Column:Point Of View
2018年6月1日号
ベトナムの「日本橋」
工学部精密工学科 内田ヘルムート貴大 講師

日本橋と聞けば東京、あるいは大阪にある橋を思い浮かべる人が多いかもしれないが、実は日本の外にも存在する。その一つがベトナム中部のホイアン旧市街にある「日本橋」である。朱印船貿易が行われていた16世紀末ごろ、この街には当時としては最大規模の日本人街が形成されていた。最盛期の日本人居住者数は1000人程度であり、発行された朱印状の約4分の1はこのホイアンとの貿易を許可するものであったとされる。日本以外にもオランダ・東インド会社の商館も設けられ、主要な貿易拠点となっていた。

その後、日本では江戸幕府による鎖国政策が始まり、ホイアン在住日本人にも日本に引き揚げるよう指示が出たが、この地に残ることを選択した者もおり、今も複数の墓が残っている。有名なものは、現地の田んぼのど真ん中に大きく作られた谷弥次郎兵衛の墓である。弥次郎兵衛も一度は日本への帰国の途についたが、ホイアンの恋人に会いたくて戻ろうとし、無念にも倒れた。彼の墓は日本の方角に向けて作られ、今でも現地住民に丁重に管理されている。歴史的にベトナムは多くの戦乱に巻き込まれた過去があり、墓を管理している方の話では、「日本人の墓ということで、墓の破壊を目的に銃撃されたこともあった」とのことだが、現地の方々の尽力で修復されたそうである。戦時中にもかかわらず、である。日本人街があった当時、きわめて良好な関係が築けていた証左の一つであろう。

朱印船貿易よりもはるか前からホイアン周辺は小麦文化圏である中央アジアと関係があった。フォーなどの米麺が主要な東南アジアにおいて珍しくカウラウ(Cao lã)という小麦麺も食べられており、「うどん」という形で日本へと伝わった可能性もある。ホイアンでは満月の夜には提灯をともすランタン祭が開かれ、灯篭流しも行われる。かつて漢字で「會安」と書かれたホイアンは、まさに現在もなお人と人、文化と文化を橋渡しする交易の拠点である。

取り巻く社会情勢が変化しようとも、人々や文化のつながりは簡単に切れないのである。これらの懸け橋を一つでも多く後世に残すことは、現代の国際社会を生きる我々のなすべきことである。(筆者は毎号交代します)
 
うちだ・へるむーと・たかひろ 1980年西ドイツ生まれ。東北大学工学部卒業、同大学院工学研究科知能デバイス材料学専攻修了、ドイツ・ゲッティンゲン大学物理学部付属材料物理学研究所でDr.rer.nat.(Ph.D.)取得。専門は材料工学、材料物理学。