特集:東海大生200人に聞きました
2019年7月1日号
マナーを意識してますか?
お互いに気持ちよく過ごすために

サッカーの国際大会で、選手がロッカールームを片づけ、サポーターが客席のごみを拾う――その姿は世界の人々から賞賛され、「日本人はマナーがよい」と話題になっている。一方、国内では、ハロウィーンなどの際に街中で大騒ぎしたり泥酔したりと迷惑行為を繰り返す若者に対し、マナーの低下を指摘する声もある。東海大生は、その「マナー」について、どう考えているのだろうか。

「日常生活の中で他人のマナーが気になった(好ましくないと思った)ことはありますか?」との質問に「ある」と答えた学生は91%。9割をこえる学生が他人の行為を快に感じたことがあり、特に、「公共の場で騒ぐ、大声で話す」(114人)、「授業中の私語」(95人)など、多くの人が利する場所や、勉学の場でのマナー違反を気にしていることがわかった。
 
「喫煙場所を守らない」も109人と2番目に多く、「副流煙の問題もあるのでルールを守ってほしい」(工学部1年・男子)との指摘もあった。
 
知っておきたいマナーの上位に入ったのは、「ビジネスマナー」「テーブルマナー」と「敬語やあいさつのし方」=左下ランキング参照。特に3、4年生は、社会に出る前の準備として欠かせないと認識しているようだ。
 
「国際的な社交儀礼」も86 人と4割をこえ、「海外留学に向け、外国のマナーについて勉強したい」(経営学部3年・女子)と、目標が明確な学生もいた。

堅苦しく考えず ときには柔軟に

マナーの大切さを認める一方で、「厳しすぎるのもよくないと感じる」農学部3年・男子)、「意識しすぎると逆に嫌味に思われたり、個性がないと思われたりする場合もあるのでは」(健康科学部4年・女子)という声もあった。
 
また、「エスカレーターの乗り方が地域によって違って困惑した」(海洋学部2年・男子)、「外国人向けのガイド・ボランティアの際、外国の手招き方法(日本では追いすしぐさになる)を知っていてよかった」(同3年・男子)という経験談も。礼を失しない程度の寛容さや、郷に入れば郷に従う柔軟さも大切と考えていることがうかがえる。 

「人からされて嫌なことを他人にしないように、狄佑凌兇蠍て我が振り直せ瓩魎里北辰犬討い泙后(文学部4年・女子)のように、日ごろからマナーを意識している学生もいるが、「注意されなければ気づかないことも多いと思う」(法学部2年・男子)という意見も。マナー違反だと感じたら相手に伝えることも、ときには必要だろう。
 
「行儀」「作法」「礼儀」など、マナーには堅苦しいイメージもあるが、学生たちの多くは、「お互いに気持ちよく過ごすためのもの」と捉え、前向きに身につけようとしているようだ。

学生たちの声から
Q.マナーに関する意見やエピソードを教えてください
▶ 先生方へのメールの送り方を社会科の教育法で学んだのでそれが生かされている(文学部4年・女子)
▶ ライブなどでのマナーを知らず、失敗したことがある(法学部1年・女子)
▶ アルバイト時に言葉遣いを間違え、きちんと勉強しておくべきだったと思った(政治経済学部1年・女子)
▶ 相手の年齢にかかわらず、あいさつはしっかりしたほうがいい(工学部2年・男子)
▶ 通り道に荷物を置いたままにしている人に、マナーを守ってほしいと感じた(国際文化学部2年・女子)
▶ 相手に不快感を与えないため、人間関係をよくするために、マナーは必要(健康科学部4年・ 男子)
▶ 車の運転でウインカーを出さずに曲がることを当たり前としている県がある。初心者と思われるので出さないらしい(情報理工学部4年・男子)
▶ 互いに気を使い合えば、皆がいい気分で生活できる(体育学部3年・女子)
▶ 電車でお年寄りや幼児連れの方に席を譲り、「ありがとう」と言われてうれしかった(政治経済学部1年・女子)
▶ 大学の勤労奨学生(ワークスタディ)制度で参加したオープンキャンパスで、来場者に元気よくあいさつしたところ、よい印象を持ってもらうことができた(農学部3年・女子)
▶ 電車の中で化粧したり、大音量で音楽を聴いたり、足を組んでくつろぐように座っていたりする人は本当に迷惑だと感じる(観光学部4年・女子)
▶「 いただきます」「ごちそうさま」のあいさつや、きれいな食べ方、残さず食べるなど、食事に関する基本的なマナーを両親にしつけてもらってよかった(教養学部4年・ 女子)
▶ 一人ひとりがマナーに対する意識を高めることが必要(情報通信学部3年・男子)
▶ 目上の人と食事に行った際、座る位置などを知らず、知人に教えてもらって恥ずかしい思いをした(観光学部3年・男子)

 
【学生アンケート調査】●調査期間:2019年6月中旬●調査対象者:東海大学在学生(湘南校舎:133人、代々木校舎:4人、高輪校舎:9人、清水校舎:15人、伊勢原校舎:15人、熊本校舎:11人、札幌校舎:13人)●調査回答数:200人●調査方法:ヽ慇献皀縫拭爾謀豎ぢ膤愎景WEB版のアンケートフォームから回答を得る▲ャンパス内でアンケート用紙を直接配布、またはWEB版にアクセスしてもらい回答を得る