普段体を動かしていますか?

スポーツ庁による「スポーツの実施状況等に関する世論調査(平成29年11、12月調査)」では、1年間で「週に1回以上」運動した人の割合は69・9%と発表されている。東海大生は日ごろどれくらい体を動かしているのだろうか。200人に聞いた。

「日ごろどれくらいの頻度でスポーツ・運動をしていますか?」という問いに対し、53・5%が週1回以上は体を動かしていることがわかった。「1年生のときは授業の合間に卓球をして、新しくできた友人と仲を深めた」(観光学部3年・女子)、「勉強に取られる時間が多いが、部活動に入っているおかげでプライベートを楽しむ体力がついた」(医学部4年・男子)など、目的は人それぞれだが、運動が習慣化している学生は多い。

一方、「ほぼしていない」と回答した学生に理由を尋ねると、「時間がない」(57人)、「面倒くさい」(40人)が上位にランクイン。勉強やサークル活動など、多忙な毎日では後回しになってしまうのだろう。
 

各校舎ではトレーニング施設の利用や用具の貸し出しを行っている。学生の利用料は無料、もしくは一般のジムに通うよりはるかに安い金額だ。隙間時間で運動する方法の一つとなるだろう。しかし、110人が「利用したことがない」と答え、最も多い理由が「利用方法がわからない」(62人)という結果に。「一人で始めるには勇気がいる。利用方法の説明会や体験会があったらうれしい」(文学部3年・女子)といった声もある。まずは情報を得ることが大切だ。
 
この春から新しいことを始めたい人、夏までに体を引き締めたい人は、各校舎で利用できる施設や設備=一覧表を参照=を確認して、チャレンジしてみては?




学生たちの声から
Q.「運動してよかった」と思うエピソードを教えてください
▼けがをしにくくなり、風邪をひきにくくなった(海洋学部3年・女子)
▼クラシックバレエを長い間習っていたおかげで、体がやわらかくけがをしにくい(健康科学部4年・女子)
▼草野球で歳の離れた人と交流できる(情報通信学部2年・男子)
▼いい息抜きになり、健康的に生活できている気がする(生物学部2年・男子)
▼勉強に疲れたとき、キャッチボールをすると気分転換になる(農学部2年・女子)
▼体脂肪率が減ってうれしかった(教養学部4年・男子)
▼アルバイトのときに体力が持つ(生物学部3年・女子)
▼昨秋まで毎日部活動で運動していたけれど、引退した今は体力の衰えを感じる。丸一日遊んだりデートを楽しんだりするためにも、運動はするべき!(体育学部4年・女子)
▼体を動かすとストレス発散になり、ご飯がおいしく感じる(海洋学部2年・男子)
▼勉強の合間に運動するとリフレッシュできる(健康科学部2年・男子)
▼達成感がある(工学部1年・男子)
▼だらしない体になりたくなくて運動を始めた。身なりを整えるという意味でも、日ごろの適度な運動は必要!(海洋学部2年・女子)

 
【学生アンケート調査】●調査期間:2018年11月20日〜12月13日●調査対象者:東海大学在学生( 湘南校舎:132 人、代々木校舎:5人、高輪校舎:7人、清水校舎:17人、伊勢原校舎:14人、熊本校舎:10人、札幌校舎:15人)●調査回答数:200人●調査方法:ヽ慇献皀縫拭爾謀豎ぢ膤愎景WEB版のアンケートフォームから回答を得る▲ャンパス内でアンケート用紙を直接配布、またはWEB版にアクセスしてもらい回答を得る。