Column:Point Of View
2018年10月1日号
痕跡をデザインする
政治経済学部経済学科 林 良平 講師

人々が痕跡を手がかりに行動するならば、痕跡をデザインすることで人々の行動を誘導できる。

結婚式の披露宴会場で、招待客に記帳を促すのは気疲れする作業である。招待客は筆を手にしたかと思うと友人に肩をたたかれ、記帳を忘れて談笑が始まる。周囲に知り合いがいないか、御髪が乱れていないかと、注意散漫である。気の利く受付係は、「ここにご芳名とご住所をご記入ください」などと野暮な指示はしない。芳名帳の先頭に自分の名前を書いておくだけで、招待客は勝手がわかるものである。ただ痕跡をデザインして、あとは待ち構えておけばよい。

粋な誘導は日本庭園にも見られる。借景と庭木を見ながら飛び石を踏み進めていくと、足元に突然縄で十字に縛られた石が現れる。止め石や関守石などと呼ばれるこの石は、これより先は進入を遠慮されたいというシグナルである。

私の研究室には応接用にポーションでつくるコーヒーメーカーがある。ゼミ生は好みの種類を選んでつくり、飲みながら授業を受けている。

数カ月に1度、業者からポーションが送られてくる。化粧箱にポーションを補充する業も学生が自発的にしてくれている。几帳面な学生がいて、種類ごとにポーションを並べて詰め、購入時のような隙間のない箱を完成させる。すると、これまでよく飲まれていた種類が途端に飲まれなくなる。隙間なく充填された種類は、誰も飲んでいないから飲まないほうがよいような印象を与え、飲むことをはばからせる。逆に箱に雑然とポーションを放り込むと、よく飲まれるようになる。

痕跡をデザインするにはコツがある。それは、選択の手がかりを必要としている場面で痕跡を使わせることである。芳名帳に何を書けばよいのか、庭園のどこを進めばよいのか、どの種類のコーヒーを飲もうかといった選択は、多くの人にとって正解がわからない問題である。真剣に考えても決め手に欠けて答えが出せない。そんなときに、痕跡が自然と誘導してくれるのである。

「ビュリダンのロバ」のたとえ話は痕跡デザインが使える場面をよく表している。空腹のロバが岐路に立っていて、左右どちらの道にも同じ距離に同じ量の干し草が置かれている。合理的なロバはどちらに進むべきかを決めあぐねているうちに餓死してしまう。
人は決めかねる場面に日々遭遇しているが、何らかの方法で行き先を決めている。その方法の一つが痕跡である。

(筆者は毎号交代します)