News:学園
2018年2月1日号
建学75周年記念コンサート
東京交響楽団と学生のコラボ

「学校法人東海大学建学75周年記念コンサート」が昨年12月26日に、湘南校舎2号館大ホールで開催された。
 
10月に75周年記念事業の一環として大ホールがリニューアルされたことを記念したもの。東海大学が文化交流協定を締結している東京交響楽団と音楽界で活躍する卒業生、東海大学学生選抜(教養学部芸術学科音楽学課程、吹奏楽研究会、管弦楽団)が出演。学生や地域住民など約1000人が来場した。

東京交響楽団と学生選抜によるブラームスの「大学祝典序曲ハ短調 作品80」で幕を開け、続いて東京交響楽団のみの演奏を披露。最後は音楽学課程の奈良康佑非常勤講師がピアノを務め、同課程卒業生らのソリストと学生の合唱団によるベートーヴェン「合唱幻想曲ハ短調 作品80」が披露された。

コンサートを企画運営した梶井龍太郎副学長(教養学部教授)は、「東京交響楽団の中には音楽学課程の授業で講師を務める方もいるので、ソロパートを学生に譲るなどほほえましい場面もありました。学園にとって節目の年にこうした機会が得られてうれしく思います」と語った。

 
(写真上)会場からは惜しみない拍手が送られた
(写真下)東京交響楽団と学生選抜の合同演奏